ノルウェーは、地方選後、「あの市は女性が市長」というニュースが飛びかう。選挙の主な話題は、女性議員増から女性市長増にシフトしているようだ。

しかし、ノルウェー国営放送NRKは報道する。「全市長のわずか20%しか女性市長はいません。5人に1人です」。
c0166264_22304591.jpg

「5人に1人しか女性市長がいない」と問題にすること自体、日本から来た私には新鮮だ。正式には、10月末だがほぼ変わらないだろうという。20%という数は、全市長の23%が女性だった2007年の地方選挙に比べ、かなり見劣りする。ノルウェーで、なぜ、女性市長が増えなかったのか。いくつかの市を取材した。

女性議員47%――ほぼ半数―――まで激増させたフィンマルク県カウトケイノ市に足を延ばした。

c0166264_22324187.jpg
インガ―・マリ・ボンゴInger Marit Bongo は労働党リスト8位だったにもかかわらず、個人票をかっさらってトップに踊り出た。実は、彼女は、リスト作成の折、何度も「候補者リストの1番になって市長候補として闘ってほしい」と懇願されたが、固辞したという。「仕事が忙しいのと、子どももおり、これ以上、仕事を増やせないと考えてお断りしました」

「こういう女性は多いはずです」と彼女は言う。彼女の言葉とおり、副大臣をした経験のある保守党の女性議員も私にこう語った。「私は、高校の校長職を今年から委嘱されました。この仕事に慣れるまで、市長職は避けたいと考え、断りました」と、答えた。

オスロ近郊のオーモット市は、9月23日時点で、労働党が市長職を握る可能性が高い。その市長は本来なら、今回ダントツの票を獲得したモ―ナ・ストランMona Strandだ。夫と離婚後、娘をひとりで育てるシングルマザー。大学に勤務しながら長年、市議会議員を務めてきた。スキー、ジョギング、音楽鑑賞が趣味だ。

彼女は、リストの2番目だった。「とても市長はできない」と度重なる説得を固辞してきた。そのため、オーモット市労働党は、リストのトップに24歳の男性をたてた。当然、人気者のモーナに票が集中。しかし、「オスロ大学で政治学の博士号をとるために、フルタイムの市長は無理なのです。月に数回しかない市議でしたら、これまで通りやれます」
c0166264_22343180.jpg


かくして候補者リストの1番、すなわち市長候補は男性がまだ多い。家事育児が、男性より女性の肩に多くかかっていること、女性は男性よりも家族や友人とのかかわりに喜びを見出し大切にしたいと考えていることが、背景にあるのではないだろうか。

しかし、数多くの政党の男性たちは、女性を市長や議員にしたいと考え、実際、説得していることが、取材でわかった。ノルウェー男性は、確実に変わってきている。

写真上:カラショーク市の現市長(左)と新市長Anne Torill Eriksen Balto。壁には19世紀からの市長の写真が(カラショーク市役所市議会室)
写真中:8番からトップに躍り出たインガール市議(カウトケイノ市のインガ―ルが営む店舗前)
写真下:選挙運動中のモ―ナ・ストラン市議。「私は労働党リストの2番目です」と背番号で示す(オーモット市市役所前)

http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/rogaland/1.7780626

ここまで書いてたら、サウジアラビアで女性の参政権が認められたニュースがはいってきた。万歳!
[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-25 22:41 | ノルウェー

ノルウェーは地方議会選挙も比例代表制選挙だ。政党が決めた候補者リスト(これがそのまま投票用紙に)の中から、投票する人が支持する1枚を選んで投票箱に入れる。

政党が獲得した投票率にしたがって、政党リストの上に乗った候補者から順番に当選する。しかし、ノルウェーでは、投票する人におもしろい権利がある。
c0166264_1623120.jpg
【20歳のマリアは、今年、地方選挙を初体験。投票所で、選挙担当スタッフに丁寧に教えてもらってから投票ブースに向かった】

有権者は、政党の決めたリストの順番を変えることができるのだ。たとえば1番目の候補よりも2番目の候補を強く支持する場合、2番目の候補の左側にある小さな空白に、バツ印(×)をつける。こうして、2番目の候補が1番目よりも多くとった場合、2番目が1番となる。

今回、候補リストの13番目という低い地位だったが、ドーンと個人票を増やし当選した女性がいた。フィンマルク県のカウトケイノ市だった。

さらに、もうひとつ。A党を支持していても、B党の○○候補には当選してもらいたいことがある。その場合、A党のリストの右ページに設けられた空欄に、B党の○○候補の名前を書くことができる。5人まで可能だ。とはいえ、B党の○○候補に1票増えることによって、その代わりA党の票が1票減ってしまう。

政府は、全体の約4割の女性議員を5割まで増やそうと、この“変更権”を有効に使うよう、国民に呼びかけた。今年にはいってから、政府は、全国の自治体にこのための冊子を配布し、ホームページでも宣伝した。

女性団体も、「女性の候補にバツ印をつけて順番をあげましょう」「空欄には女性候補の名を書きましょう」とキャンペーンを繰り広げる。このキャンペーンは1960年代から行われてきた。

選挙に詳しい知人は言う。「運動をしないと、女性議員は増えません。以前は、支持しない候補名を横線で消す方法でした。そのころ、上位に男性候補が多かったうえ、女性候補が消される傾向があったのです」

こうして議会に女性が増えてきた。今年の選挙は、移民ノルウェー人をどれだけ増やせるか、女性市長をどれだけ増やせるかに焦点が移った。

ノルウェー社会の平等は、政治を平等にしようという強い意思と不断の努力の上にある、と私は思う。

c0166264_1543512.jpg
地方議会の投票用紙。オーモット市中央党のリスト。左はじにある四角い箱にバツ印がついている候補者に票が加算される


c0166264_15442433.jpg
支持政党リストを1枚投じる、これがノルウェー式投票。その支持政党以外の候補者を当選させたい場合、自分の選んだ支持政党リストにその他党候補者名を書く。そのための空欄。2人の名前が書かれている


c0166264_15462051.jpg
政府が出版した地方選挙向けパンフ。女性を増やす具体策としてバツ印をつける方法を紹介。右上イラストに注目。女性候補に印をつけて男性を落そうーーを示唆する。

c0166264_1854986.jpg
女性議員の伸び。赤は国会。青が地方議会 http://www.ssb.no/valg_en/

c0166264_18534518.jpg
女性議員の伸び。青が市。赤が県。2011年は集計中。一方、日本の女性議員は現在10%程度。これは、ノルウェーの60年代の議会にあたる。http://www.ssb.no/english/subjects/00/01/20/kommvalg_en/fig-2008-01-04-02-en.gif
[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-25 16:05 | ノルウェー

ノルウェーは、選挙にできるだけ多くの市民が、簡単に参加できるよう、あの手この手で工夫をこらしている。

9月の統一地方選を例に、その工夫のあとをのぞいてみたい。投票日は、今年は9月12日(月)だった。しかし、ほとんどの市で11日(日)、12日(月)の両日をあてていた。

そして、事前投票期間の長いこと。8月1日から9月9日までの1か月以上だった。事前投票ができる投票所は、市役所だけでなく、市民が普段よく利用する要所要所に置かれていた。その上、よく目立つ! 「ここで、事前投票ができます」と書かれた大きな看板がドーン。これでは通り過ぎてしまうことなどありえないと思った。

オスロのある事前投票所は、バス停のとなりに新設されていた。プレハブ仕立ての小屋のようなところだった。車いすやベビーカーで入れるようにスロープも万全だった。

候補者を出している政党は25もあり、自分の考えに近い政党が見つからないことはないほど多彩だった。


c0166264_19524151.jpg


c0166264_1954142.jpg


c0166264_19544510.jpg


c0166264_19561380.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-24 20:00 | ノルウェー

「働く女性への障害が減ると、アメリカのGDPは9%増加し、ヨーロッパでは13%、日本では16%も増加するのです」

9月16日、サンフランシスコで、ヒラリー・クリントン米国務長官はこう強調した(A Goldman Sachs report からの引用)。

アジア太平洋経済協力会議APEC「女性と経済サミット」の行事が13日から開催され、最終日16日、クリントン国務長官の講演、「サンフランシスコ宣言」が採択された。「女性と経済サミット」は1年間にわたる日米両国が主催したプロジェクトだ。昨年2010年秋には日本で会議が開催された。

働く女性が増え、女性の働く職域も広くなってきたが、経済や政治に影響を及ぼすポストについている女性はまだ少ない。とりわけ、アジア太平洋地域における経済方針決定への女性の進出は遅れている。

思い出すのは、関連して岐阜市で開かれた「女性企業家サミット」における中山義活政務官の女性蔑視発言だ。ホスト国を代表して、参加した、彼は、世界各国からの参加者を前に、「日本の女性は家庭で働くことを喜びとしている」などと発言した。また、日本女性が家庭で働くことを「文化だ」とも発言。「日本の奥さんは力がある。デパートに行けば、初めに子どものもの、次に奥さんのもの、その次がペットのもの、4番目にご主人のものを買う」などと語った。

日本の実態は、まだ道遠しだ。経済商業大臣、男女共同参画大臣よ、まずは「サンフランシスコ宣言」を熟読し、そこで働くすべての職員に、意義を徹底してほしい。


■ヒラリー・クリントン国務長官の演説
Remarks at the Asia Pacific Economic Cooperation Women and the Economy Summit
U.S. Department of State, September 16, 2011
http://www.state.gov/secretary/rm/2011/09/172605.htm
■Global Economics Paper No: 154(by Goldman Sachs)
Gender Inequality,Growth and Global Ageing
http://pslforum.worldbankgroup.org/docs/Kevin_Daly_Global_Ageing_Gender_Inequality.pdf
■「2011年9月16日 サンフランシスコ宣言」
Women and the Economy Summit Declaration
Foreign Press Centers, U.S. Department of State, September 16, 2011
http://fpc.state.gov/172626.htm
■日本の経済産業省のホームページから、「女性と産業サミット」関連は削除された
http://www.state.gov/secretary/rm/2011/09/172605.htm
■中山政務官のバックラッシュ発言に怒る会
http://ameblo.jp/anti-backlash/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-22 14:42 | USA

このバラは、昨日、市のケアサービス職員からいただきました。「今日の日をどれだけ待っていたか。24年間は長かった。やっとあなたが変えてくれるんですね」と言いながら、みな涙を浮かべていました。

こう話すのは、ノルウェーのカラショーク市の次期市長アンネ・ト―リル・エリクソン・バルトーAnne Torill Eriksen Balto(写真)。彼女は、24年間市長職にあった労働党男性を打ち破った。

c0166264_5491934.jpg
9月12日に行われたノルウェー地方選は、全国的には保守党と労働党で勝利を分けた。しかし、いくつか例外がある。

カラショーク市はその例外のひとつだ。この市は、労働党の非常に強い市だ。誰もが「労働党=市長」と疑わなかった。現市長は、1980年代から約四半世紀の間、市長職にあった。その現職市長が、労働党が勢力を伸ばした傾向のある今回、なぜ負けたのだろう?

カラショークは、ノルウェー北部フィンマルク県の内陸部に位置する。住民のほとんどがサーメ人だ。オスロから、トロムス、アルタと飛行機を乗り継いで、ラックセルブに降りた。そこからバスで1時間。私はカラショークまでやってきた。冬は零下50度まで下がった記録をもつ最厳寒の地だ。

労働党の牙城を崩したアンネ・ト―リル・エリクソンは、中央党候補者リストのトップに登載された。職業は銀行員。公認会計士の資格を持つ。市議会議員2期務めた。初当選した時はビジネスを学ぶ大学生だった。2期目の最後の年には、副市長をした経験を持つ。

夫はトナカイ飼育業。ふたりとも前の結婚相手との間の子を連れて再婚した。夫は2人、彼女は1人の子連れで新しい家族を営む。正確にはサンボーという事実婚だ。普段は市中の銀行に勤めているが、トナカイの群れを季節移動させるときは、夫とともに1週間、移動生活をする。

c0166264_5503065.jpg
【写真:スペア・バンクで顧客の相談に応じるアンネ・ト―リル・エリクソン次期市長。市議は無報酬であり、銀行員の激務をこなしながら議員を続けてきた。市長はフルタイムで有給】

「カラショーク市の政変は、余りに労働党与党が長く飽きてしまったこと、市の財政がどんどん赤字になってしまったことの2つに尽きますね」。こう評するのは、カラショークを基盤にする地方紙サガトの記者ステイン・トルゲ・スバラだ。中央党で、職業が会計士であるアンネは、最強の対抗馬だったに違いない。

次期市長アンネは、労働党市長の24年間の歴史を破ったばかりではない。市長といえば男性という164年間の歴史を破った。その背景に、女性議員の大躍進がある。今回、女性議員は31.6%から42%に増えたのだ。

次期市長アンネに言わせると「私たちは、家庭内男女平等を実践しています。でも、町全体は、それほどでもないんですよ。私の後ろには夫がいる。トナカイ業の利益を守りたい夫の繰り人形だ、なんて言った人がいました」

c0166264_66285.jpg地方紙サガトの記者は言った。「ここまでになったのは、女性たちの闘いがあるんですよ。サーメの権利拡大の闘いに女性の視点、フェミニズムの視点が必要であると、常に主張してきたのです。その代表がグッドルンです。僕は、尊敬しています」

次は、サーメ女性解放運動家グッドルンの毎日を紹介したい。

【写真:サーメ語(上)とノルウェー語(下)で品物を表示するカラショーク市内スーパーマーケット】


http://www.ssb.no/kommvalg_en/tab-2008-01-04-14-en.html
http://www.karasjok.kommune.no/Modules/article.aspx?ObjectType=Article&Article.ID=1053&Category.ID=1261
http://www.saminissonforum.org/norsk/wp-content/uploads/2008/11/snf-no11.pdf

【注】ノルウェーの選挙は比例代表制。市長候補は政党リストのトップに登載される。だから、最大票を獲得した政党のトップの候補者が市長になる可能性が高い。とはいえ、ノルウェーの場合、1党単独で多数与党形成は難しく政策推進をともにやれそうな他党と連立を組まなければならない。今は話し合いーーいわゆる政党間の探り合いーーの時期である。まだ市長が決まらない市もある。各市は、10月末までに市長名を提出すればいい。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-18 01:14 | ノルウェー

15日、デンマーク国民は、社会民主党を含む左派政党を国のかじ取り役に選んだ。

現地時間15日深夜、社会民主党、急進自由党、社会人民党による中道左派政党が89対86と保守陣営を下した。

社会民主党のヘッレ・ソーニング・シュミット(Helle Thorning-Schmidt)が勝利宣言をした。同国初の女性首相誕生となった。

デンマークは、ほぼ10年間、保守陣営に支配されていた。北欧のテレビ報道によると、ヘッレがコペンハーゲンの「人民の家Vega」に登場するやいなや歓待の嵐。「ヘッレ、ヘッレ」と、人々の目は歓喜の涙であふれていた。

メディアはスタイリッシュな彼女を「グッチ・ヘッレ」と形容していた。しかしセンスあふれる彼女の持ち味が、社会民主党のイメージまで変える気がする。連立を組む社会人民党党首は男性ヴィリー・ソウンダールVilly Søvndalで、外務大臣に就任。

■Her hylles Danmarks nye statsminister
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7795616
[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-16 14:10 | 北欧

9月12日(月)、ノルウェーの統一地方選が終わった。

「エルナ、エルナ、エルナ!」 保守党(日本の自民党にあたる)の集会所に、党首エルナ・ソルベルグ(写真下の左)が到着した。

エルナ・コールはやまない。彼女はスピーチを始めることができなかった。まだ最終結果が出てない12日夜11時だ。しかし保守党が最大の伸び率となることが、ほぼ確実となっていた。

c0166264_19191847.jpg
同じころ、労働党党首イエンス・ストルテンベルグ(現首相、写真上の右)は、党の選挙集会所「人民の家(Folkets Hus)」で、勝利宣言をした。「24年間で最もいい結果となりました。政権を担っている党は、地方では難しいというジンクスを破りました。我々は、馬のように無我夢中で頑張ったからです」

こちらも、若者たちの歓声がやまない。世界を震撼させたテロ事件以来、労働党への同情が広がった。事件後、首相の手腕が高く評価された。そうしたことから、労働党の勝利は予想されていた。

では、敗者は? 

労働党と連立政権を組む左派社会党、中央党の2党が、労働党勝利の陰に泣いた。とくに左派社会党は、4%にやっと届くか届かないかまで落ち込んだ。同党の歴史上、最悪の結果となった。来日講演をしたこともある党首クリスティン・ハルヴォシェンは、「来春、党首を辞任します」と語った。

c0166264_19311063.jpg右派の進歩党も票を激減させた。進歩党は、国会では第2党。シーヴェ・ヤンセン党首(写真左の中央)の人気は上々。市長もとっている地方もあり、破竹の勢いだった。

しかし、7月テロ事件によって、移民排斥ととられかねない党の政策に距離を置く人が増えた。選挙戦で、彼女は、移民の人たちと積極的に話すなど、巻き返しをはかろうとした。だが、進歩党は今回、全政党の中で最も票を下げた。

9月12日深夜。国会に議席を持つ主要7党首は、悲喜こもごもの表情を見せて国会議事堂に集まった。政党党首7人のうち5人が女性。男女平等の国ノルウェーならではの光景は、日本から来た私にはまぶしかった。

c0166264_19354531.jpg

7党首の記者会見。左から自由党(司会の後に隠れて見えない)、キリスト教民主党、進歩党、保守党、労働党、左派社会党、中央党。ノルウェー国会議事堂。

写真撮影FEM-NEWS
[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-13 19:01 | ノルウェー

ノルウェーの地方選挙の投票日、12日(月)が目前だ。オスロ市内は、選挙キャンペーンで染まっている。

ノルウェーでは、国政選挙も地方選挙も、それぞれ4年に1回、9月第2月曜日と決まっている。補欠選挙はない。今年、選挙運動が本格化しようという7月、テロ事件が起きた。死傷者のほとんどは、労働党青年部の政治合宿に参加中の10代の子どもたちだった。子どもといっても、18歳から選挙権のあるノルウェーでは、議員にも候補者にも10代は珍しくない。

c0166264_1523652.jpg

首相はじめ指導者たちは、「暴力に屈するな、若者よ政治参加を一層進めよう」と訴えた。それを受けるように、労働党だけでなく全政党の青年部が燃えた。

今年から、16歳からの選挙権のテスト投票が始まることも、それに拍車をかけた。子どもオンブッド(子どもの権利擁護機関)を先頭に、何年も前から「選挙権を16歳に引き下げよう」と運動をしてきた。今年、子どもオンブッドはノルウェー全土をかけめぐり、高校生と政治対話をつづけてきた。選挙法改正まではいかなかったものの、全国20市で、試験的に16歳から投票が行われることになった。

その結果、本番の投票日の1週間前に行われる恒例スク―ル・エレクションは、かつてないほどの高投票率となった。

そして、昨日9月8日夕方、オスロの国会議事堂前で、労働組合主催の選挙前の大集会が開かれた。この組合は、労働党、左派社会党、赤党の3党を推薦しているという。「長年、保守党が握ってきたオスロ市議会を労働党が奪還するチャンスです」と、幹部がチラシを配りながら言った。

子どもたちの参加のなんと多かったこと! 労働党の特製Tシャツを着て、キャンペーンのために参加したという中高生が大勢いた。勤労者ではないので組合員ではないものの、こちらの集会は、組合員だけなどというケチなことはない。誰にも開かれている。ベビーカー連れの家族も多い。

c0166264_15235856.jpg
(チェゲバラかと見まがうオスロ市長候補をプリントしたTシャツの中高生。労働党の彼女はまだ無名だが、保守党現職の男性市長を破る可能性が出てきた。比例代表選挙だからこその現象だ)

日本の中学高校では、政治はタブー視されている。一方、こちらでは、小学校の授業で、生徒を連れてきて、生徒たちが政党の候補者に直接インタビューをすることまで行われている。小学校から政治参加が奨励されているのだ。

c0166264_15333346.jpg
(自由党の候補に政策を聞く小学校5年生の女子3人。担任の先生と一緒に国会議事堂前にやってきた。全政党に聞いてまわり比べるのだという)


写真上・中は、オスロで行われた労働組合主催の選挙運動の集会。下は、目抜き通りカールヨハン通りに並ぶ政党の選挙小屋前。ともに9月8日。撮影はFEM-NEWS
[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-09 15:38 | ノルウェー

ノルウェーは、選挙の1週間前に高校生が“模擬投票”をする。スクール・エレクションという。今年は本日9月6日に投票を終えた。6日の夜、全国の高校生の投票結果が発表された。

高校生の多くは、労働党(Ap)を支持し、票を入れた。そのあおりを受けたのが、連立を組んでいる政権与党の左派社会党(SV)。4%しか獲得できなかった。

c0166264_618589.jpg

NRKは、「ひどい、ひどい結果だ。1970年以来最悪ではないか」と、同党党首のクリスティン・ハルヴォシェンの言葉を紹介した。労働党との区別が、政策上明快でないため、独自色が消えてしまったという分析もある。左派社会党、とりわけ同党の青年部は、戦略の立て直しをせまられることになった。

労働党の勝利は、7月22日のテロ事件後、被害者となった労働党への同情や、首相(労働党党首)の国民への説得力、メディアの高い露出度などから、予想されてはいた。

ノルウェーのスクール・エレクションは、本番の選挙の動向を占う重要な選挙と位置づけられている。

■Katastrofalt skolevalg for SV
http://www.nrk.no/nyheter/innenriks/valg/valg2011/1.7781408
■skolevalg 2011
http://www.samfunnsveven.no/skolevalg/resultat/landsoversikt?aar=2011&p=1

■参考文献(日本語)
「政治をタブーにしない教育」(『ノルウェーを変えた髭のノラーー男女平等社会はこうしてできた』(明石書店、2010) p215-p223
[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-07 06:20 | ノルウェー

5日、6日、ノルウェーで、恒例のスクール・エレクションと呼ばれる投票が行われる。今年は、いつにない盛り上がりを見せている。ノルウェー国営放送NRKの報道を中心に要約する。

c0166264_654501.jpg
統一地方選の投票日は9月12日だ。その1週間前、スクール・エレクションがある。全国489校のうち、414校、185,350人が登録。2年前の国政選挙390校より100校近く多い。4年前の地方選より11000万人多い。地方選挙は国政選挙よりも関心が低いのが普通だが、今年は違う。

スクール・エレクションとは、ノルウェー全土の高校生が行う“模擬投票”だ。ノルウェーの高校生は16歳から18歳。選挙権は18歳からだから、多くの生徒にはまだ選挙権がない。しかし、ノルウェーにはスクール・エレクションというプロジェクトがあり、積極的に若者の政治参加を奨励する。

9月12日が投票日なので、スクール・エレクションは、9月5日(月)、6日(火)に行われる。結果は、教育省(文部省のこと)傘下の調査機関NSDに集められ、高校ごとに政党支持率が出され、全国に報道される。中学生も参加できるが、集計は高校生のみのようだ。

今年の高校生は、なぜ選挙に高い関心を寄せているのか。理由は明らかだ。7月22日のテロの犠牲となったのは、労働党青年部の夏合宿に参加していた10代の若者だった。半数以上は女性だ。死傷者の中には、選挙の候補者リストに載っていた候補者もいた。現職の議員さえいた。

首相をはじめ指導者たちは、「暴力へのわれわれの回答は、さらなる民主主義であり、さらなる政治参加だ」と訴えた。オスロ市庁舎前の広場で行われた市民追悼会には50万人が集まり、その訴えに賛同した。

生き延びた若者の中には、トラウマに苦しむ人、衝撃から立ち直れない人、選挙どころではない人も多い。

しかし、ムニール・ヤ―ベルMunir Jaberは、選挙運動に全精力を注ぐ。「ユトヤ島では殺されないために必死だったが、今は選挙運動に必死です」と、高校で、チラシまきや候補者リストの説明に忙しい。

労働党青年部はHPで訴える。「夏のテロに対して、投票で、われわれは沈黙しないことを示そう。最も高い投票率で」

http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/hordaland/1.7778521
http://www.nrk.no/nyheter/innenriks/valg/valg2011/1.7775606
http://oslo.auf.no/-/page/show/10277_om-oss?ref=mst

写真はオスロの労働党青年部HP(oslo.auf.no)より。前列右の、黒いターバンをしたプラブリーン・カウア(Prableen Kaur)は、インド出身。18歳ながら、オスロ市議会議員候補で、タクシー運転手の娘だという。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-06 00:48 | ノルウェー