<   2011年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

「子どものケアをと言ったらどっと来たが、お母さんケアと言ったら誰もこなかった。子どもを災害で亡くしたりすごく傷ついている母親はたくさんいるのに、これっておかしい!」と言うのは、「のびすく」スタッフの伊藤。のびすくとは、ハイハイ・ヨチヨチの子育てを応援する施設」(のびすくホームページ)。 のびすくは、今後、グリーフ・ケアをする計画だ。

c0166264_21053.jpgエスペランチストの斉藤ツメは、たいした被害にあわなかった。それで沿岸部に住む親せきの安否確認のため、車を走らせた。街の信号はみな止まっていた。ずぶぬれになったままがれきの上に何時間も置かれ、翌日、ヘリコプターに救助され九死に一生を得た親戚の女性について語った。がれきの付近で夕方、彼女と一緒に「助けてぇー」と叫んでいた声はヘリコプターが来た時にはもう聞こえなかったという。その後、親戚は国立病院に搬送されたが、「とくに怪我もないので帰って下さい」と言われた。でも、帰る家などどこにもなかった。「せんたくネット」が提唱した洗たくボランティアにはいって動いている家族がいる。

c0166264_212274.jpgノルウェーを学ぶ会の木村さちこは、大地震の時歯医者の診療台にいた。すぐ家に帰った。アルツハイマー型認知症で入院中の夫の病院の食事が悲惨だった。ある日など11時と4時の2食だと言われた。1週間したら、みるみる痩せてきたのがわかった。しかし、この状態は約1か月続いた。見舞いに行ったら、だいぶいなくなっていた。市役所に何とかしてほしいと要望したが「そこまで手が回らない」との返事だった。未曾有の危機には違いないが、北海油田の事故後、危機管理システムを構築したノルウェーで、こうした事故が起きたらどうなのか、ノルウェーの話を聞いてみたいと言った。

「避難所になった時すぐ町づくり推進課に電話して、ろうそくの用意を依頼した。ろうそくの火をたやさないように、交代でろうそくの番をした」のは市民センター職員。次々に避難してくる人たちの受け入れ、受付のためまったく休めなかった。

震度7を観測した栗原市の職員は、「あ、死ぬんだと思った」と言う。いまだに市役所はゴチャゴチャで日々片付けに追われている。明朝も7時から引っ越しの支援がある。


以上、宮城の女性たちが語る北東北大震災のいったんである。

テレビでは、支援する側は男性が圧倒的に多く、支援される側は圧倒的に高齢女性が多いように見えた。しかし職場で、避難所で、地域で、被災現場で……女性たちは必死に働きつづけていた。

(敬称略)

宮城の女性が語る被害体験 1
http://frihet.exblog.jp/16401603/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-31 01:51 | 紛争・大災害

c0166264_23311949.jpg

宮城県の大震災を宮城県の女性はどう感じたのか。5月28日、仙台を中心に女性の視点から企画事業や政策提言をする「イコールネット仙台」(代表宗方恵美子)から話を聞いた。

c0166264_293797.jpgノルウェー男女平等に詳しい樋口典子は、避難所となった仙台市内貝森小学校体育館で、ボランティアを続けた。多いときは80人が避難。偶然にも、樋口をはじめ長年栄養士として働いてきた女性が3人いた。3人は協力して、避難所の食事や環境向上に関わった。リーダー的男性は、「……をします。さあ、女の人は……」と性役割分担を決めて物を言いがちだった。それをやんわりと「みんなで……をやりましょうか」と言うように変えていった。重い荷物を運ぶ時も、「これ重いけど、(女性でも)2人で持てば大丈夫です」と。声のかけかたひとつで、男女にかかわりなく参加できることを自然に実践できた、と話す。

c0166264_1541186.jpgイコールネット幹事の大先輩・平澤きょうは、震災後、テレビを見ては「男女の比率が気になる。出てくる人出てくる人みな男性ばかり。女性は一人もいない。なんでいないのか」と怒った。「震災の問題は生活の問題。女性が加わらないと日常の生活の現状は伝わらない。震災後、さらに男女共同参画をと言いたくなった」と。

2008年、「災害時における女性のニーズ調査:なぜ防災・災害復興に女性の視点が必要か」という調査に携わり、災害対策に女性の参画提言をしたのは浅野富美枝。「空前絶後の震災で、行政職員やボランティアの女性たちは極度の過労。そうしたケアをする人をケアする取り組みが今後、必要となる」と強調した。

佐藤晴香は、「私の中のAC事件」をこう話した。「震災後のACテレビコマーシャルに怒った。『がんばろう』とサッカー選手など男性にばかり言われたくないのでACに電話した。電話を受けた女性が電話口で謝ったが、女性に謝罪してもらうことではないのでファックス送信した。すると『差別はしていません。たまたま見たのが男性だったのでは』というようなことを言うので、出演者の男女比を出させた。大竹しのぶとベッキーの出演はあったようだ。しかし男女比は、5対1だった」

河北新報の佐藤理絵は、3月11日の翌日にあたる12日の朝刊発刊までのドラマを語った。

7階で仕事をしていた。図書はすべて、パソコンなども床に落ちた。駐車場にみな一時避難。雪の降りしきる中、安否確認をした。その時、誰ひとり津波のことは知らなかった。職場に戻り、散乱したものを片付け、朝刊の編集にとりかかった。自家発電で書くことはできたものの、紙面をレイアウトして組み上げる機械がダウンしてしまった。新潟日報社と、緊急時新聞制作相互支援協定を締結していた。しかも2月にテスト作業をしたばかり。整理部員は何時間もかけて新潟に到着しレイアウトをし、すぐまた仙台まで戻ってきた。泉にある印刷センターで印刷し朝刊ができた

ところが市内は真っ暗。ひと気がない。号外を読んでもらいたくても人がいない。避難所なら人がいると、歩いて行ける避難所に届けた。避難所には電気がついておらず真っ暗。懐中電灯で読んでくれた。

(3月12日「河北新報」朝刊)

河北新報をとりまく状況は、トラック配達もできない、販売所も流されてしまった、配達者も被災してしまった…。自家発電だったためできるだけ節電しなくてはならなかった。ものすごく寒い中、毛布を頭からかぶって記事を書いた。

広告がないため仕事のなくなった広告班は物資調達班に。炊き出し班もでき毎日3食おにぎりを食べた。物資調達班とは取材用の車のためガソリンを探しまわる仕事で男性。炊き出し班は全員女性だった。たまに男性が「おれも握る」と言っても「ここは女性の役割ですから」と断られたと聞いた。

また、小さな子どものいる記者は子どもを社に連れてきたため、会社の中に子どもがゴヤゴヤいる状態となり、楽しい場面もあり、それが記事に生かされたと思う。災害の前線には男性記者が多く、女性の場合は若い女性記者だけだった。子連れ女性は「私たちはいったい何をしているんだろう」と思うこともあった。

多くの報道がなされたが、自分も被災している人が書いているのだ、他の報道とは違うものが書けるはず――こんな自負と使命感があった。

(続く。敬称略)
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-30 21:29 | 紛争・大災害

5月28日、朝、仙台市にやってきた。すぐ、太平洋岸に面した蒲生海岸や、南蒲生浄化センターのあたりなど蒲生地区を視察した。

c0166264_23222578.jpg友人の木村さち子さんが車を出してくれた。仙台駅から車で30分ほど。産廃ダンプだけが行き交う間を縫って走った。すさまじい情景と強烈な臭気に、頭がくらくらした。

午後は、仙台市内にもどった。エル・ソーラ仙台で開かれた「イコールネット仙台」が開く震災体験を語る会に参加した。

イコールネット仙台は、仙台男女共同参画財団の指定管理者になっている女性団体。代表は宗片恵美子さん。集まった約20人の女性たちが震災後の生の体験を初めて赤裸々に話した。

追って、女性たちの壮絶な日々をいくつか紹介する。

■仙台で運転を買って出た木村さち子さんは、3月17日時点でメルトダウンと言った
http://frihet.exblog.jp/16068072/

【写真は、蒲生地区にある浄水処理センターの入口付近。管内通行速度20キロを伝える看板が横倒しに。猛烈な臭気に1分といられなかった】
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-28 23:11 | 紛争・大災害

5月27日、「がりっと平等・秋田」のメンバーが、秋田市内に集まり、ノルウェーの政策を学ぶとともに女性議員を増やそうと盛りあがった。

c0166264_23174961.jpg


「がりっと、とは秋田で、しっかりという意味に使われます」
代表をつとめるこだま祥子さん(県議、最左)は言う。

「10年以上前から女性議員を増やす会というグループが秋田にありました。それを2007年夏、北秋田市で全国フェミニスト議員連盟の合宿があった際、秋田らしい名前に一新し、同時にしっかりと男女平等推進に力を入れる女性議員を増やていこうとなりました」

秋田県は、今春の選挙で秋田県議と秋田市に女性がそれぞれ6人、5人が当選し、ともに全議員の1割を超えた。1割を超えたのは秋田県史上初である。

とはいえ、男鹿市、小坂町、藤里町、井川町、羽後町の5市町は、女性議員が誰もいない。いわゆる「女性ゼロ議会」だ。これら5自治体で、「立候補する女性を探して、当選につなげていく支援方法なども考えていくこと」などを話し合った。

とくに県内の市では唯一の女性ゼロ議会である男鹿市について、「なまはげの土地だもの…女の出る幕がない。男尊女卑がまだまだ強くて」と長く続いた慣習や伝統が及ぼす影響に、皆うなずいた。しかし、候補者をどう探していくかに妙案が出ず今後の課題となった。

20代男性の徳原雄也さんも会員だ。精神障がい問題など社会的弱者に関心をもっていく中で、男女共同参画の重要性を学び、「男性の問題でもある」と語った。

また県議の石川ひとみさん(右列の手前から2番目)は、脱原発派。「秋田に原発がないのは、阻止しようとした市民運動のおかげだと言われている。秋田県に誘致運動がなかったはずもなく、その経緯をどうとらえてきたのか聞いてみたい」と語った。

また秋田市では、男女共同参画行政を推進する責任部署がなくなるという深刻な事態になっていると、佐藤加代子さんが指摘。秋田市議に当選したばかりの見上万里子さん(右列の奥から3人目)にとって、重要な初仕事となりそうだ。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-28 23:08 | その他

この10人の若者たちは、みな10代から20代の学生だ。この中から、もうじきトップが決まる。学生組合ではなく株式会社のトップだ。

c0166264_10171158.jpg


ノルウェーのアデコ株式会社は、取締役のトップ専務理事をインターネット投票で決めるという。アデコ株式会社は、スイスに本社がある人材サービス企業。日本を含め世界中に支社がある。

ノルウェーでは管理職のトップであろうと受付業務であろうとほぼすべての職種は公募だ。アデコ・ノルウェーも例外ではない。また、ノルウェーは、労働者は誰でも休暇をとることを厳しく規定されており、夏期休暇は4週間とるように義務づけられている。

5月25日のノルウェー国営放送NRKによると、今回のアデコ・ノルウェーのケースは、夏期期間に限定された取締役の専務理事だという。「能力と創造性に富んだ学生を望む」と会社は宣伝する。

応募した学生10人の写真をクリックすると履歴や自己アピールが読める。ネット投票で高得点を得たひとから、トップが決まるという。報酬は月10万クローネ、約150万円。学生なら年俸でもおかしくないほどの高額だ。

ただし、この奇抜ともいえるやりかたは、アデコ・ノルウェーが侵した違法事件により社内改革を求められていることが背景にあるようだ。ビジネス大学の大学教授は、「おかしな動きだ。メディア受けをねらったにすぎない」と批判的だ。

さてノルウェーは、会社取締役の40%は女性でなければならない。会社法で性別クオータ制を定めているからだ。それにふさわしく、専務理事候補の10人のうちの4人は女子学生である。

日本の社会経済は今、大変革を求められている。ネット投票は急進的すぎるものの、ノルウェーの公募制や女性参入制など学ぶべき点は実に多い。

http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/ostlandssendingen/1.7646780
http://www.konsernsjefen.no/
http://www.adecco.no/Pages/Default.aspx
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-26 10:11 | ノルウェー

寺沢勝子弁護士が、「館長雇止め・バックラッシュ裁判」の最高裁勝訴について
書いたエッセーです。

■三井マリ子さん高裁の逆転勝訴判決が最高裁で確定
http://www.kangou.gr.jp/mituimarikosyoso.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-25 01:03 | その他

脱原発アニメ

鹿児島市議会議員の小川みさ子さんからメールが来ました。全部見ても10分ぐらいの脱原発アニメです。お台所したり、他のことをしながらでも頭にはいるとっつきやすさです。

「脱原発アニメを紹介します。ネタ元が、何と広瀬隆さん、藤田祐幸さんです。と~っても解りやすく、短いので気軽にご覧頂けるので広めて~♪」(小川)

1. 『源八おじさんとタマ001』(原発なくても電気は大丈夫)
http://www.youtube.com/watch?v=OzGnBFNU1bI
2.『源八おじさんとタマ002』(二酸化炭素と温排水)
http://www.youtube.com/watch?v=RBw_nfQ_glQ
3.『源八おじさんとタマ003』(放射性廃棄物)
http://www.youtube.com/watch?v=pFUKKLkN1nE
4.『源八おじさんとタマ004』(地震)
http://www.youtube.com/watch?v=QpLPFXG1bLg
5.『源八おじさんとタマ005』(津波)
http://www.youtube.com/watch?v=ExkDeqHl_tc
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-25 00:25 | 紛争・大災害

5月22日午後5時、パリで、女たち3000人がデモをした。

ストロスカーン逮捕に関する女性差別的対応に怒る女性たちだ。提唱したのは、「あえてフェミニズム!」と称する女性団体。

「性差別よ出て行け、女性よ祝おう!」というスローガンのもと、現在15000人以上の署名も集まった。

署名の趣旨はこうだ。「あえてフェミニズム!」のホームページから和訳する(Fem-News訳)。

【フランスにストロスカーン逮捕のニュースが届いたやいなや、彼に対する法的リンチ事件だとか、政治的謀略だという声が「洪水」のように流された。その一方で、マンハッタンのホテルのスイートルームで、彼が強姦をしたとされる32歳の女性従業員は無視されたままだ。

こうしたフランス国内のコメントは、強姦の深刻さを矮小化し、合意だったかも、ちょっとすべっただけかも、というように事実をぼやけさせてしまう。そして、現在・未来の被害者に、「不平を言うな」というメッセージを送ることになる。忘れてはならない、強姦と強姦未遂は犯罪である。

これらのコメントは、女性に対する暴力への無知をさらけ出しているにすぎない。この社会を指導しているとするエリート集団は、とくに注意が必要だ。フランスでは階級や年齢を問わず、毎年75000人が強姦されているのだ。共通項は女性であるということだけだ。そして加害者はみな男性であるいうことだ。

これらのコメントは、性的自由というものと、女性への耐えがたい暴力とを混同している。暴力的行為、強姦、強姦未遂、性的嫌がらせは、女性の体を支配しようとする男性の欲望の表れである。それを混同することは、危険であり不謹慎である。すなわち、男女平等を妨害するため道徳的秩序に揺り戻そうとする勢力に、道を譲るだけだ。

ステレオタイプ(女または男はこういうものだという決めつけ)を主張する公人は、全女性に対する侮辱であるばかりか、人間の尊厳を大切に考え女性が男性と平等であるように日々闘っているすべての人間に対する侮辱である。】

ストロスカーンは、IMFホームページで、これまで公職で得た財産を、合意の性交だったことを証明するために使うと言っている。彼の財産? それはフランス人の税金であり、われわれ日本人の税金からの拠出金もあるIMFからの報酬である。

女性や社会的弱者を侮辱しても公職に居座ってきた男性政治家は、ストロスカーン前IMF専務理事に限らない。たとえば石原都知事、中山義活議員、小泉元首相…などが浮かぶ。こうした人間は公人である政治家にふさわしくない。これを機に、政治家の資質を考え直すべきだ。

■Osez le féminisme !
http://www.osezlefeminisme.fr/article/sexisme-ils-se-lachent-les-femmes-trinquent
http://www.politis.fr/Affaire-DSK-Osez-le-feminisme,14176.html
■Independent紙
http://www.independent.co.uk/news/world/europe/feminists-anger-at-chauvinism-of-strausskahn-affair-2287820.html


【参考記事:IMFストロスカーン強姦事件】

仏デモ、「性差別よ出て行け、女性よ祝おう」
IMF元トップ、無実を主張
IMF専務理事とプライバシー保護法
IMFトップのセクシャル・ハラスメント
「彼は盛りのついたチンパンジー」
IMFのストロスカーンがした愚劣な行い
IMFトップ、性暴力容疑で逮捕
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-23 15:27 | ヨーロッパ

IMF元トップ、無実を主張

国際通貨機関IMFトップのドミニク・ストロスカーンは、ホテル従業員を強姦した容疑で逮捕され、IMFを辞職した。

彼は、フランス大統領サルコジに対抗する社会党大統領候補としても超有名な政治家であり、報道は過熱する。

逮捕後、ニューヨーク地裁に出廷する様子が報道されるや、フランスでは「まだ容疑者なのに、侮辱だ」「彼はメディアに殺された」に始まって、「これは政治的謀略だ」という説まで、彼を擁護するような記事もあいついで出ている。彼の失脚によって、最も得をするのはサルコジ大統領といえるからだ。

世界最強の男性政治家が、ギニアから移民してホテルで働くシングルマザーを襲ったという事件は、マスコミだけでなく、私も強い関心がある。性暴力は男女の支配関係に起こるとされているが、この事件ほど男女の力の差が巨大なケースはかつてないと思われるからだ。

そんな中、ストロスカーンは、「私は、すべての力と時間とエネルギーを集中して、無実を証明する」とする記者向け文書をIMFホームページを通じて公にした。

彼は、清掃に入室した女性従業員を全裸で追いかけ、襲いかかり、ベッドに突き倒して強姦したなど、7つの犯罪容疑に問われている。彼が無罪を主張するには、彼女と合意の上で行った行為だと証明していくことになる。被害女性に対する、さらなる暴力が、今度は法廷を舞台に行われるともいえる。

■IMF Managing Director Dominique Strauss-Kahn
http://www.imf.org/external/np/sec/pr/2011/pr11187.htm
■Venter på et glimt av Strauss-Kahn
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7642779
■Fallet fra makten til «Le Perv»
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7641535
■Strauss-Kahn kunne spise og drikke for 5 millioner,
uten at noen sjekket
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7639776
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-23 04:28 | ヨーロッパ

5月21日、館長雇止め・バックラッシュ裁判・最高裁勝訴の集いが、豊中市男女共同参画推進センターすてっぷであった。

高裁に「意見書」を提出した浅倉むつ子教授。強力な弁護団を組んで逆転勝訴判決を勝ち取った寺沢勝子弁護士、宮地光子弁護士、川西渥子弁護士、島尾恵理弁護士。裁判を取材報道した斉加尚代MBSディレクター。豊中市民として市に抗議を続けた和田明子元フリーク店主。原告の三井マリ子(筆者)が講演をした。原告に訴訟費用を援助した「働く女性の裁判基金」は感謝状を授与された。2部は、オペラ・アリアとピアノ演奏。

YouTube ■三井マリ子さん最高裁で勝訴 http://bit.ly/iznvjK

c0166264_2231689.jpg

浅倉むつ子「この訴訟は男女共同参画社会実現のための訴訟だった」


c0166264_2234971.jpg

寺沢勝子「地裁で敗訴後、山梨県昭和町の人格権侵害判決を参考にした」


c0166264_224677.jpg

宮地光子「このホールで開いた住友裁判勝利和解パーティで三井さんと会って…」


c0166264_2241999.jpg

川西渥子「第1審敗訴の時、三井さんは悔しさのあまり号泣してしまいました」


c0166264_2243446.jpg

島尾恵理「素晴らしい判決を書いた塩月秀平裁判長をネットで検索したら…」


c0166264_2245318.jpg

斉加尚代「私は、最初からこの裁判は勝てるような気がしていました」


c0166264_225776.jpg

和田明子「三井さんが追い出されそうだとピンときて『女性ニューズ』に投稿したら」


c0166264_2252439.jpg

三井マリ子「男女平等社会は、バックラッシュ勢力のいいなりにならない社会」


c0166264_2283552.jpg

大熊一夫「モーツアルト『フィガロの結婚』より もう飛ぶまいぞこの蝶々」


c0166264_230898.jpg

司会は木村民子(右、支援する会副代表)、望月奈緒(支援する会、豊中市民)

【写真撮影:下から2枚目は有我譲慶、他は大熊一夫。YouTube動画制作も有我譲慶
http://www.youtube.com/watch?v=LBkvy8Wzg-4&list=PL8D41001FFC6CE457

●2011年5月21日のチラシ
http://fightback.fem.jp/11521syoso-tirashi.pdf
●実りの秋にありがとう!「働く女性の裁判基金」
http://fightback.fem.jp/genkoku_FB_9.html
●館長雇止め・バックラッシュ裁判
http://fightback.fem.jp/index.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-23 03:00 | その他