<   2011年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧

c0166264_23174468.jpg

c0166264_2313154.jpg

29日夕方、沖縄県那覇市に到着した。平和通りそばの国際通りを歩いていたら目の前で、女性たち4人が「米軍への思いやり予算を復興対策費に」と、訴えながら署名活動をしていた。

マイクで「思いやり予算5年で1兆円です。それで避難民50万人に1人月5万円を3年間支給できます」と訴えるのは、山口洋子さん(左)。

元県議の狩俣信子さん(右端、白い上着)が、飛び入りで参加し、「米軍にこんな巨額の税金を、なぜ使うのか」と主張した。狩俣さんは左腕を怪我しているが元気いっぱい。次に私もマイクを握って、道行く人に訴えた(下写真中央)。多和田栄子(前那覇市議)も一緒だ(上写真中央)。

c0166264_1821379.jpgこの「思いやり予算」に接するたびに、日本はアメリカの植民地ではないか、と怒りを覚える。

ところで、「思いやり予算」を今年も支払うと決まったのは、いつか? 実は、未曾有の大震災のすぐ後なのだ。

3月30日。そう、国民みんなが、絶望と怒りと悲嘆にくれていたころだ。東京は霞が関の衆院外務委員会。2011年度以降の在日米軍駐留経費負担(これを思いやり予算という)に関する新たな特別協定案が決まった。与党民主党と自民党などの賛成多数で。

共産、社民両党は、この思いやり予算を、大震災の復興支援に回すべきだと主張した。ごくごく常識的な言い分ではないか。しかし北沢防衛相は、「日米同盟に直結する予算を削減すれば防衛政策に食い違いが生じる」などと反論した。この未曾有の危機に、現行の1881億円のままだという。3.11以後の日本の政治経済社会、そして私たちの精神は、大改革を迫られている。「食い違いが生じて」当たり前だ。

c0166264_18215868.jpg米軍には、1881億円のほかに、これとは別に以下の予算も支払われている。

基地周辺対策費など1737億円
沖縄に関する特別行動委員会[4]関係費169億円
提供普通財産上試算(土地の賃料)1656億円
米軍再編関係費909億円
基地交付金378億円

★写真:上2枚が2011年4月29日、那覇市国際通りの街頭活動、下2枚は那覇埠頭★

関連サイト
◎署名用紙はこちらから
http://tasukeai.ti-da.net/

学者や市民団体 米軍への思いやり予算は震災復興へ
http://www.qab.co.jp/news/2011042627455.html
【普天間問題-沖縄は怒っている 狩俣信子さんに聞く:軍事基地はどこにもいらない】
http://www.mdsweb.jp/doc/1130/1130_08n.html
米軍属不起訴:第一次裁判権放棄を 県議会、米国に抗議決議 /沖縄
http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20110426rky00m040003000c.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-29 23:27 | 紛争・大災害

女性・政治スクールin沖縄 実行委員会からの案内です。
明日30日、那覇市です。


■女性・政治スクールin沖縄~オープニング記念講演会~■

c0166264_21591592.jpg世界一住みやすい国ノルウェーを支える男女平等

三井マリ子さんは、ノルウェーが世界で最も住みやすい国となったのは、女性たちが運動を続け、男女平等政策を進めてきたからだといいます。

女性運動が男女平等の実現に果たした役割、仕事と家庭をどう両立させるか、政治から経済まで40%を女性にするクオータ制など・・・三井さんが現地で撮影した写真とともに講演を行います。

また、最高裁で勝利した「館長雇止め・バックラッシュ裁判」についても、お話ししていただきます。

講師三井マリ子

プロフィール

高校教師から都議になり2期務める。都に実施させたセクシャル・
ハラスメント対策は全国の自治体に影響を与えた。大学講師を
経て大阪府豊中市男女共同参画推進センター初代館長、福井県
武生市初代男女平等オンブッドを歴任。全国フェミニスト議員
連盟(初代代表)。

著書に『ノルウェーを変えた髭のノラ~男女平等社会はこう
してできた』(明石書店)、『男を消せ!--ノルウェーを変え
た女のクーデター』(毎日新聞社)など

日時 :2011年 4月30日(土)13:30受付  
資料代:500円
場 所:那覇市の教育福祉会館 3Fホール
実行委員会: あい女性会議・社民党女性基金、沖教組女性部・高教組女性部
問い合わせ先:098-887-0537(狩俣信子)

チラシ
http://fightback.fem.jp/20110430okinawa1.pdf

ネット広報

[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-29 09:19 | その他

隣人愛こそ政治

NRKの今日のニュース。

5月13日から、オスロのノーベル平和センターで「Transit」と題された展示会
が開かれる。転移、移送、変遷という意味だが、戦争によって移民とならざるを
えない人々や、天災や事故によって家を失い、飢餓に喘ぐ人たちの写真展だ。

そのひとつに、1922年ノーベル平和賞を受賞したフリチョフ・ナンセンの業績も
紹介される。

彼は、極地探検家として世界的に著名だ。しかしナンセンの自伝作家は、「彼の
最大の偉大さは、人間愛です」。ナンセンの言葉「隣人愛こそ政治だ」を紹
介する。ノルウェー語で«Nestekjærlighet er realpolitikk».

ナンセンは、1921年12月、ロシアの「孤児院」を訪問。飢饉のため飢えて死に
たえそうな、ロシアのおびただしい数の子どもたちを見る。子どもたちを餓死から
救うため、撮影したスライドを見せ、募金運動をよびかける。しかし当時、ノル
ウェーでは、彼の募金活動に理解と共感を得るのは難しかった。アフテンポステ
ンは、彼の募金活動への反対運動として、北部漁民への募金運動をしかけたという。

その背景には、当時の共産主義きらいの風土があったのだろう。

ナンセンのニュースに接し、こう思った。

未曾有の大災害・東電原発事故によって、被災した多くの人たちへの、本当
の政治とは? 政治家の真の質が問われる時代に、今、日本は置かれている。

http://www.nrk.no/kultur-og-underholdning/1.7608315
http://nobelpeacecenter.org/english/?did=9084534
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-28 09:52 | ノルウェー

c0166264_227741.jpg中東のイエメンで、サレハ大統領への反政府デモが続いている。

その中で、数千人もの女性たちが、「私たちは黙ってはいない」と、反政府デモに加わったことはあまり知られていない。BBCによると、女性たちの行動は、「抗議に参加する男女はイスラム法に違反する」と大統領が言ったその翌日のことだった。

イエメンで、史上初の反政府デモが起きたのは3カ月前のことだ。失敗に終わると誰もが思っていた。チュニジアやエジプトとは異なり、人口の半分を動かすことなど不可能だからだ。しかし、こんな疑念は吹き飛んだ。

BBCによると、サナー・チェンジ広場の真ん中のテントに腰をおろしたタワクル・カルマンは、驚きの声をあげた。

「想像すらできません。イエメンでは、女性が7時を過ぎたら家を出ることが禁止されているのですよ。それなのに見てください、女性たちは、今ここで寝泊まりしているのです」

カルマンは、この3ヶ月間、牢獄に入れられ、殴打され、政府メディアからは屈辱に満ちた報道をされた。この悲劇は、逆に彼女の名をイエメン中で知れ渡らしめ、その結果、多くの女性たちの希望の星となった。

c0166264_2241463.jpg「これは私が抱く夢をさらに超えた夢です。私は女性たちを本当に尊敬します」と彼女は語る。想像を絶するほどのたくさんの女性の参加は、サレハ大統領の過去30年間の圧政に対する、底知れない不満の表れでもある。

中東の革命は女性の参加により真の社会変革に近づいている、と思う。


http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-13140438
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-13107553

写真はBBC。黒いチャドルをまとった女たちがデモを続ける感動的なシーン。BBC特派員の視点に敬服する。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-27 22:11 | 中東

人口の半分は女性だ!

c0166264_1148015.jpg


上は、熱海市議会議員候補のポスターだ。 女性は? わずかに1人だけだ。

人口の半分は女性だ。いや高齢社会は女性のほうが多い。おそらく熱海市もそうだろう。それなのに、女性は立候補すら難しいことを物語る。熱海市は東京にも近く、いわゆる文化人も少なくない町だ。その熱海市でこのようなありさまだから、日本の他の市町村はおしてしるべし、だ。

案の定、「まだ女性が出ているだけまし。私の町のポスターは男だけよ」。こう友人が言ってきた。

地方議会は、暮らしに直結した政策を決める場だ。高齢者介護、保育所、ゴミ問題、食べ物の安全、小学校のこと、学童保育のこと、生活道路のこと・・・その場に女性の代弁者がいないとは。

女性参政権獲得60余年ーーこの悲惨な現実を変えなくては日本に未来はない。また今日から走りだそう。

(写真提供:木村民子)


■女性ゼロ議会訪問記
愛知県http://frihet.exblog.jp/13039730/
愛媛県http://frihet.exblog.jp/15509693/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-27 12:08 | その他

統一地方選の結果

統一地方選が終わった。

前半は、女性ゼロ議会だった福井県に女性議員が誕生するという新しい歴史がつくられた。これでやっと都道府県レベルでは女性が誰もいない議会はなくなった。全国フェミニスト議員連盟の仲間たちと長年とりくんできた「女性と政治キャンペーン」の女性ゼロ議会撲滅運動が報われた。

千葉県議会に、小宮清子さん、湯浅和子さんなど森田健作知事に抗する女性の当選はうれしいが、もっと増えていい。山梨県議にのひらひさこさん、神奈川県議くさか景子さんの当選にも喜びがこみあげてくる。しかし、その一方、果敢に挑戦した友人たちの中にはくやし涙の人が大勢いる。

後半は、友人たちが多数立候補していて、気もそぞろ…だった。

大阪府豊中市では、2期目の木村真さん、「もの言う60代」をスローガンに初立候補した熊野いそさんを応援した。2人とも当選。無所属なので固い組織のない2人が、よく頑張ったと思う。また、高槻市に革新の風を吹かせ続ける二木洋子さんも、当選した。

千葉ベイタウンで講演会を企画した「市民ネットワークちば」の湯浅美和子さん が、千葉市議に当選した。

東京都では、地元三鷹市の野村羊子さんの応援にかけつけた。

また江東区の中村まさ子さん、前田かおるさんを応援した。44人の定数に61人もがひしめき、さらにみんなの党の風が吹きそうだという噂が流れていた。

野村羊子さん(三鷹)は上位当選だった。江東区の中村まさ子さんは当選した。しかし、志を同じくしてガンバッタ前田かおるさんは次々点に泣いた。中村さんも前田さんも前回から大幅に票を減らしたのは、みんなの党に票をさらわれたからのようだ。この党は5人全員上位当選だった。

狭山市にも足を伸ばし、高橋ブラクソン久美子さんを応援した。彼女は268票も票を伸ばして当選した。有権者の厚い信頼があるようだ。

函館市議に挑戦した無所属の荒木明美さんは2700票、31位で次点。函館は定数34から30に減り、難しい選挙だったようだ。素晴らしい議員になれると太鼓判を押せる人だ。次回また頑張ってほしい。

さて、今回の選挙でもっともうれしかったのは、女性ゼロ議会だったニセコ町に風穴をあけた斉藤うめ子さんの当選だ。

全国初の自治基本条例で有名となったニセコ町。あちこちから議員視察が絶えなかったと聞いている。町の人口は約5000人。その議会に女性が誰もいないと知ったのは、2009年1月だ。

東京都文京区での国際シンポジウム「世界は進む 日本は進まず」会場。質疑のとき、一人の女性が立って「いくら行政の審議会で、クオータ制のことを話しても、耳を傾けてもらえない」というような発言をした。「北海道ニセコ町からきました。ニセコには女性議員が誰もいません」と言った。その人が斉藤うめ子さんだった。地方自治の基本のひとつは男女平等だと信じている私は、「あのニセコ町に女性議員が誰もいないとは」と驚いた。

その後、何度か交流があった。そして2010年夏、彼女は女性の政治参画シンポジウムをやってのけた。そうした行動が今回の立候補そして当選に続いたのだと思う。

女性議員については、報道によると、東京都の場合、「女性はこれまで過去最多だった前回の336人を10人上回った。中央、港、文京、目黒、世田谷、杉並、豊島、武蔵野、国立、狛江、清瀬、多摩の各区市議会では女性の割合が3割を超えた」という。

個人的には、今回の選挙は延期すべきだったと思う。すべての国民の目が大震災・原発事故にそそがれているこの時期に、選挙をするのは愚の骨頂だ、と怒っていた。現職有利なのは当然で、無投票当選の選挙区も多かったはずだ。


■2011女性と政治キャンペーン「さらば黒い議会」http://jyoseitoseiji.jugem.jp/
■全国フェミニスト議員連盟http://www.afer.jp/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-27 01:25 | その他

日弁連は、4月22日、文部科学省に対して、会長名で声明を出した。

福島県の教育現場について、「専門的機関による適切なモニタリング」、と「速やかな結果の開示」を行うことや、「子どもについてはより低い基準値を定める」「近隣の学校への受け入れ、スクールバス等による通学手段の確保」「差別を受けないような体制整備」などを、求めている。

年間1mSvという一般の被ばく基準量を最大20倍まで許すことになる、政府の考え方を厳しく批判した。

全文はこちら
日弁連会長声明集 Subject:2011-4-22
「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」に関する会長声明
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/110422_2.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-23 12:54 | 紛争・大災害

グレテ・ワイツ国葬に

ノルウェーの首相は、ツィッタ―で、「政府は、グレテ・ワイツを国葬にすると決定した」と伝えた。

国葬は、首相など、国会の偉大な人物に対して行われる公式の葬儀だ。一方、グレテ・ワイツは、ごく近親者のみの葬儀にしてほしいという希望だったという。そこで、たとえ国税で執行される国葬であっても、彼女の遺言にそってごくプライベートなものになるだろうとされている。

イエンス・ストルテンベルグ首相は、記者会見でこう語る。
「グレテ・ワイツはロール・モデルだった。彼女は自分自身の地位を使って、スポーツと健康の発展のために尽くした1人である。彼女の偉業は、国内だけでなく国際的にも大きく広がった。そして、彼女こそ、女性アスリートたちにたちはだかっていた厚い壁を打ち砕いたパイオニアである」

これ以前に、首相は、グレテ・ワイツの訃報に接して、「彼女は、世界中のひとたちにインスピレーションを与えた人物だった」と賛辞を述べていた。

1人の女性マラソン・ランナーを国葬にするという前例のない政治決断をしたノルウェーに、心から敬意を表する。

http://www.nrk.no/sport/friidrett/1.7603944
http://www.tv2sporten.no/ovrig/statsminister-jens-stoltenberg-waitz-var-en-inspirasjon-for-alle-3474029.html


■女子マラソンのパイオニア、グレテ・ワイツ死亡
http://frihet.exblog.jp/16219647/

■「ノルウェーが幸運なのはノルウェー女性がいるからだ」―首相
http://frihet.exblog.jp/15706931/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-21 23:28 | ノルウェー

c0166264_3515398.jpg4月19日(火)、ノルウェーのグレテ・ワイツGrete Waitzがオスロの病院で亡くなった。女子マラソンのパイオニアだった。グレーテ・ワイツとも訳される。

1980年代、ノルウェーを初めて訪問した私は、あらゆる分野で女性が活躍していることに目をみはった。その時、「ノルウェー女性の不屈の精神には、スポーツの貢献が大きい。マラソンのグレテ・ワイツ選手は見本です」というようなことを言う人がいた。以来、彼女の名が刻み込まれた。

今でこそ、世界一、二の女子マラソンランナーが日本に輩出しているが、体力的に女性のフルマラソンは無理だとされていた頃の話だ。

グレテ・ワイツは、1978年以来、ニューヨークシティマラソン大会で9回優勝している。1978年、1979年、1980年の同大会では、世界最高記録による3連覇を達成した。とくに1979年、彼女は2時間30分を突破した。女性で初めての記録だった。男性優勝者の記録が70年代まで2時間30分台だったことを考えると、女子マラソン史を変える偉業だった。

しかし、それでも当時、オリンピックは女子マラソンを禁止していた。

c0166264_4192326.jpgグレテ・ワイツは、ノルウェーで女性だけのマラソン大会をスタートさせ、女性のマラソン人口を飛躍的に広げた。1990年、2度目のノルウェー訪問で見た白夜マラソンのポスターは、彼女だった(左の写真)。

グレテは、ニューヨークシティマラソンへの参加を続け、1982年から1989年まで6回優勝を成し遂げた。彼女の努力のかいもあって、やっと1984年、女子マラソンを排斥していたオリンピックの壁が打ち砕かれた。その1984年オリンピックで、グレテは銀メダルをとった。

スポーツはみんなのもの、という彼女の精神は、女性のスポーツ参加を推し進めた。それだけではない。彼女は、病を患っている人をも勇気づけた。とくに1992年のニューヨークシティマラソンで、彼女は、脳癌を患っていたフレッド・リーボウFred Lebowを励ましながら同走し、完走した。その日は、彼の60歳の誕生日! ニューヨーク中が湧いた。

グレテは、2005年6月、自らが癌であることを公表した。以来、癌との闘いが続いた。2011年4月19日、オスロの病室で夫ジャック・ワルツに看取られて静かに息をひきとったという。57歳。


http://www.nrk.no/multimedia/1.7601989
http://www.nytimes.com/1992/11/02/sports/new-york-city-marathon-sports-times-fred-grete-win-all-new-york-city.html?src=pm
http://www.nytimes.com/2011/04/20/sports/othersports/20waitz.html

■関連記事
オリンピックに、女性スキージャンプ競技加わる!
http://frihet.exblog.jp/16159114/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-21 03:47 | ノルウェー

自衛官、原発怖くてパニック・逃走…懲戒免職
 
ニュース(4月20日 08時34分 提供元:読売新聞)によると、自衛官が自衛隊車両などを盗んで、逃走した。

そこまでは「へー」という程度だ。しかし彼はどこに派遣されていたかを知ると「なるほど無理もないなぁ」となる。

彼がいた場所は、福島県郡山駐屯地。福島第一原発への対処のためだという。

この自衛官は、前床(まえとこ)祥一郎3等陸曹(32歳)。彼の所属は、陸上自衛隊練馬駐屯地(東京都練馬区)第1特殊武器防護隊。

同駐屯地によると、前床3曹は、3月13日に郡山駐屯地に派遣された。翌14日夜に自衛隊のトラックで逃走。別の乗用車を盗んで逃走を続けた。

前床容疑者は、3月19日夕、自分で防護隊に連絡し、JR池袋駅(東京都豊島区)近くで保護され、翌日に逮捕された。同駐屯地は3月19日、逮捕、前床(まえとこ)祥一郎3等陸曹を懲戒免職にしたと発表。

前床陸曹は、「原発事故への恐怖心でパニックになり逃走した」と供述しているという。人間的な前床陸曹に、深い同情を覚えるのは、私だけではないはず・・・。

このニュースが私たちに届くまで1か月間もかかっている。それが、また驚きだ。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-20 09:07 | 紛争・大災害