<   2011年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

c0166264_17183878.jpg今年9月、ノルウェーでは、統一地方選挙がある。それに向けて、「マイノリティ女性の情報センター MiRA Resource Centre」は、6月1日、選挙キャンペーンをスタートした。題して「私たちの声を聞かせよう!」

ノルウェーでは、外国人であっても3年以上住んでいれば、地方議会の選挙権・被選挙権が認められる。2007年、初投票した外国人は5万人もいる。


今回のキャンペーンは、ノルウェーに住むマイノリティ女性たちの抱える問題を政治課題にのせること、投票率を上げることを目標に、選挙のノーハウを身につけようというものだ。

8ヶ国語のパンフレットによる解説、実際の投票箱(オスロ市が貸してくれた!)で模擬投票、8月には各政党から政治家を招いて重要な政治課題について討論をする予定だ。

マイノリティ女性の情報センターは、ドメスティック・バイオレンス根絶に向けての運動で実績がある。国連の「人間開発計画」で世界トップの座を占めてきたノルウェーであっても、アジア・アフリア、中東などから移住した有色人種の女性たちは、暴力の被害にあうことが多いことを国中に明らかにした。

■The MiRA Centre
http://www.mirasenteret.no/www/index.php?option=com_content&view=article&id=562&Itemid=179
■Neither Faceless nor Defenseless
http://www.imow.org/wpp/stories/viewStory?storyId=203
■Confronting Ugly with Ugly
http://www.imow.org/wpp/stories/viewStory?storyId=178
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-30 17:19 | ノルウェー

c0166264_142765.jpgノルウェーのノ―ルカップは、「ヨーロッパ最北端の地」だ。北緯71度1分。307メートルの崖は険しく、きつい山道が続く。

夏の2か月間、観光客であふれるが、28日(火)は、ただならぬ登山客に地元がわいた。

やってきたのは、73歳のソニア王妃だ。ソニア王妃は、ヴァルドゥ―市の「魔女モニュメント」のオープニングセレモニーに参加後、ノ―ルカップに足を伸ばした。

1873年に国王オスカル2世が来て以来、皇室では初めてだという。オスカル2世の登頂を記念して「国王の道kongestien」という名前があるらしいが、「女王の道」に変えたほうがよさそうだ。ちなみにオスカル2世は、スウェーデンの国王。当時ノルウェーはスウェーデンの支配下にあった。

それにしても、70を過ぎた女性、しかも王妃、が北緯71度の地の崖に、強風をものともせず上りきったとは! さすがノルウェー。


■Her blir dronning Sonja historisk
http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/troms_og_finnmark/1.7692736

■魔女モニュメント、オープンhttp://frihet.exblog.jp/16517286/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-30 01:39 | ノルウェー

今年の「男女共同参画白書」は、昨年の「男女共同参画基本計画」同様、クオータ制について書いている。昨年と違うことは、今年は、クオータ制を報道した記事が多いことだ。

クオータ制が書き込まれたことと実行には天地ほどの開きがある。書き込まれただけでニュースとなる日本の女性政策の貧しさに、怒りを覚える。

クオータ制は、物事を決定する場に、ただちに女性何%、男性何%と割り当てることである。70年代、世界に先駆けてノルウェーの政党が綱領に導入し、実行した。80年代になると、ノルウェー政府は、男女平等法を改正してクオータ制を法で定めた。2000年代になり、政界への女性参画がほぼ達成し、今、経済界がクオータ制の洗礼を受けている。

正確に知りたい方は、『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店) に詳しい。第1章が、クオータ制について書かれている。もくじは……

c0166264_18585616.jpg『ノルウェーを変えた髭のノラ』
第1章 クオータ制は男女平等社会へのエンジン
1 女性40%内閣の衝撃
■18人の大臣の中に女性が7人も
■アファーマティブ・アクションとクオータ

2 ブルントラント首相と会見
■男女平等の秘密を探しに
■一方の性が40%を下回ってはならない
■白い小さなバッジ
■保守中道内閣でも女性は40%以上
■女性問題は政治的問題である(Personal is Political)
■クリスティン・ハルヴォシェンとの対談
■男女平等法の40%は政党を拘束するか
■ブルントラント首相と対談
■クオータは必要不可欠な制度だった
■「彼女を捨ててしまえ!」
■労働党のクオータ導入時の議論
■1814年のノルウェー憲法制定国会
■女性たちの訓練

3 世界で初めてクオータを実行した女性
■50%クオータ制を定めた80歳の闘女
■「クオータ制を入れないなら党首をしない」
■世界の最底辺女性グループ
(1)高齢女性
(2)シングルマザー
(3)社会福祉現場の女性
(4)失業中や退職後の女性
(5)暴力を受けた女性
(6)僻地の女性
(7)社会から逸脱した女性
(8)移民・難民女性
■ベリット・オース以前
■国会の50%を女性にする憲法改正案
■傍聴席は満員、議員席はガラガラ
■わらの女
■「男を消せ!」運動から発展

4 クオータを必要とした政治的土壌
■1974年にクオータ制を導入した自由党
■ノルウェー初の育休男性議員
■自由党初の女性の党首
■国連女性の地位委員会
■輝く星 ギーナ・クロ―グ
■女性の選挙権獲得協会
■「女性参政権は家庭を崩壊させる」
■スウェーデンからの独立運動
■自由党なくして女性参政権は成立しなかった
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-29 19:06 | ノルウェー

サーメと魔女狩り

ノルウェーで、魔女狩りにあった多くはサーメ人だったにも関わらず、サーメ人の姿は、「魔女モニュメント」のオープニングに見られなかった。

6月24日のNRKによれば、フィンマルク県ヴァルドゥー市でオープニングを祝った6月23日は、サーメ議員の出席できない日だったという。

ノルウェーには、国会と別に39人の議員からなるサーメ議会があり、フィンマルクのカラショ―クにある。

サーメ語でNoaidiは呪術者(シャーマン)を表す。キリスト教以前のサーメにとって、人間と神(多神教)とをつなぐ役目を持った、きわめて重要な人物とされていたという。そのNoaidiが、魔女として殺戮された。

極めて人口の少ないフィンマルクで、ノルウェーの魔女狩りの3分の1が執行された。モニュメント設立を機に、この土地特有の風土や歴史の研究だけでなく、ヨーロッパ全土を襲った魔女狩り史という共通項の研究など、今後の発展が期待される。

http://www.nrk.no/kanal/nrk_sapmi/1.7687388
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-25 20:30 | ノルウェー

c0166264_2333798.jpg
▲6月23日(木)、フィンマルク県ヴァルドゥー市で、「魔女モニュメント」がオープンした。写真は4月前の2月に訪問したもの。

魔女の烙印を押されて焼き殺された無実の女性たちを記録にとどめるために作られた。ソニア王妃、制作者、研究者などが招待された。

ヴァルドゥー市は、北緯70度、東経31度。北極点に近い。冬は何か月も太陽のない極夜の地だ。

17世紀、この地で、罪のない女性たちが、魔女だという噂をたてられ、逮捕、監禁された。拷問によって自白を強要させられた女性たち、死刑を言い渡され火あぶりにさせられた女性たち。記録によると、約140人が裁判にかけられ、90人以上が焼き殺されたという。わずか12歳の少女もいた。

魔女狩りはヨーロッパを席巻していた。しかし、ヴァルドゥー市にモニュメント設置が決まったのは、理由がある。ノルウェー人口の0.8%しか住んでなかった過疎の地フィンマルクで、全ての魔女火あぶりの3分の1が行われた。しかも、火あぶりのほとんが、ヴァルドゥー市の城塞跡から500メートルばかり離れた地で行われた。

ノルウェー運輸省、ノルウェー道路公団、フィンマルク県、ヴァルドゥー市などによる巨大プロジェクトが組まれ、何年間にわたって進められてきた。過酷な天候の影響で制作は大幅に遅れた。当初は昨年夏にオープンしていた。予算は膨れ、7000万クローネ、約11億円にのぼるとされる。

背景には、ノルウェーの魔女裁判の記録がほぼ完全な形で残されていたことがある。その結果、23日オープンしたモニュメントには、焼き殺された女性たちの墓標をつくることができた。氏名、どこに住んでいたか、どのように自白したかなどが、刻まれている。

報道によると、読みにくい昔の裁判記録が、学者の手で解読され、デジタル化されて、だれもがアクセスしやすくされた。世界で初めてだという。

もちろん、ノルウェーの国家政策である極北地方の経済発展と、女性政策の振興が土台にあるだろう。ヨーロッパの暗黒史である魔女狩りについては、不明なことが多い。今後の研究に大いに役立つに違いない。観光客を呼びこみたいとする市の意図を超える大きな意義があることを願う。

http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/troms_og_finnmark/1.7686021
http://www.forskning.no/artikler/2009/mars/215213
http://www.forskning.no/artikler/2011/juni/292002

【写真 2011年2月末、ヴァルドゥー市城塞跡の付近から見た「魔女モニュメント」。未完成だった。市役所の職員は「夏にまた来てください」と軽く言った。立っていられないほどの烈風。カメラを取り出すのも難しかった。手袋をするとシャッターが押せないので、素手で撮影したが、かじかんで大変だった】
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-25 19:43 | ノルウェー

c0166264_172918.jpg6月20日、アメリカ最高裁は、女性への集団的性差別を認めないという判断を下した。相手は世界最大の企業ウォルマート。

最高裁は、全会一致で、サンフランシスコ高裁の控訴審での判決を覆し、集団訴訟は認めなかった。この訴訟によって、ウォルマート側は、160万人もの女性に、何十億ドルという賠償金支払いが求められていた。

勇敢なベティ・デュ―クを代表とする原告団は、多大な個人的犠牲を払って、訴訟に持ち込んだ。女性運動団体NOWの代表は以下のようなコメントをした。

「この判決で、最高裁は、ウォルマート側に味方し、性によって昇進と賃上げを阻むという組織的性差別を認めた。法律は性差別を違法とする。しかし、その正義を求めて闘った100万人以上の女性たちに、法廷は背を向けた。提訴した女性たちは、敬意と公平な待遇を受けて当然であり、我々は、彼女たちのさらなる闘いを引き続き支援する」

女性たちは、最高裁での敗北をものともせず、国会に「公平賃金法案」成立を求めてゆく。

http://www.washingtonpost.com/politics/supreme-court-blocks-massive-sex-discrimination-suit-against-wal-mart/2011/06/20/AGCQ81cH_story.html
http://now.org/press/06-11/06-20.html

■FEM-NEWS
ウォルマート性差別集団訴訟 http://frihet.exblog.jp/16124337
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-22 17:06 | USA

朝日新聞の6月世論調査によると、原子力発電の利用に対する反対は、女性50%、男性34%。

女性の反対が、男性よりはるかに多い。全体では平均化されて、反対47%となり、半分以下に下ってしまう。

この調査には、被災した岩手、宮城、福島3県の一部がはいっていない。今後、省かれた被災地を含めることによって、原発反対はさらに高まるだろう。

さらに重要なことは、今後、男性が女性の意見に賛同する傾向があると、原発反対が高くなるだろうという点だ。

前回4月の調査によると、反対は女性37%、男性27%だった。女性は、すでに現在の男性より反対が多い。別の言い方をすれば、男性は、この2か月間の膨大な原発被害情報を知らされて、やっと女性の4月のレベルにまで追いついたといえる。メディアは、この男女による意識の違いをもっとはっきりと書くべきだ。

さあ、女性たちよ、周りの男性たちを大いに説得しよう!

上記は、朝日新聞 2011年6月14日朝刊による。あえてかどうか不明だが、インターネット情報には男女別の統計が出ていない。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-22 16:19 | 紛争・大災害

日本は世界121位

■女性国会議員11.3%=世界121位と低水準-男女参画白書

政府は21日午前の閣議で、2011年版の男女共同参画白書を決定した。

それによると、今年3月現在で衆院議員に占める女性の割合は11.3%で、05年の9.0%と比べて増加したものの、世界186カ国の中では121位と低水準にとどまった。

下院または一院制の女性議員の比率が最も高かったのがルワンダで56.3%に上った。次いで、スウェーデン45.0%、南アフリカ44.5%の順。アジアではネパールが33.2%がトップで、日本は隣国である韓国の14.7%を下回り、白書は「わが国の政治分野での女性の参画状況は国際的に見て遅れている」と結論付けた。 

経済分野でも、日本女性の進出は低迷。上場企業約3600社の役員約4万2000人のうち女性は515人で、全体に占める割合はわずか1.2%だった。

白書はこうした現状を踏まえ、政府が03年に掲げた「社会のあらゆる分野で20年までに指導的地位に女性が占める割合を20%程度とする」とした目標を実現するため、「官民を挙げて真剣に取り組まなければならない」と強調。女性公務員の採用促進や、女性の活用を進める中小企業への情報提供など「ポジティブ・アクション」への取り組みを強化するよう求めている。(2011/06/21-09:50 時事ドットコムhttp://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011062100149


■男女共同参画白書 平成23年版http://www.gender.go.jp/whitepaper/h23/zentai/pdf/index.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-21 15:54 | その他

運転する女たちWomen2Drive

c0166264_1859149.jpg
今日、6 月17 日は、サウジアラビアの女性たちが運転席に座る日だ。

ツィッターやフェイスブックで広まった「運転する女性たち」は、「助手席や後部座席ではなく運転席に座ろう」と呼びかける。

しかし、キャンペーンに加わると、当局からの嫌がらせ、村八部など
が待ち受けている。実際、どのくらい参加するかは不明。

サウジアラビアでは女性は車の運転を禁止されている。CNNによると
法律で禁止されてはいないという。しかし実際、5月21日に運転した
マナル・アル・シャリフは、当局に止められ「二度と運転しません」と
いう調書をとられたあげく、2 週間収監された。

マナル・アル・シャリフは、この運動で、黒人解放運動家ローザ・パー
クスのようだと称されている。

ガンバレ、サウジの女たち!

http://edition.cnn.com/2011/WORLD/meast/06/16/saudi.women.drivers/
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/jun/03/saudi-arabia-women2drive-women-driving
http://www.aftenposten.no/nyheter/uriks/article4149939.ece
■Women2Drive (Saudi Arabia)
http://www.youtube.com/watch?v=QHzLi9LCX2E
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-17 18:43 | 中東

BBCによると、強姦容疑者ストロス・カーンは、逮捕された時、不逮捕特権を主張し、フランス領事に話したいと言ったことが明らかになった。

外交官は、凶悪犯を例外として、国際条約によって現行犯でも逮捕されない。

ストロス・カーン容疑者は、マンハッタンの高級ホテル・スイートルームに宿泊していたとき、清掃に入室してきたホテル従業員を強姦、監禁した罪に問われている。当時、彼は国際通貨機構IMFのトップの地位にあった。従業員は、ギニアからの移民で、同ホテルで働くシングルマザー。


■Dominique Strauss-Kahn 'claimed diplomatic immunity'
http://www.bbc.co.uk/news/13803089
■New York official documents
http://www.courts.state.ny.us/whatsnew/pdf/voluntary-disclosure-form.pdf

【参考記事:IMFストロスカーン事件】
ストロスカーン、無実を主張
仏デモ、「性差別よ出て行け、女性よ祝おう」
IMF元トップ、無実を主張
IMF専務理事とプライバシー保護法
IMFトップのセクシャル・ハラスメント
「彼は盛りのついたチンパンジー」
IMFのストロスカーンがした愚劣な行い
IMFトップ、性暴力容疑で逮捕
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-17 11:11 | USA