<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ノルウェーのアフテンポステン紙によると、アフガニスタンの男性は、女性に代わって選挙に投票しているという。アフテンポステン紙の記事を、簡単に紹介する。

アフガニスタンの女性は、頭からすっぽりと体全体を覆う「ブルカ」をまとっている。ブルカをまとっていると、女性か男性かを判断することはほとんど不可能だという。中には、1人の男性が35人の女性に代わって投票していたり、わずか200人の村にも関わらず250人の女性が投票した事実もあるという。

アフガニスタンにおいて、女性に代わって男性が投票することは、伝統的に当たり前のように行われてきた。女性は、男性がショットガンをつきつけて威嚇するため、女性自身で行動することに恐怖を覚えているという。親類の女性たちの票をたくさん持った男性たちがいたことも、国連は報告している。

国連女性基金と連携したグループで働くテレサ・デランギスさんは、こう語る。
「女性は操作されているが、それを認めざるをえないのです。女性は、ある特定の候補に投票するように言われ、その通り投票したり、または、女性の代わりに男性が投票するのです」

c0166264_23495485.jpgまた、ブルカを着ているため、よく判別がつかないことから、1人の女性が2回投票することもある。さらに、カードに女性の顔写真がなくてもいいため、選挙登録していない女性が、登録した女性のカードを持参して投票する場合もある。

男女で投票所が違うので、女性用投票所には、女性選挙管理職員を充てる必要がある。男性がいると、多くの女性は投票に行くことを躊躇するからだ。しかし、女性は非常に少ない。女性を増やすには、低い識字率を変えなくてはならない。選挙管理の仕事は、字が読めない人には、絶対に不可能だからだ。

それに女性用投票所の位置も問題となっている。女性用投票所は、男性用の裏にあることが多く、大勢の男性のまえを通り過ぎていかなくてはならない。それが投票に行く多くの女性の障害となっている。

女性が自分自身で投票に行きたくても、外に出て、投票に行くことに反対する家族も多い。

アフガニスタンは、全土が内戦状態に巻き込まれているに等しい。そんなアフガニスタンを思うと、選挙で国の指導者を選ぶということ自体、再建への第1歩だろう。しかし、である。この女性の惨状を見過ごしにはできまい。女性の人権に関しては、まずは女性の識字率を向上させるなど、強力で並々ならぬ特別施策が必要だと思う。

●アフテンポステン(上の写真は同紙より)
http://www.aftenposten.no/nyheter/uriks/article3349067.ece
●Associated Press
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jsXjwwXo-ChThgRtKWG-5sAB7NUQD9BLIM3G0
●アフガニスタンの現状(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/afghanistan/genjo.html
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-31 22:47 | アジア・アフリカ

8月にあったアフガニスタンの大統領選挙に不正が見つかり、11月7日に決選投票が実施される。「やっぱり不正か」と、メディアから流れるアフガニスタンの後進性のみがわが脳裏に残る。ろくに、本当の事情も知らないのに・・・、そう思ってしまう自分が情けない。

そんな時、ブログ「ヤカオランの春」に、こんな記事を見つけた。なるほどと思った。

【「どうせ、誰がなっても・・・」という声はかなりあるようだ。でもここで民主主義をめざすことをあきらめないでほしいと思う。「どうせ」だから「選挙なんていらない」とすると、誰がどうやって、国の指導者を選ぶのか。結局軍事力で、戦争で勝った人が指導者にということになってしまうから。

民主主義が根付くのには、時間がかかる。数年でうまくいかないから、ダメだとあきらめてしまうのは早すぎる。少なくとも、50年ぐらいはかかると思って、粘り強く取り組むべきだと思う。

思えば、日本だってそうだったではないか。「どうせ、誰がなっても・・・」で投票率は低く、ずっと自民党が勝ち続けてきた。しかし、戦後60年すぎて、ようやく、政権交代が実現したのであった。】


アフガニスタン問題に詳しい映画監督・川崎けい子さんとその仕事については
■ブログhttp://blog.livedoor.jp/imran/
■ホームページhttp://www007.upp.so-net.ne.jp/movie/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-31 21:42 | アジア・アフリカ

イタリア女性、約10万人が、「首相は女性を侮辱した」という怒りの署名にサインをした。3週間前、TV番組で、ベルスコーニ首相が左派の政治家ロージィ・ビンディを、「あなたは賢いとはいえないが美しい」などと侮辱したことに端を発したもの。

これまで、何度も女性に対して侮蔑的発言を繰り返し、そのたびに抗議されてきたが、首相の姿勢に変化はなかった。こうしたバックラッシュ発言に対して、イタリア女性のたまりたまった怒りが爆発した。新しいフェミニズム運動に発展しそうな激しい勢いだと伝えられている。

ロージィ・ビンディは民主党の国会議員で、昨年まで家族大臣。件のTV番組は、Porta a Porta(ドアからドアへという意味だと思う)。首相の女性蔑視発言に、彼女は「首相、私はあなたの言いなりになる人間ではない」と応酬したという。

http://blog.panorama.it/italia/2009/10/08/piu-bella-che-intelligente-berlusconi-contro-la-bindi-e-diventa-un-caso/
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/8317397.stm
http://www.reuters.com/article/newsOne/idUSTRE59J3F520091020?pageNumber=1&virtualBrandChannel=10522
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-29 01:15 | ヨーロッパ

男女平等世界トップテン

2009年の男女平等世界トップ10は、以下のとおり。驚くべきは、昨年22位だった南アフリカが6位に急上昇したことだ。日本は75位。

スイスに本部を置く世界経済フォーラムが、134カ国を調査した。これによって、男女格差をなくすために1年間、どの国が努力したか、しなかったかがわかる。調査の英語名はGlobal Gender Gap report 2009.

1  アイスランド
2  フィンランド
3  ノルウェー
4  スウェーデン
5  ニュージーランド
6  南アフリカ
7  デンマーク
8  アイルランド
9  フィリピン
10 レソト

c0166264_13143850.jpg


出典http://www.weforum.org/en/media/Latest%20Press%20Releases/PR_GGG09
過去のデータはこちら
http://frihet.exblog.jp/10122349/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-28 13:21 | その他

イギリスの「ガーディアン」紙が、衆議院に当選した女性たちについてレポートしている。とくに、“小沢ガールズ”(と使ったのは誰かわからないが失礼な呼び方だ)の一人、福田えり子さんのガッツを詳しく紹介している。

女性議員は、衆議院のわずか10%。いろいろ女性政策推進をしたくても、実行には政党の縛りをはじめ、あれやこれや障害が立ちはだかっているに違いない。応援しているよ、がんばってね!
http://www.guardian.co.uk/world/2009/oct/25/eriko-fukuda-japan-women-politics

関連記事
■女性当選者過去最多でも議員率は世界の下位
―民主党の「比例区定数削減」策では小政党、女性候補は不利に
http://janjan.voicejapan.org/government/0909/0909019596/1.php
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-27 22:48 | その他

c0166264_10182197.jpg

ストルテンベルグ内閣の人事が10月20日に発表された。内閣は女性10人、男性10人。ちょうど男女半々で性による偏りがない。年齢は32歳から66歳と幅広い。全国から入閣し、すべての地方の代表の声が反映される人事となった。

党派構成は、労働党12人、左派社会党4人、中央党4人。労働党党首ストルテンベルグは首相、左派社会党党首ハルヴォシェンは教育大臣、中央党党首ナーヴァルセーテは、自治・地方開発大臣に就任した。

9月14日の国政選挙終了後、1ヶ月以上の話し合いを経ての人事決定だった。

■組閣に関してもっと知るには
http://www.norway.or.jp/news_events/news/ministers2009/
■選挙に関してもっと知るには
http://www.norway.or.jp/news_events/news/election_report1/
■アフテンポステン記事
http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/politikk/article3328915.ece
http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/politikk/article3329440.ece
■ノルウェー内閣における性別数の推移(1945年~)http://www.regjeringen.no/en/the-government/previous-governments/the-structure-of-the-registry/ministries-and-offices/offices/men-and-women-in-norwegian-governments-s.html?id=586906
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-23 13:38 | ノルウェー

10月20日、最高裁から女性労働に関する重要な決定があった。いわゆる「兼松裁判」。総合商社「兼松」の女性社員6人が、仕事は男性と同じなのに女性だからと差別賃金を受けたとして、男性との差額賃金支払いを求めていた。女性たちは、「一般職」と「事務職」とのコース別人事ゆえの賃金差だとされ、賃金を低く抑えられていた。訴訟で求めた女性差別ゆえの差額賃金は3億8400万円余。

最高裁の第3小法廷(那須弘平裁判長)は、原告・被告双方の上告を棄却する決定をした。つまり、控訴審の高裁判決が確定したことになる。

「職務や転勤範囲が違うコース別賃金制度は、労基法違反」としたのは、控訴審の東京高裁。原告6人のうち4人が違法性を認められ、その4人に対して、兼松側に計約7250万円の支払いを命じた。東京地裁は「賃金差は、公序良俗に反するとまでいえない」などとして原告の敗訴だった。しかし東京高裁は、6人中4人への差別を認めたため、原告の「逆転勝訴」だった。今回、その高裁判決が確定した。

この最高裁決定は、日本における男女同一価値労働同一賃金への道を拓くものだと思う。6人中2人が認められなかったのはかえすがえすも無念だが・・・。

関連サイト
http://www.labornetjp.org/news/2008/1222825708271staff01
http://chako20.exblog.jp/6664296/
http://chako20.exblog.jp/11876567/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-21 21:14 | その他

妊娠中絶の禁止は、望まない妊娠の減少にはつながっていない。それどころか、妊娠中絶が合法となっていない国の女性たちは、安全面や衛生面で問題のある中絶をすることになる。自らの命と引き換えに。調査によると、世界中で、毎年7万人の女性が、非合法の妊娠中絶が主原因で死亡している。

このデータは、先ごろGuttmacher研究所が公表した世界197カ国の精密な調査。「Abortion Worldwide:A Decade of Uneven Progress」と題されている。BBCが報道した。

日本でも中高生の妊娠中絶が減っていないという情報がある。安全な妊娠中絶サービスや、若い男女への性教育や家族計画の必要性を、あらためて思う。

http://www.guttmacher.org/
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/8305217.stm
http://www.guttmacher.org/pubs/AWWfullreport.pdf
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-20 11:18 | その他

c0166264_1493843.jpg
 
最近の調査によると、オバマ大統領よりも、クリントン国務長官の人気が高い。しかし、レポーターによれば、この調査は、オバマ大統領のノーベル賞受賞ニュース前なので、その後に調査したら、また逆転するかもしれないという。

続きはhttp://www.politico.com/blogs/laurarozen/1009/Clintons_popularity.html

BBCもクリントン特集記事を掲載した。国のトップとの公式日程だけだったライス国務長官と異なり、クリントン長官は、どこの国に出向いても、学生、女性運動家、人権活動家などとの話し合いを日程に含めているとしている。最近は、ダブリンやベルファストで、パブに飛び込みビールを飲み交わした。ライスもクリントンも女性の国務長官だが、クリントン方式こそ、“女性の外交”といえるのではないだろうか。

続きはhttp://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/8312913.stm
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-20 02:14 | USA

FOKUSは、10月15日、ノルウェー政府の来年度予算を強く批判した。

FOKUSは、開発途上国の女性運動を支援するノルウェー女性団体。オスロに事務所があるNGOで、活発に活動している。スタッフも数多くおり、公的支援も受けている。

FOKUSによると、来年度の開発援助予算のわずか1%しか、女性と男女平等に直接に使われない。開発援助予算は274億クローネ。2009年度より12億クローネの増額である。しかし、女性には、3億クローネしかなく、1%でしかない。最も目だった項目は、犯罪対策と難民対策である。

ノルウェーは、女性中心の開発援助として知られている国であり、FOKUSのような団体の活動にもっと予算を増やすべきだと、主張している。

出典http://www.fokuskvinner.no/8023

関連記事http://frihet.exblog.jp/12661836/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-19 14:30 | ノルウェー