オスロにウェルゲラン・センターが開館した。相互文化理解、人権、民主的市民権の総合資料センターである。ヨーロッパ評議会とノルウェー政府の協力によって設立され、主として教育によって民主主義的な文化と社会をめざす。政府から独立した機関であり、国際職員が英語を使用して職務をつかさどる。

オスロ大学にやどかりしていたが、ホロコースト・宗教的少数派研究センターの敷地に移り、5月28日、29日の両日、王妃や外務大臣などを招き、正式に開館した。

さて、センター名に冠されるウェルゲランとは、ヘンリック・ウェルゲラン(1808‐45)のことである。彼は、ロマン主義詩人であり歴史家。国民的詩人、時には「過激派詩人」とも称された。表現の自由と信仰の自由を熱く希求した。彼について毛利三弥教授は、こう紹介する。

「ノルウェーの国民的詩人。祖国の文化的自立をめざし破格の熱情と独創性を示した。《詩集第1集》(1829)の青春詩の中心には,半ば幻想的な理想の女性ステラの姿がある。代表作《創造・人間・救世主》(1830)は標題どおりの3部からなる壮大な劇詩。革命思想に染まり,伝統を重んじる詩人ウェルハーベンとの確執は有名である。1838年に牧師資格を得て〈人民の教師〉たらんとしたが拒否された。」

ウェルゲランの妹、カミラ・コレットの名を聞いたことがある人もいるだろう。文学の力で女性解放に大きな役割を果たした作家である。作家カミラ・コレットについては、「イプセンに影響を与えたフェミ二スト作家」(三井マリ子著『男を消せ!―ノルウェーを変えた女のクーデター』毎日新聞社)に詳しい。

http://www.theewc.org/
http://www.eu-norway.org/news/wergeland+centre.htm
http://www.ewcoslo2009.com/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-31 13:04 | ノルウェー

■ ノルウェー便り ■

『週間金曜日』掲載のノルウェー経済界についての記事(注1)を読みました。

良い取材が出来ていて、日本人の疑問に答える記事になっていて、三井マリ子さんのジャーナリストとしての才能に感心しています。民間企業の役員に女性を増やすという話については、初め、クオータ制を民間企業にまで導入とは、とんでもないことを決めたもんだな、と思っている人が、こちらでも多かったように思います。

ところが、どんどんと目標に近づかせていくこちらの政策決定の進め方に、驚くばかりです。日本にいたら、何でそうなるか、まったく理解ができないようなやり方です。

c0166264_18403956.jpgこういう男女平等のテーマになると、よく日本人が聞きたがるようなことがありますね。たとえば、男の恨みや、怒り、など。そういうようなことがこちらではあまり記事にならないのです。確かに逆差別だ、と感じている男性は結構いると思います。「経験や能力のある女性の数が実際少ないのだから、しかたがない」と感じていた男性たちも多いでしょう。

でもそんなこと、おおっぴらに言ったら、「今どきそんなことを言うのか、時代に乗り遅れている人」と烙印を押されてそうだから、本音を言わない人がかなりいるように思いますね。賢い男性は黙っているのです。同時にこちらの社会では多くの分野で、すでに女性たちが実力を発揮しているので、もうそんな発言はできない、とい雰囲気があります。

こちらにいても何が何だか、どうしてそこまで押していけるのか、あっけにとられることもあります。「男女半々は、理想だけれど、現実はそうはいかない」と日本では言われそうですが、こちらでは「あるべき姿を示して、そこに早く到達できるように良い手段をうっていくのが政治だ」と、突き進ん行くのです。「あるべき姿」と「及び腰で語る夢」と日本とノルウェーでは、対応が随分異なります。

でも、これまでの政策でも見られたように、徐々ににそれが社会一般に受け入れられていくのです。待っていたらいつまでも到達しませんから、こういう方法が取れるのは、うらやましいというか、すごいというか・・・

c0166264_1814719.jpg今年2009年の7月1日以降に出産するパパママは、46週(100%有給)、または56週(80%有給)の育児休業制になるそうです。ノルウェーでは、1歳未満の赤ちゃんを保育園に預けて仕事に戻るの親は、ほとんどいません。

そのうち、パパ用は10週間になります(パパ・クオータ)。これもかなりすごいですね。パパの育児休暇は今まで6週間。これでもすごいと思っていたのに、さらにジャンプして10週になるのですね。これをママが肩代わりすることは出来ないのです。日本じゃ考えられないですね。

日本とノルウェー両国で、「当たり前」「ふつう」という考えが、あまりにかけ離れてしまっているため、日本から視察にいらっしゃる方々には、非常にわかりにくいような気がします。架け橋となる仕事をするためには、工夫と知恵がいるようになります。

マリ子さん、ますます活躍してくださいね。期待しています。

守口 恵子(ノルウェー語通訳、ノルウェー・オスロ在住)(注2)

注1:「『取締役クオータ制』で女性重役急増のノルウェー経済」(週間金曜日 2009年3月6日号)
注2:守口恵子さんは時々来日し、日本とノルウェーの架け橋として活躍しています。ノルウェー夢ネットでの守口さんのお話はこちらをクリック「福祉国家ノルウェー事情」


写真:上は国会議事堂前をベービーカーで闊歩する女性。下は国会議事堂のすぐ前のスケートリンク場で遊ぶ子どもたち。正面が国会議事堂(オスロにて)

関連サイト 
http://frihet.exblog.jp/11125937/
http://janjan.voicejapan.org/world/0812/0812173697/1.php
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-27 11:19 | ノルウェー

オスロ自由フォーラム幕

5月18日から20日、オスロ自由フォーラムがグランドホテルで開かれた。命をかけて人権のために闘い続けた人たちが一同に介し、人権擁護の行為を広く内外に示そうとする目的を持つ。30カ国から人権活動家や関係者200人以上が参加した。

基調講演者のひとりは、ロシアのエレナ・ボナー。第二次世界大戦中、看護婦として働く中で2度負傷。30代から、政治犯やその家族を助ける運動を続けてきたソ連の著名な人権活動家。現在はモスクワとアメリカを行き来しながら運動を続ける。エリチェン下の人権委員会委員であったが、チェチェン集団殺戮に激怒し、辞表をたたきつけ、プーチン政権を強く批判し続ける。85歳近い今なお、止むことなく闘う。1991年にはRafto Memorial Prize 受賞。著書多数。

日本ではアンドレ・サハロフの"未亡人"と紹介すると、「へえーっ」と身近に感じる人が多いだろう。エレナは前夫と離婚し、50歳ごろにサハロフと再婚した。

http://www.oslofreedomforum.org/cgi-local/home.cgi
http://www.norwaypost.no/content/view/22044/26/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-26 21:15 | ノルウェー

5月15日、ヘルビ・シピラさんが亡くなった。94歳。

潘基文国連事務総長は、「あらゆる分野の政策決定の場に女性が男性と平等に参加するため、どんなささいな努力も見逃してはならない。これが、彼女の遺産です」とお悔みの言葉をささげた。

ヘルビ・シピラさんは、フィンランドの法律家で女性解放運動家。1940年代という女性弁護士が希少だった時代、自分の法律事務所を開設し、後、国際女性弁護士連盟会長となった。女性初の国連事務局次長、女性の地位委員会委員長。1975年、メキシコで開催された第1回国連世界女性会議の事務局長。この女性会議が、UNIFEM創設につながってゆく。

国際舞台で卓越した業績を上げてきたヘルビ・シピラさんだが、1982年、フィンランドで、女性として初めて大統領選挙に立候補した。

1994年、私はフィンランドを初めて訪問した。ヘルビ・シピラさんもかつて代表を務めていたというフィンランド女性会議の事務所を訪問し、女性の政治進出について取材した。そのときに会った女性たちは、その少し前にあった大統領選のことを話してくれた。女性大統領誕生かというエキサイティングな選挙だったというのだ。その後、2000年、タルヤ・ハロネンさんがフィンランドで初めて女性の大統領となった。ここに到る道も、もとはと言えば、80年代初め女性として初めて大統領に挑戦したヘルビ・シピラさんによってこじ開けられた、と思う。

女性のために道なき道を進んだ偉大な政治家だ。

実は、1975年以降のこと、、大学を卒業したばかりの私は、国際会議で来日していたヘルビ・シピラさんのお世話をしたことがある。それ以来、フィンランド人というと彼女を想起するようになっていた。気品と威厳に満ちた表情、金髪、ぬけるように白い肌を記憶している。

彼女と同じ空間にいた最後は、1995年の夏だった。私は、北京で行われた第5回世界女性会議の開会式で彼女の名と紹介を耳にする。第1回世界女性会議事務局長として讃えられていた。広いドームの中の私がいた席から、姿は見えなかったが、ヘルビ・シピラさんのような女性と一緒に参加していることに高揚感を覚えた。

http://www.un.org/womenwatch/
http://www.unifem.org/news_events/story_detail.php?StoryID=879
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-25 02:36 | 北欧

リトアニアの大統領選で、ダリャ・グリバウスカイテ Dalia Grybauskaiteさんが当選した。リトアニア初の女性大統領となる。元財務相で、現在、欧州連合(EU)財政計画・予算担当委員。外国語が何ヶ国語も堪能な国際人。

VOAによると、グリバウスカイテさんは69.05 %の得票を獲得して圧勝。他に5人、立候補していた。空手の黒帯保持者。うなぎのぼりの失業率や、経済不況など、これまでの政権への国民の怒りを受けて、当選したと報道されている。

http://www.voanews.com/english/2009-05-18-voa31.cfm
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-21 11:56 | ヨーロッパ

5月19日、2009年勇気あるジャーナリズム賞は、ロシア、カメルーン、イランの女性ジャーナリスト3人に決まったことが発表された。この賞は、IWMF(国際女性メディア基金International Women's Media Foundation)の主催。

勇気ある女性3人は、イリナ・カーリップIryna Khalip、アグネス・テイレAgnes Taile、ジラ・バニヤグーブJila Baniyaghoob。

イリナ・カーリップIryna Khalip(41)は、ノーバヤ・ガゼータ紙のミンクス局記者・編集者。ベラルーシで記者を続ける。ノーバヤ・ガゼータ紙は、前ソ連時代から鋭い政権批判を続ける、独立系新聞。2006年暗殺された同紙記者アンナ・ポリトコフスカヤも2002年に同賞を受賞。カーリップは、当局による逮捕、徹夜の尋問、絶え間ない監視対象となってきた。

アグネス・テイレAgnes Taile(29)は、「キャナル2」というカメルーンの国際ラジオ・テレビ局リポーター。政府の無能と腐敗について、ひるむことなく報道をし続ける。2006年には、政府の腐敗報道をやめるよう脅迫された。

ジラ・バニヤグーブJila Baniyaghoob(38)は、フリーランスライターで、インターネットサイト「イラン女性フォーカス」編集長も務める。世界で女性に最も苛酷な国とされるイランにおいて、政府や社会による抑圧、とくに女性への抑圧に関しての報道を続ける。当局からたびたび逮捕、拘留され、拷問を受けてきた。

IWMFは 国際女性メディア基金International Women's Media Foundationの略。1990年創立。報道界における女性の世界的ネットワーク。勇気あるジャーナリズム賞は、同財団が、命がけで報道をした優れた女性記者に賞を与えて、その勇気を讃える年に1回の事業。女性に絞った国際的報道賞は、世界でこの賞ただ一つしかないとされている。

命がけで政府批判を続ける女性ジャーナリストたちがいなければ、権力の腐敗や抑圧は闇に葬られ、真相は決して私たちの元に届かない。遠い日本にいる私たちにさえ、当局発表とはまったく異なるニュースが届くことがあるのは、こうした女性たちの類まれなる勇気とペンの力に負っている。

■IWMF
http://www.iwmf.org/

■2002年受賞者で暗殺されたアンナ・ポリトコフスカヤについては、下記の2006年NEWSを
http://www009.upp.so-net.ne.jp/mariko-m/fem-news.html
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-21 11:00 | その他

本誌(週刊金曜日)3月6日号発にて、「『取締役クオータ制』で女性重 役急増のノルウェー経済界」を読みました。

ノルウェーは、すでに議会における男女平等度は世界のトップクラスであることを、女性と政治に関心のある私は知っていました。ただ、さすがにノルウェーでも、経済界だけは旧態前とした男性社会であったようですが、ついにその経済界も会社法の改正案が可決され、「国営会社は2004年より、株式上場会社は2008年より、取締役会に両性が少なくとも40%いなければならない」となり、昨年より、女性取締役40%以上が実現したそうです。

三井マリ子さんの現地取材により、「取締役クオータ制」実現までのいきさつが、すばらしい筆力により書かれています。読んでわかったことは、この法律実現への最大の功労者が当時貿易・産業大臣だった保守党の男性政治家だったことです。保守党とは日本でいうと自民党ですから、今、西松建設から850万円ものパーティ券やら政治献金やらを受けたと報じられている某経済産業省にあたる人なのです。政官財癒着の火消しに追われるばかりの日本の国会を見るにつけ、ノルウェーに比べるどころか、お話にもならないと怒り心頭に発しています。

三井さんが書いているように、日本経団連は、男性だらけのおかしさに、全く無関心、無頓着。これが経済大国とは情けない限りです。

このルポを読み、日本では、男女平等へのその第1歩さえ、議会はもちろん、行政、経済界、司法界、女性の間でさえ本気で踏み出しているとはいえないと感じました。

勝又 みずえ(農業)

【『週刊金曜日』2009年3月27日より、筆者・勝又みずえさんの承諾を得て転載】

関係記事
■ノルウェー「取締役クオータ制」とILO
http://frihet.exblog.jp/11066243/
■「現地ルポ 『ノルウェー民間企業の取締役は4割が女性!!』の背景を見る」
http://janjan.voicejapan.org/world/0812/0812173697/1.php
■ノルウェーで女性重役旋風
http://frihet.exblog.jp/9805498/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-20 15:08 | ノルウェー

5月16日、クウェートで、国会議員の選挙が行われ、女性候補16人中4人が当選した。定数は50人。同国史上初の快挙。

4人は、経済学者Rola Dashti、教授のSalwa al-Jassar、Aseel al-Awadi、女性初の閣僚だったMassouma al-Mubarak。当選した女性たちは、「女性たちの勝利、民主主義の勝利だ」「人びとは変化を求めたのだ」と語っている。

クウェートは豊かな産油国だが、政治は完全なる男性の牙城。女性たちの長年の運動の結果、2005年初めて女性参政権を獲得した。しかし保守派は女性の参政権を嫌い、「女性には入れるな」と有権者に説得していた。過去06年、08年の選挙においても、女性たちは勇猛果敢に挑戦したが、女性候補は一人も当選できなかった。

ガーディアンによると、クウェートは政党の存在を認めておらず、候補者は、政治グループに入るか、無所属での出馬となる。1990年のイラク侵攻が、クウェート女性の自由化へのきっかけになったという。

ガーディアンには当選した女性たちのはじけるような喜びの写真が載っている。天の半分を支えている女性が政治的権利への扉を開いた瞬間である。

一方、サウジアラビアは、いまだに女性参政権を認めていない(http://frihet.exblog.jp/10972640/ 参照)

http://www.awid.org/eng/Women-s-Rights-in-the-News/Women-s-Rights-in-the-News/First-Women-Win-Seats-in-Kuwait-Parliament
http://www.guardian.co.uk/world/2009/may/17/kuwait-women-elected-parliament
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/8053088.stm
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/4552749.stm
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-19 02:42 | 中東

ノーベル平和賞受賞者のアウン・サン・スー・チーが14日、アメリカ人男性と接触したという理由で拘置された。アウン・サン・スー・チーは、ビルマの民主化運動指導者。

5月3日、米国人男性John Yettawは、湖を泳いで彼女の自宅にたどり着き、2日間、彼女宅に滞在したとぃう。

ビルマ軍政側は、自宅軟禁中のアウン・サン・スー・チーに対し、許可なしに外部の人間と接触することを禁止している。アウン・サン・スー・チーは14日、世話役の女性2人とともに、政治犯を収容する刑務所に拘置された。そのインセイン刑務所は、「ビルマで最も暗い地獄の穴darkest hell-hole in Burma」と称される刑務所だという。

5月18日に初公判が開かれることになり、有罪の場合は3年から5年の禁固刑となる。

“招かれざる客”のアメリカ人男性も、入管法違反などの容疑で拘置された。BBCによると、「無邪気な行動が、とんでもない結果をもたらした」という人もいるが、無邪気な行動かどうかも不明。アウン・サン・スー・チーの軟禁は、5月下旬に期限を迎える。2010年の総選挙を前に、拘束を長期化させる狙いがある。こうした政治的背景に無邪気さが利用された場合もある。

アウン・サン・スー・チー、貴女の不屈の魂に、私はただ、ただ、頭をたれます。


http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/8050262.stm
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-15 15:03 | アジア・アフリカ

5月12日、国連人権理事会の新メンバーにアメリカ、ノルウェーなどが当選した。アメリカはオバマ大統領になって国連政策の転換をはかり立候補した。国連人権理事会は、国連の47カ国で構成されている。ノルウェーは179票と最高票を獲得した。

人権理事会は、女子差別撤廃条約も審議する。2008年、5 月14 日、国連人権理事会のUPR(Universal Periodic Review普遍的定期審査)で、日本の人権状況に関する審査報告書が採択された。この中で、日本政府は、「女子差別撤廃条約の選択議定書を批准すること」「女性を差別している法律条項をすべて撤廃すること。特に、女性の最低結婚年齢を男性と同じ18 歳に引き上げることなど、女性に対する差別関連の対策の継続を推進すること」などを勧告されている。

女子差別撤廃委員会の選択議定書については、1999年国連で採択された後、日本の女性団体や日弁連などは、積極的に啓発活動をしてきた。しかし、まだ政治課題になっていない。やっと先月、自民党内で審議する場があった。ところが、報道から察するに、西川京子議員、稲田朋美議員などの反対派の大きな声だけが目だっている。選択議定書採択に向かっての建設的話し合いは、まだまだ遠いようだ。

一方、このたび、国連人権理事会新メンバーとなったノルウェー外務大臣は、次のように語っている。(5月14日Norway Post。筆者要訳)

「人権理事会理事に当選できてうれしい。選ばれたからには、情熱をこめて働き始める。3年の任期中に、積極的に理事会に参加し人権の促進のために、わが国に与えられた義務を果たし、組織的に働くつもりである」

「企業の社会的責任の重要性を強調したい。表現の自由、報道の自由、女性と子どもの権利に力点を置く。協力することを拒んでいる弾圧政権による人権迫害が注視され、改善されるように、理事会におけるノルウェーの存在を活用する」

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken_r/pdfs/upr_sk0805j.pdf
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/080613_2.html
http://www2.ohchr.org/english/bodies/hrcouncil/elections.htm
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/2000_12.html
http://www.nichibenren.or.jp/ja/kokusai/humanrights_library/un/woman_jfba_rep1998.html
http://www.kangou.gr.jp/zyosisabetutteppaierawasa-1.html
http://www.peace-forum.com/jinken/joseigiteisyo-shomei.pdf
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/pdf/200712/0712_9094.pdf
http://www.norwaypost.no/content/view/22009/1/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-14 18:02 | その他