神永礼子書評(AFER 2010.8.15)

[画像にマウスを置いてクリックするとサイズが大きくなります]
AFERは全国フェミニスト議員連盟のニュースレター。

ノルウェー女性情報満載。
読んでみたい方は 『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-30 13:36 | ノルウェー

c0166264_2144849.gif


■■NWECフォーラム 女性議員をふやして政治を変えよう! 「進めよう! クオータ制!」■■
 
日本の政党は、女性議員が極端に少ない実態をどう思っているのでしょう。世界で100カ国で導入されている女性議員を増やすための秘策クオータ制の予定は? 政党に直接聞いてみたその仰天結果を発表します。

さらにフランスのパリテ、ノルウェーのクオータ、そして世界は?

とき:2010年8月29日(日)午前9時半~
場所:NWEC(国立女性教育会館)
http://www.nwec.jp/jp/program/invite/2010/page07i.html
主催:全国フェミニスト議員連盟 増やせ女性議員、なくせ女性ゼロ議会キャンペーンチーム

詳しくはチラシを http://fightback.fem.jp/flyer-10_8_29.html
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-27 21:13 | その他

c0166264_12103412.jpg

8月25日のアフテンポステン紙によると、ノルウェーの女性パネルKvinnepaneletは、「現状の年金制度のままだと子育てをした女性が離婚したら、損をするのは女性なので、改正せよ」という提案を平等・社会インクルージョン省に提出した。大臣は、男性のアウドゥン・リースバッケン(左)。

女性パネルは、平等・社会インクリュージョン(前子ども家族)省大臣が創設した公的審議会。目的は、大臣によると、「女性の賃金は、15%も男性より低い実情がある。そうしたまだ残る性差別を改善するために」女性の声をまとめて政策に反映させること。今年1月からスタートし、夏までの半年で報告書を出すことになっていた。

女性パネルは、女性のみ31人の委員で構成されている(ノルウェーの公的機関は男女が40%から60%占めなければならないが、差別解消のための暫定的特別措置は例外となる)。委員の選出は、職業、活動分野、住所、民族、年齢などに偏らないことが重要な基準となる。その結果、実に多様な女性が選出されている。

職業・肩書きを見ると、「こういうところに女性がついているのか」と、驚かされる。一方、どれもこれも大学教授などに偏っていると批判されている日本の審議会と違って、いろんな職業の人、運動家の人・・・。少しは見習うべきだ。

女性パネル委員名(職業・肩書、住所)は以下のとおり。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-26 12:11 | ノルウェー

最新のIDEA報道によれば、ポーランドで、2010年2月、国会地方議会すべての議員候補者の数は、男女が同数の数でなければならないとするクオータ制法案が審議された。

この法案が国会に上程されることになったのは、国民15万人の署名が発端だという。

法に違反した場合、その政党の候補者名簿を受け付けないとされている。2万人以上のすべての地方自治体も含むという包括的なもので、注目される。

http://www.quotaproject.org/uid/countryview.cfm?country=179
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-26 01:54 | ヨーロッパ

IDEAの最新報道によると、コスタリカは、2009年9月の法律で、2010年からのすべての選挙において、政党候補者名簿(リスト)の40%は女性でなければならないとなった。さらに、リストは男女交互にならべると明記された。

これを守らない政党は、選挙管理委員会から候補者リストを受け付けてもらえない。ごく単純な罰則だが、わかりやすくていい。

http://www.quotaproject.org/uid/countryview.cfm?country=54
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-26 01:36 | 中南米

報道によると、「Mariamマリアム(英語のマリー)」と名づけられた船が、レバノンを出てイスラエル占領下のガザに向かった。イスラエル軍の攻撃によって傷ついたガザ住民に対する医療・看護・救助が目的の人道的支援団。乗組員は医師、弁護士、アメリカの修道女など全員女性。

8月22日(日)、「合法的条件が整っていない」と、レバノンのトリポリ通過を阻止され、現在、航行続行延期を余儀なくされている模様。ギリシャやトルコと交渉中であるとされる。

一方、イスラエルの国連大使ガブリエラ・シャレフは、このような行動は紛争・緊張を増幅させるだけであると、レバノンはじめ各国政府に警告をした。

http://www.guardian.co.uk/world/2010/aug/06/gaza-aid-flotilla-lebanon-women
http://www.jpost.com/International/Article.aspx?ID=185488
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-11037247
http://www.dailystar.com.lb/article.asp?edition_id=1&categ_id=1&article_id=118484#axzz0xPZ6724S
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-23 16:51 | 中東

豪、ギラード首相の続投

オーストラリア下院選挙が終わった。初の女性首相ジュリア・ギラード率いる労働党が辛勝した。

アボット党首率いる自由党と表を二分し、労働党の少数与党政権となる。どちらの党も、150議席の過半数76議席を獲得できなかった。70年の歴史上初めてだという。もうひとつ初めてなのは、グリーン党が国会に議席を持ったことだ。同党は、同性結婚など人権問題を政策に掲げる。

時事ドットコムによると、オーストラリアでは投票は義務。有権者は日本より2歳若い18歳以上。有権者は正当な理由なく棄権すると、20豪ドル(約1500円)以上の罰金が科せられる。

今回行われた下院は、小選挙区制。有権者が各候補者の優先順位を数字で記入するというもの。候補者名を書く日本方式とは異なる。これを特殊な方式で各候補者に配分して当選者を決定する。一方、上院は州単位の大選挙区比例代表制で、政党または候補者を選んで投票する。


http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-11050525
http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/article3778376.ece
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-23 00:15 | アジア・アフリカ

フランス社会党は、汚職ハンターで世界的に有名なエヴァ・ジョリーをサルコジ大統領に対立候補とする意向を固めたと伝えられている。選挙は2012年。

エヴァ・ジョリーは、フランスとノルウェー両国に市民権を持つ弁護士で現在EU議会議員。フランスのエルフ石油会社やリヨネーズ・クレディットの国際的汚職の捜査に手腕を発揮した女性だ。

8月19日、彼女は、フランス政府がロマ人(ジプシー)の強制国外追放を実行したサルコジ大統領に対して、「ファシストだ。政府による差別であり、挑発だ」と激しい批判をした。

http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7258709
http://frihet.exblog.jp/11112560
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7254878
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-22 08:57 | ヨーロッパ

インドネシアのジャカルタで、東京や大阪のような女性専用電車がスタートした。ロイターやBBCの報道によると、頻繁に発生する女性へのセクシャルハラスメントを少なくするためだという。

ジャカルタとボーゴール間の急行のみで、車両はピンク。成功するとさらに車両を増やす予定だ。「女性利用者が快適・安全に乗っていただくため、サービスの向上をはかった」と鉄道関係者は語る

一方、22歳の女学生は、「セクシャルハラスメントをなくすためには、もっとこの問題への関心を高めることが大事だ」と語る。犯罪学者も「男女隔離電車など無意味だ。セクシャルハラスメントは、女性を人間として尊重しない限り起きる、そして、女性が叫び声をあげ被害を報告しない限り減ることはない」と批判する。

日本で始まったかに見える女性専用車両。セクハラ対策の一時的即効薬としてはいいかもしれない。しかし日本社会全体でセクハラは減っただろうか。女性を性の対象として見、このぐらいのことを女性にはやったってどおってことはないと思う男性が減らない限り、根絶はありえない。電車の専用車両は、対処療法にすぎない。

http://af.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idAFTRE67J07J20100820
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-11028078
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-21 00:30 | アジア・アフリカ

アイスランドで女のスト

2010年10月25日、アイスランドの女たちがゼネストを企画している。女性への暴力・虐待への抗議が目的だ。主催はスコトゥールSkottur。アイスランドの女性の伝統的な帽子のこと。この名の下、右から左まで大勢の女性グループが結集する。

http://kvennafri.is/en/women-strike-back
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-19 01:12 | 北欧