c0166264_17414837.jpgノルウェー・サーメ人の映画「カウトケイノの叛逆」を観た。

今から150年ほど前、スカンジナビア半島の北端に暮らしていたサーメ人が権力に抵抗し、処刑された実話を基にしている。

主人公は、サーメ女性エレン。時は19世紀半ば。何世紀もの間、厳しい自然とトナカイと共存しながら暮らしてきたカウトケイノの地にも時代の波が押し寄せてきた。酒場で酒を飲む習慣を身につけたサーメの男たちは、酒場にたむろする。つけで酒を飲み、不当な利子をつけられ借金で首が回らなくなる。長く寒い冬、果てしない力仕事、貧困、アルコール中毒、酒にからんだ暴力…。

エレンは、近隣の土地の教会で、酒の害毒について話す牧師の説教を聞く。牧師の話に感銘したエレンは、村人たちにその説教を説いて回る。

しだいに村人たちはエレンの話に共感を覚え、酒場に近寄らなくなる。酒場には閑古鳥が鳴く。酒場の主人は有力者たちと手を組んで画策し事態の収拾にかかる。事態の収拾とは? 酒の害を説いて回っているエレンに説教をやめさせることだ。

酒場の主人は、それまでカウトケイノにはなかった教会を設立し、自分たちの声を代弁させる牧師を連れてくる。

新人牧師は、今やどんどん参加者が増えているエレンの集まりの禁止にかかる。集まりに突如侵入する牧師。「出て行ってください」と言うエレンの母親。牧師は母親を殴る。暴力をふるった牧師に不満を述べたエレンの夫やその仲間たちは、逆に、牧師を侮辱したとして連行され、トロムソの刑務所に監禁される。

夫がいなくなり、千頭にのぼるトナカイの群れの管理・飼育が、エレンとその母親だけに残される。途方にくれるエレン。自力でやるしかない。囲いを破って出て行ってしまった何百頭ものトナカイを狙って、雪原の向こうから狼が牙をむき出して駆けてくる。大雪原で、エレンはたった一人、こん棒を片手に「オーッ」と叫びながら仁王立ちになって、狼たちに立ち向かう。

監禁されている男たちの真実を明らかにするため裁判をしてほしいという願いは実現する。しかし、村人たちの願いとは逆に男たちは実刑を言い渡される。その上、エレン自身も、牧師に面と向かって「悪魔だ」と悪態をついた罪で17年間の強制労働送りとなる。しかも、エレンの家のほとんどのトナカイが罰金と裁判費用の支払いのため殺戮されることが決まる。

トナカイはサーメ人にとって命そのもの。ついに村人たちの怒りは爆発。集まって、酒場に決闘に出かける。乱闘となり、酒場の主人たちは彼らに殺害される。関わったサーメ人全員が逮捕される。うち2人のサーメ男性は殺人罪で、大勢の村人の目の前で首を切られる。

ノルウェー政府とキリスト教教会が、この事件の不正を認め公に謝罪したのは、150年後、1997年のことだった――最後にスクリーンに写し出されたこの言葉に、作者の強い怒りが表れている。

映画を製作したニルス・ガウプ監督は、エレンの子孫にあたる。10年間の構想の末、着手。2008年に初公開。北欧で評判となった。しかしノルウェー政府、キリスト教、裁判所など巨大権力に対する抵抗がテーマであり、非難もあがったという。

ガウプ監督の作品はアカデミー賞にノミネイトされた著名な映画監督。映画の英語名はKautokeino Rebellion。ノルウェー語の原題はKautokeino-opproret。音楽はマリ・ボイネ。

果てしなく広がる真っ白な雪原を、何千頭ものトナカイの群れがダーッと嵐のように走るシーン、自然と動物のダイナミズム、美しく悲しく時に力強いテーマ音楽…。ノルウェー映画史上最も潤沢に資金を使った作品のひとつだという。ノルウェー政府はじめ、デンマークやスウェーデン政府からも資金が拠出された。重いテーマを娯楽映画にするのは簡単ではない。公的支援が不可欠だ。北海道のアイヌの人たちに対して、政府はどのような支援をしてきたのだろうか、と、わが日本の政策を考えてしまう。

さて、この9月、ノルウェーでは国政選挙の投票がある。ノルウェーには通常の国会とは別に、サーメ国会があり、サーメ文化の継承と発展に寄与している。ノルウェー全土の13選挙区から国会議員が選ばれる。選挙の方法は、非サーメ人の方法と同じ比例代表制。18歳から選挙権があり、各政党の候補者リストは男女交互に並ぶ。その結果、サーメ国会も4割近くが女性議員で占められ、2005年には過半数が女性議員となった。サーメ国会にかかる費用はノルウェー政府が負担している。

http://www.nfi.no/english/norwegianfilms/show.html?id=699
http://eng.kilden.forskningsradet.no/c52778/nyhet/vis.html?tid=52948
http://www.ssb.no/english/subjects/00/01/10/sametingsvalg_en/

photo http://www.nfi.no/english/norwegianfilms/show.html?id=699
[PR]
by bekokuma321 | 2009-07-26 01:01 | ノルウェー

女たちに投票せよ

c0166264_8504346.jpg
「女たちに投票せよ」キャンペーン時のチラシ


c0166264_8502263.jpg
山小屋シエテのベッド横の壁に、黒のフレームをつけて掲げられている


c0166264_2582071.jpg
この土地のシエテ料理が並ぶテーブル


c0166264_9151768.jpg
屋根の上に草花が植えられているシエテ。


c0166264_9155872.jpg
グレーテのシエテに行く道標。後方右奥が、シエテ


c0166264_3285674.jpg
のっそりのっそり牛の群れが何十頭も道路に。なかなか車を走らせられない・・・

ノルウェー女性は、今やその政治進出で世界一、二を争う。しかし、60年代、女性議員はわずか10%だった。現在の日本と同じだ。ノルウェーの女たちは、それでは社会がよくなるはずがないと考えた。そこで議会に女性を増やすために立ち上がった。60年代末から80年代にかけて、国中で、女性を当選させる運動を仕掛け、闘った。

その時代の貴重な証しを、おととい見つけた。ノルウェーの山間部ヘッドマーク県トルガ市にある、グレーテ・ブッティングスルッドという女性の山小屋に掲げられていた(1番上の写真)。「女たちに投票せよStem på kvinner! 」と書いてある。投票日は9月12日だとわかる。怒りのメスマークをもっているのは魔女だ。

グレーテはブディエBudeie(牛飼い、3番目の写真の左の女性)と呼ばれる職業についている。

ここで、ノルウェー語についてちょっと。

ブディエBudeieとは、牛を放牧・飼育しミルクを搾る人を指す。古来から女性にしかできない仕事といわれていた。Budeieというノルウェー語は、“乳搾りの女性”と訳せると思う。ジェンダーの垣根を越えようとしている現在、議論となる表現ではある。山小屋をシエテseterと言い、その牛飼いと家族が住む牛飼い小屋を指す。丸太で作った素朴な小屋で、夏期に牛を山に放牧し、小屋まで戻し入れ、牛乳を搾る仕事のための住まいとなる。牛から全幅の信頼を得ているブディエは、ノルウェーでは昔から社会的地位が高かったという。

グレーテは、ヘッドマーク県トルガ市のKvannbergetという地区でブディエをしていて、シエテを持っている。

そのシエテに、友人と私は立ち寄った。牛飼いの小屋と、馬草を保存する小屋、住まいとなる小屋が、別々に建てられていた。私たちが到着したとき、牛は山に放牧されていて牛小屋には1頭もいなかった。ブディエのグレーテが、住まい用の小屋に私たちを招きいれ、土地の伝統的お菓子をご馳走してくれた。møske, pjalt, gubb ……。

「女たちに投票せよ」は、シエテの台所の端にあるグレーテと夫のベッド横の壁に掲げられていた。「そろそろ失礼します」と、椅子から立ち上がって、ベッドの方に目を移したら、そこに投票箱する女性が描かれた額があった。

「女たちに投票せよStem på kvinner! 」。私が知っているノルウェー語だった。私は、この運動のリーダーだったベリット・オース(左派社会党初代党首)は、かつて私に「ノルウェー中の女たちが、議会に女性を増やすため党派を超えて団結し、闘った」ことを教えてくれた。候補者のリストの上位に並んでいる男性名を線で消す、「男を消せ!」運動である。この運動は、ノルウェーの政治史を変えたともいえる成果を上げた。

「女たちに投票せよ」チラシに関心を示した私に向かって、グレーテは「このチラシは、フレームをつけて1980年代から、ここに飾っているんですよ」と言った。すると、それまで余り口を開かなかった夫のラーシュが私に向かって「私の母親はフェミニスト運動をした人です。ベリット・オースをよく知ってますよ」と続けた。

チラシをフレームに入れて、ベッドの横に掲げたのは牛飼い・グレーテだろうか、60年代に女性解放運動のリーダーだった母親を持つ夫ラースだろうか・・・。

ノルウェーを変えた女たちのクーデターは、人口1500人ほどの小さな市トルガでも起きていたのである。


■60~80年代の「女たちに投票せよ』運動については
『男を消せ! ノルウェーを変えた女のクーデター』(毎日新聞社)

■グレーテが働くシエテseterについては(伝統料理とミルク絞りなどを体験するアグリツアーを起業)
http://www.simashaugen.no/

■シエテの現状については
http://www.aftenposten.no/english/local/article1994970.ece

■ブディエの現状については
http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/ostafjells/telemark/1.6246736

■ベリット・オースについては
http://frihet.exblog.jp/11292292
[PR]
by bekokuma321 | 2009-07-20 09:30 | ノルウェー


c0166264_358134.jpg



c0166264_74444.jpg



c0166264_75164.jpg



c0166264_754657.jpg



c0166264_762388.jpg


7月18日、「魔女たちの夜」を見に行ってきた。ノルウェーの農村トルガ市で行われたこのパフォーマンスに、私は、女たちの力と、地方の力を感じた。

聖オラフの死んだ日とされる7月29日の前の何日間かは、ノルウェーの夏祭りシーズン。野外劇、音楽会など多彩な催しがある。このトルガのハイライトは野外パフォーマンス「魔女たちの夜」だ。

上演時間は夜10時半から12時半まで。場所は、オスロの北東部エステルダーレン地方にある深い森の中。人口1600人ほどの小さな町トルガに、国内はもちろんスウェーデンやデンマークなど国境を越えて、老若男女350人が集った。

友人の車で開演2時間前に森に通じる山道までたどり着いた。「深夜の山は冷えるから、ウールの下着を着てね。その上にセーターを着て、ジャンバーを羽織って、毛布もいるかも」と、友人が忠告した。

私は車を降りてから着替える所などないと思い、家を出るときにウールの下着を着込み、その上に薄いシャツを羽織っていた。日中の太陽の強さから車内は暑く、じっとり汗ばんでいる。

外の空気はすでにひんやりしている。車に積んできたウールのセーターを着て、その上に防水加工をした真冬のジャンバーを羽織った。私たちの車のそばに駐車した男性は、車から降りて、Tシャツを脱いで裸になり、車に積んであったウールのシャツに着替え、その上分厚いセーターを羽織った。さらにジーンズを脱いでスキー用ズボンに換えている。よく見ると、周囲はみな冬山登山のような格好をしているではないか。毛皮の帽子をかぶり、長靴に履き替えている人もいる。

私と友人は折りたたみ椅子や座布団を持って、いざ舞台のある地へ! 森の中をしばらく歩いた。木陰から、奇妙な声がする。木がざわざわ揺れ出した。「魔女の子どもたちの声よ」と、友人が言う。森にはいったとたん、演出が始まっているのだ。声のする方向をふりむいても誰もいない。

10分ほど森の中を歩いた。舞台とおぼしき場所に到着した。2時間も前なのに、50人以上はいた。草の上に思い思いに座っている。中には羊の足のバーベキューをほおばったり、コーヒーを飲んだり・・・。こういうときでないと会えない人もいるのか、抱き合って喜んでいたり、写真撮影をしたり、紹介しあったりと、山の上が社交場と化していた。

どんどん人がやってくる。80歳は超えていると思われる女性は杖をついてやってきた。息子だろうか、若い男性の手を借りながら、どっこいしょと座る老人もいる。雪だるまのように着膨れした小さな子どもたちも多い。

見る人のほうが、舞台となる自然にあわせているのだ。

夜10時ごろ、尻尾のある女性が私たちが座っていた場所の右方向から姿を現した。客席を回ってなにやら笑ったり、話したりしている。全体を回った後、前方に出、「携帯電話のにおいがする。あ~、においがする」と言って笑わせ、携帯電話をオフにさせた。

すると、木々がざわざわし、そこから、摩訶不思議な歌が聞こえてきた。そして、前方から、主役の魔女が現れ、歌い出した。

夜10時半だが、ノルウェーの夜はまだほんのり明るい。日が沈みかけた淡い色の空を背景に、深い森林が横たわっている。

歌あり、踊りあり、スキットあり・・・。この地方には鹿が多いが、その鹿をテーマにした歌やパフォーマンス。また、牛飼いの女性が牛を呼び寄せるときに歌う歌。ノルウェーに古くから伝わるたくさんの楽器を使った演奏。結婚、出産などの様式美の再現。ノルウェー語のよくわからない私でも十分楽しめる。何より、自然と芸術が溶け合っているさまに心打たれた。

終わったのは12時半。北欧の夏の夜は真っ暗ではないものの、背の高い木々に覆われた森の中は、足元が暗い。小さなこども、お年寄り・・・ゆっくりゆっくり、黙々と山を降りる。

c0166264_1165684.jpg主役の魔女に扮したのは芸術家のトーネ・フルバックモー(左の写真)。何回か、この森で、「魔女たちの夜」をしてきたという。

彼女は私にこういった。
「女性の力で、伝統的な夏祭りを、新鮮な芸術にしたてています」「魔女は自然を使いこなす力を持っていました。このパフォーマンスは、自然を畏怖することをモチーフにしています」
「パフォーマンスが終わったら、山、木、小道、丘、すべて元通りの自然に戻す。演ずることと同時に、自然をそのままにするということ、それが心髄なのです」

「魔女たちの夜」は、キャストからスタッフまで女性のパワー全開だった。そこに、女たちの力、そして地方の力を感じた。さらに私は、この底力を育てている公的財政支援、それを可能にしているノルウェーの政治を見た。


参考
http://olsokitolga.no/olsokavisa2009.pdf (「魔女たちの夜」は16ページ)
http://www.olsokitolga.no/html/huldrenatt.html
http://destinations.virginmedia.com/sisp/index.htm?fx=event&event_id=32732
[PR]
by bekokuma321 | 2009-07-20 08:21 | ノルウェー

オレア・クラーゲルという女性を知っている人は、ノルウェーでも多くないと思う。19世紀初め、農家に古くから伝わる歌を集めて、出版した女性だ。彼女のおかげで、その昔ノルウェーで歌われていたさまざまな民謡が、今に伝えられることとなった。

c0166264_1375925.jpg

私自身、オレア・クラーゲル Olea Crøgerについて知ったのはごくごく最近だ。しかも、偶然からだ。ノルウェーの観光名所のひとつ、スターヴ教会の見学に行かなかったら、彼女を永久に知ることはなかったかもしれない。

私が行ったのは、スターヴ教会の中で最も大きいといわれているテルマークのヘッダールスターヴ教会(Heddal Stavkirke)だ。オスロからバスで約3時間ぐらいだろうか。途中、寄り道したため正確な所要時間はわからないが、テルマークのヘッダールという地にある。独特な木造建築で知られている。ノルウェーについてのほとんどのガイドブックに写真が載っている。

教会のガイドツアーまで少し時間があった。そこで、私は門の外で時間をつぶしていた。すると、門の前方の木陰の下で、2人の女性が話し合っている銅像が目にはいった。そばに行ってみた。その銅像の横に簡単に書かれたノルウェー語によると、2人のうちの1人は、オレア・クラーゲルという人で、ノルウェー文化に偉大な業績を残した人だとわかった。そばにいた見物客、中には北欧人らしき人も、「この人は誰かしらね」と口々に言っていた。ほとんど知られていないのだろう。

教会見学の後、斜め前にあるレストランにはいった。地下のトイレに行った。トイレの横が小さな博物館となっていた。奥のスペースは、さきほど木陰で見たオレア・クラーゲルについてだった。「彼女の業績は社会に認められていないが、おそらく男性中心主義のためだろう」という解説があった。

c0166264_5454316.jpg

解説によると、オレア・クラーゲルは、テルマークのヘッダールに牧師の娘として、1801年に生まれた。小さな頃から音楽的才能にすぐれていたという。1832年から1855年まで教員をしていたというが、何を教えていたかは不明。歌を歌うことがとても好きで、農民が歌っていた歌を集めて、それを書きとめる仕事に、一生をささげた。

当時、新しく使われ出した楽器サーモディコンpsalmodicon(Salmodikon)との出会いも、プラスしたらしい。10㎝X70㎝ぐらいの横長の楽器で、方々に出かけていって歌を収集するには、もってこいの手軽さだ。解説を読みながら、さらに、彼女の仕事にプラスに作用したのは、父親の遺産を相続できたことではないかと思った。当時の出版事情はわからないが、自分の自由になる財産がなければ、このような「仕事」を続けられなかったと思う。

c0166264_1503871.jpg Jørgen Moe、Magnus Brostrup Landstadという男性2人が、この分野では著名な人らしい。オレア・クラーゲルの出版は、この人たちより以前のことだ、と解説されている。

世界には、文化伝承に貢献した女性たちは数多い。しかし男性文化の影にうずもれ、あえて意識的に発掘し顕彰しないと誰にも知られない。しかし、それにはお金も、根気も、世間の合意もいる。そういう女性たちに光をあてているノルウェーの姿勢に、とても好感が持てる。



▲写真上:オレア・クラーゲル。psalmodiconを膝に抱えている。木陰にスターブ教会が見える
▲写真中:オレア・クラーゲルが使っていたpsalmodicon。レストラン地下の小さな博物館にて
▲写真下:オレア・クラーゲルの履き古した革靴。同博物館にて

■楽器サーモディコンpsalmodicon(Salmodikon) については http://www.norway.org/News/archive/1998/199808psalmodikon.htm
http://www.mnfolkarts.org/musicstring/musicstring.html
[PR]
by bekokuma321 | 2009-07-16 01:55 | ノルウェー

今秋、国政選挙をひかえたノルウェーは、事前投票の期間を2か月半にする法改正を行い、7月1日から長い選挙戦に突入した。

2ヶ月半は、選挙運動期間と間違えてしまいそうだが、投票ができる期間である。これほど長期に事前投票を設けている国はほかにあるのだろうか。

c0166264_3112829.jpg

この思い切った改革は投票率を上げるのが最大の目的だが、背景には、もはや無視できない数に膨らんだ、しかし選挙に疎い「移民という名の新ノルウェー人」の存在がある。ノルウェーの全人口の1割は、移民「新ノルウェー人」で占めらている。首都オスロは、すでに5人に1人が、新ノルウェー人だ。オスロ市議会には、すでに10人以上の移民出身者が当選している。

ノルウェーには、男女平等を推進し監視する機関、「男女平等オンブッド」がある。女性の地位向上に、四半世紀以上、がんばってきた。今や、内閣の半分、国会・地方議会の約4割が女性となった。その男女平等オンブッドは、数年前から、少数民族の地位向上にものりだした。

写真は、オスロ市内の「のみの市」。出身国の異なる多様な民族の女たちが買い物をしている。

詳しくはJANJANを
■投票期間なんと2ヶ月半、ノルウェー国政選挙始まる
http://janjan.voicejapan.org/world/0907/0907106705/1.php

■参考サイト
http://www.bazar.deichman.no/
http://introengelsk.cappelendamm.no/
http://www.velkommenoslo.no/english/default.htm
[PR]
by bekokuma321 | 2009-07-13 14:41 | ノルウェー