カテゴリ:その他( 513 )

◆「民法改正を求める!3.3決起集会」のお知らせ
 
選択的夫婦別姓制度導入や婚外子相続差別撤廃などの民法改正を求める市民、弁護士、ジャーナリストなどが3月3日、今国会での民法改正実現を目指して憲政記念館で決起集会を行います。

当日は、当事者や女性団体をはじめ、閣僚、国会議員、研究者や研究団体、法曹界、労働組合など幅広い参加を予定しています。

詳しくはhttp://www.ne.jp/asahi/m/net/minposyukai.html

日時 3月3日午後3時~午後5時
場所 憲政記念館 講堂(千代田区永田町)03-3581-1651
    minpou-kaisei@m6.gyao.ne.jp

参加無料
主催 「民法改正を求める!3.3決起集会」実行委員会
集会終了後、同館内で交流会(立食の会・要事前申込み)

◆緊急出版!!近日発売
『よくわかる民法改正―選択的夫婦別姓&婚外子差別撤廃を求めて』
 編著:民法改正を考える会 発行:株式会社朝陽会
http://www.ne.jp/asahi/m/net/
[PR]
by bekokuma321 | 2010-03-02 23:34 | その他

国際女性デーを祝おう!

c0166264_10105635.jpg国際女性デーに歩こう! 言いたいことを言おう! 大空のもとで!

1910年に宣言された国際女性デーは100周年を迎えます。地球のあちこちで女たちが、女性であることを祝い、女性差別撤廃を宣言します。言いたいことのあるあなたもどうぞ!

日 時: 2010年3月7日(日)11時30分 
集合場所:『神宮前区民会館』(JR原宿駅徒歩7分)。渋谷区「氷川区民会館」で集会後解散

パレードコースhttp://blogs.yahoo.co.jp/asatorigan/
● 女性運動の課題を掲げる団体として、ぜひ参加してください。
● 個人としての参加も大歓迎です。
● 暴力を問題解決の手段とする立場の人でなければどなたも歓迎。
 
詳しい情報は下記アドレスで更新していきます。
ホームページ http://www12.ocn.ne.jp/~allies/
ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/asatorigan/

3月8日は、「国際女性デー」です。かつて、女性の貧困からの解放と参政権を求めて、世界のあちこちで「女性の日」の行動が起きました。この行動はその後も絶えずに続きました。1975年、3月8日を「国際女性デー」として広く呼びかけられました。これまで日本でも集会、討論会、コンサート、パレードなどが行われてきました。

2000年にはアイルランド初の女性代大統領メアリー・ロビンソンさんが「女性が権利の獲得に向けたこれまでの歩みを祝うと同時に、女性被害者は、いまだにあとを絶たないことを想起する日」と呼びました。イタリアでは集会に来る女たちは互いの肩にミモザの黄色い花小枝をつけあうそうです。国連でも記念行事があります。

■呼びかけ:ミモザ パレードの会 
■仮連絡先:すぺーすアライズ 
■郵送先:272-0023 千葉県市川市南八幡4-5-20-5A 
アライズ総合法律事務所内すぺーすアライズ気付 ミモザパレードの会 

◆ミモザの黄色い花をあしらった左上イラストはMitsuartより。ブログには大きなサイズのイラストがありますhttp://mitsuart.exblog.jp/
[PR]
by bekokuma321 | 2010-03-01 14:13 | その他

内閣府が、雇用の男女平等推進政策を発表した。企業の女性雇用率を高め、就業時間を短縮するような企業を、契約入札の際 、優遇する方式をとる。いわゆるアファーマティブ・アクション(暫定措置)だ。

まずは、2010年度に内閣府が実施するワークライフバランスに関する調査の委託先を決める際、こうしたポイントを導入する。今後、施設修繕や物品調達などにも広げたいという。

こうした、入札基準を利用しての女性雇用推進は、すでに80年代に、アメリカなどでとられはじめた。日本でも2000年頃から、福井県武生市(当時)など地方自治体のいくつかで試みられた。

福島担当相は会合で「女性の活用やワークライフバランスに取り組むことが企業にとってメリットになる」と述べた。政府の肝いりで、アファーマティブ・アクションをすすめることは、高く評価したい。


政府は、女性の再就職を応援するサイトも新設した。
http://www.gender.go.jp/re-challenge/
[PR]
by bekokuma321 | 2010-02-16 10:53 | その他

母親がハッピーな国

スウェーデン、ノルウェー、オーストラリア、アイスランド、デンマークが世界で母親がハッピーな国トップ5だ。上位を占めるのは、ほとんど北欧諸国だ。

日本は、スロバキアとブルガリアの間に属し、世界34番目。G7では最下位だ。母親が幸福な国は、子どもが幸福な国に違いない。日本はまだまだ。日本にハーグ条約の批准をせまったアメリカも相当低い。第一、アメリカは、「子どもの権利条約」「女性差別撤廃条約」を批准していない。

Save the Children が毎年、出している158カ国の調査による。

c0166264_80783.jpg

■Save the Children http://www.savethechildren.org/about/?WT.mc_id=1109_sp_au_index
■State of the world’s mothers http://www.savethechildren.org/publications/
■母親の親権独占は“誘拐事件”だhttp://janjan.voicejapan.org/archives/2551987.html
[PR]
by bekokuma321 | 2010-02-07 08:12 | その他

FGM を廃絶しよう!

FGMをなくそう! FGMとは、女性の外性器を取り去る蛮行です。女性に対する究極の抑圧です。

日時:2010年2月13日(土)
時間:13:00~16:00
会場:ユニセフハウス(品川駅より徒歩7分)
入場無料、事前申し込みの必要はありません。

プログラム
13:00  開会      
駐日マリ共和国特命全権大使ギセ・マイムナ・ジアルさんの挨拶
13:25  『黒い苦しみ』(アフリカからフランスへ移住した女性たちをテーマにFGMが含有する問題を伝えるドキュメンタリー番組)上映     
人体模型を使ったFGM の説明
14:40  トーク ~ 国連人口基金東京事務所所長池上清子さんとWAAF の対話      
質疑応答
15:30  ウォンガイ・ガールズ パフォーマンス(アフリカの太鼓や歌、踊り)
15:55  赤松良子日本ユニセフ協会会長挨拶
16:00  閉会

日本ユニセフ協会のホームページにもお知らせが出ています。http://www.unicef.or.jp/partner/index.html#

ご参加をお待ちしております!  
FGM 廃絶を支援する女たちの会    
Women’s Action Against FGM, Japan(WAAF)    
162-0062 東京都新宿区市谷加賀町2-5-26    
電話 03-3235-8266 FAX 03-3235-8267    
E-mail waaf@jca.apc.org    
URL http://www.jca.apc.org/~waaf/

■FGMに関するFem-News記事
http://frihet.exblog.jp/13271286/
http://frihet.exblog.jp/13057971/
http://frihet.exblog.jp/10534467/
[PR]
by bekokuma321 | 2010-01-27 18:43 | その他

福島瑞穂相の講演会報告

レイバーネットが9日の集会を報告しています。

■■■「女も男も生きやすい社会に」地方議員らが集会■■■

「女も男も生きやすい社会に」と呼びかける集会が1月9日、都内であった。今年は「第3次男女共同参画基本計画策定の年」にあたる。連立政権で男女共同参画担当大臣に就任した福島みずほ氏が講演し、全国から集まった地方議員らと意見を交換した。主催は「全国フェミニスト議員連盟」

■「M字雇用を台形に」

福島氏は「私が大臣のうちに、やるだけのことはやりたい」と語り出した。フランスをはじめ、ヨーロッパ各地を訪れた際に知った女性の就労や育児をめぐる制度の充実ぶりを紹介。日本の年齢階層別女性労働力率が示す「M字型雇用」(M字型曲線)を、「台形(逆U字型)にしたい」と繰り返し強調した。

「子育てビジョン」や「青少年・若者ビジョン」についても言及。全国各地で「お国自慢」などと売り出して成功した実例を挙げ、さまざまな政策について、若い人々が「自分のことだ」と実感できる取り組みの重要性を訴えた。

(中略)

■女性の議員と力を合わせて
政権交代を実現した先の衆院選では、過去最多の女性議員が当選した。それでも全体の11.3%。これは世界187カ国中119位、世界の国会の平均値18.6%に、はるかに及ばない。

「古巣に戻ってきたような、楽しい時間だった。日本の社会をジェンダーの観点から大きく変えていく。いろんなことに挑戦していく」と福島氏は締めくくった。

今年一年をかけて閣議決定される予定の「第3次男女共同参画基本計画」。そこでは「民法改正」や「女性差別撤廃条約選択議定書の批准」、「女性への暴力の根絶」とともに、「2020年までに、指導的地位に女性が占める割合を最低30%」にするよう謳われている。こうした目標を実現するための道は、決して平坦ではない。官民を超えた運動の強化を呼びかけた「集会宣言」が、参加者全員の大きな拍手で採択された。(報道部・Y)


全文を読むには
http://www.labornetjp.org/news/2010/0109hokoku
[PR]
by bekokuma321 | 2010-01-11 17:17 | その他

集 会 宣 言 

全国各地から、ここ文京区男女平等センターに集まった私たちは、福島瑞穂男女共同参画担当大臣とともに、男女平等社会に向けて、確かな一歩を踏み出しました。

昨年は、男女共同参画社会基本法制定10年、女性差別撤廃条約採択30年、さらには、衆議院選挙で女性議員が全体の1割以上を占めた歴史的な年、政権交代の実現した記念すべき年でありました。

一方、「政策・方針決定過程への女性の参画の拡大」は、第2次男女共同参画基本計画のイの一番に書かれているにもかかわらず、その歩みの遅さを改めて強く実感させられた年でもありました。

衆院選で過去最多の女性と言っても、全体のわずか11.3%にすぎません。世界の国会(1院)における女性議員率の比較をするIPUによると、2009年11月3日現在、世界の国会における女性議員の平均値は18.6%です。日本の11.3%は、世界の平均にはるかに及ばず、世界187カ国中119位です。アゼルバイジャンやルーマニア(11.4%)と、トーゴ(11.1%)の間に位置しています。

地方議会に目を移すと、町村議会998のうち、女性議員ゼロの議会は383にのぼります。町村は、女性、とりわけ女性の高齢者が多い所にもかかわらず、町村議会の約4割に女性議員がいないのです。市区議会もいれた全国の自治体の議会を見ると、1804議会中443議会は、女性議員がゼロ。日本の地方議会の約4分の1に女性がただのひとりもいません。自治体の政策、すなわち高齢者介護サービス、子育て施策、学校問題などに、女性の視点は絶対に不可欠です。ここにこそ「チェンジ!」が必要なのです。

今年は、第3次男女共同参画基本計画の年です。このままでは、「2020年まで30%」は、夢のまた夢にすぎません。第3次計画には、予算を伴う具体的な実行計画と、女性の政治進出のために実際に運動している民間女性団体と行政との連携プレーが盛り込まれるよう要望します。

そのような中、私たちは、男女共同参画条例が、その地域の女性の貧困解消に本当に役立っているか、また男女共同参画推進拠点施設である女性センターが、真に女性の人権擁護と男女差別撤廃に貢献しているか、点検をしていきましょう。まだ条例のないところは、女性議員と力を合わせて作り上げましょう。

さらに、女性の生活を窮屈にさせている数々の法律の改正、子どもを預ける保育所不足の解消、老親の世話を頼める介護サービスの充実、女性への暴力撤廃、女性差別撤廃条約の選択議定書の批准など、私たちが掲げてきた要求が、福島、千葉両大臣の下で実現されるよう、私たちは、今日からさらに運動を強化させていきましょう。ともに輝く未来のために。

2010年1月9日   「福島瑞穂大臣と語る 女も男も生きやすい社会」参加者一同
[PR]
by bekokuma321 | 2010-01-11 15:26 | その他

千葉県で、県会議員が、「男女混合名簿をやめるように」と質問。教育長が「検討する」と、答弁しました。

学校現場の名簿は、日々、さまざまな生徒の行動規範となります。男女別名簿は、教員も保護者も、「男の子は・・・、女の子は・・・」と、男女別に物事を判断しがちになります。男女別々の名簿(男が先、女が後となる)に戻ることは、バックラッシュです。そうならない前に、要望しましょう!

以下が要望書です。あなたも簡単に参加できます。しめきり2010年1月10日。参加のしかたは、ブログhttp://byodo.exblog.jp/ を。

県知事 森田健作様
教育長 鬼沢佳弘様

千葉県の人権・男女平等教育に関する要望書

私たちは行政主催の講座などをきっかけに、日本社会の中で重要な課題
となっている男女平等・男女共同参画を実現していくための地道な活動を
してきた団体・個人です。

(略)

日本の学校の名簿は、男女別・男が先・女が後という時代が長く、それが当
然のこととして受け止められてきましたが、世界女性会議などを通して世界の
学校の現状では、男女別名簿は非常に少数であること、義務教育と高校生活
9年間の中で、知らず知らずに男女に分ける考える方や、「男子が女子より先」
の意識を植え付けられてきた側面があることが指摘されるようになりました。

(略)

しかるに、12月県議会の一般質問で「男女混合名簿の使用をやめるように」
という質問が出され、教育長は、総合計画の中で検討すると答弁されました。し
かし、教育長自身がその答弁の中でおっしゃっているように、学校の名簿は男
女共同参画に意識が向くための一つのきっかけとして導入され、ようやく定着し
てきたところです。

民間団体の調査に答え、先生方からも、「教育のあらゆる場面で、教師も子ど
もたちも保護者も、常に男女を分ける意識と習慣がすりこまれ、男子は~、女子
は…と注意したり、男女別に作業分担をしたり、男女に分けて考えがちな意識に
気づかされた」との声が寄せられています。

社会の要請により、導入され、定着しはじめたばかりの男女混合名簿を、廃止
することがないように強く要望いたします。
                               男女共同参画をすすめる会

全文はhttp://byodo.exblog.jp/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-12-28 08:20 | その他

渡辺さと子さんは高松市選出の香川県議会議員です。4期つとめているベテラン議員です。このたび、香川県知事に挑戦する決意をしました。

いつも社会的弱者の視点で政治に向き合ってきた方です。楽天的で誠実。もしもそのポストについたら、きっと香川県をいい方向に変えてくれるはずです。長年の友人として、彼女を決意を全面的に支持します。

詳しくは、渡辺さと子さんのホームページをごらんください。
http://homepage3.nifty.com/satokonews/

以下は、2008年11月、高松市に行ったとき写した渡辺さと子さんです。

b0148594_0235172.jpg
渡辺さとこさんの活動拠点事務所。香川県内に女性議員を増やすための「女性議員マップ」がはられている(右上)。遊説の必需品であるスピーカーがいくつも置いてある


b0148594_0281785.jpg香川県議会では無所属。一人だけのこじんまりした部屋には、たくさんの書類が。12月議会が始まろうとしている。いつも女性政策は欠かさない。今回も女性の問題、とくに学校のセクシャル・ハラスメント対策をとりあげる予定だ

[PR]
by bekokuma321 | 2009-12-25 12:32 | その他

子ども手当

子ども手当への所得制限はしない、と鳩山由紀夫首相が表明した。法案の趣旨からして当然だ。

子どもは社会の宝。子どものケアは未来社会への投資だ。鳩山由紀夫首相が強調する「子どもを社会全体が育てる発想。所得制限を考えないのが基本線」を堅持したことを評価したい。

ただし、注文がある。子育て政策は、女性政策と車の両輪で進めるべきだ。「保育所に入れない」「保育所を増設してほしい」「保育所の保母・保父さんを増やしてほしい」。こんな働く母親の悲鳴に答えるための政策を同時に実行すべきだ。

「結婚しても必ずしも子供を持つ必要はない」と考える人が42.8%にのぼる(内閣府「男女共同参画社会に関する世論調査」)。この驚くべき数字を減らしてゆくには、結婚出産しても無理なく働き続けられる環境つくりしかない。それに必要なもの、それは社会福祉サービスの充実と、男性の家事育児参加だ。

具体的には保育所の増設と中身を充実させ、希望者なら誰もがはいれるようにすべきだ。そして、夫やパートナーの家事育児参加の奨励策を、もっと大胆に情熱的にとりくむべきだ。

こうした家族政策は、すでに1990年代初頭からノルウェーが進めてきたものだ。萌芽は1980年代にあった。子ども手当自体、ノルウェーの子ども手当がモデルだという話もある。問題は、ノルウェーは、子育て環境を男女平等の理念から進めてきたが、その視点が日本には非常にぼやけているということだ。

ゆめゆめ「戦前のような子産み奨励策」に傾かないよう、女性の労働権確立と男性の生活参加という基本線の上に立って政策推進してほしい。
[PR]
by bekokuma321 | 2009-12-22 15:41 | その他