カテゴリ:その他( 468 )

c0166264_11234421.jpg

私は日本会議系の政治家を恐れる。

彼・彼女らは、改憲、元号法制化、国民の国防義務化、夫婦別姓反対などバックラッシュ(反動)の先兵である。「優勢」と報道される都知事候補小池ゆり子さんは、その日本会議につらなる政治家だ。

日本会議は、とりわけ男女平等が嫌いである。夫婦同姓を強制する現民法を改正して夫婦別姓を選択できるようにしようという動きに対しては、「夫婦別姓は家庭を崩壊する」という。これが本当なら、西欧諸国はとっくに消滅しているはずだ。こんなデマゴーグに252万もの署名を集めたというから、この国はどうなってしまったのだろうか、と改めて思う。

地方議会の日本会議系議員たちは、「議会質問」という名で行政に圧力をかけ、職員たちを震えあがらせる。この手口で、男女共同参画推進条例が骨抜きにされた自治体がいくつかある。

この系列の政治家の国会での集合体が「日本会議国会議員懇談会」で、副会長が小池さんだ。『日本会議・日本会議国会議員懇談会設立十周年記念大会』では、「誇りある国づくりのため、皆様の叡智を結集していただけますよう祈念しています。貴会議の今後益々のご発展と、ご参集の皆様の尚一層のご健勝をお祈り申し上げます」と挨拶している。

国連は、こうした日本のバックラッシュを懸念して、日本政府に対する「所見」でこう指摘している。

「委員会は、締約国において男女間の不平等が根強く存在しているにもかかわらず、女性の人権の認識と促進に対する『バックラッシュ』が報告されていることに、懸念を有する。」(2009年8月、国連女性差別撤廃委員会CEDAWの総括的所見 第29項)

都知事候補のなかで、男女平等政策や人権政策に強い関心を寄せているのは、私の見るところ鳥越俊太郎さんである。彼は、「社会的に不利な立場の人々」のために働いてくれそうな気がする。

2016年7月25日 三井マリ子(元東京都議会議員)


山谷えり子国家公安委員長と在特会幹部増木重夫の関係
安倍改造内閣の女性たち
男女平等を嫌う反動勢力の実像~日本にはびこるバックラッシュ現象~
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-26 11:26 | その他

鳥越都知事候補を応援して、男女平等の東京をつくろうーーこんな女性勝手連ができた。フェイスブックをクリックして、「いいね」しよう! 鳥越候補にとどける声をあげよう!

東京から男女平等を実現する女性勝手連(フェイスブック)

c0166264_2174345.jpg


都知事候補鳥越さんへ(女性地方議員らからの緊急提言)
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-22 21:20 | その他

都知事候補鳥越さんへ

c0166264_17491159.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-19 17:51 | その他

c0166264_17165920.jpg


c0166264_139927.jpg


今回は、比例区よりも選挙区のほうが、女性の当選がわずかながら多いと、「参院選2016年と女性(3)」で嘆いた。とはいえ、やはり、比例区は女性にとって貴重である。

票を見てわかるように、比例区では、改憲に反対する政党の女性候補が当選している。比例区があったればこそ、共産党(田村智子、岩渕友)、社民党(福島みずほ)、生活の党(青木愛)の女性4人は議席を得ることができた。

比例区よ、ほんとにありがとう!
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-12 13:33 | その他

参院選が終わった。女性候補は96人で、389人中24.6%。そして当選者は、選挙区17人、比例区11人、計28人、121人中23.1%だった。

当選者の4、5人に1人が女性。ほんの少し前進した。

c0166264_0293442.jpg
    ▲女性の候補者数と当選者数の推移(新聞報道等をもとにFEM-NEWS作成)

ただ、今年こそ「すくなくとも30%」にと願っていたのは、私だけではないだろう。「少なくとも30%」は、1990年に国連の経済社会理事会が採択したナイロビ将来戦略勧告に明記されている。正確には、「女性の割合を1995年までに少なくとも30%まで」だ。日本は、20年以上前に守るべき世界との約束をまだ守っていない。

さて、参院選の結果を見ると、妙なことに気づく。選挙区の女性当選者は73人中17人で23.2%、比例区は48人中11人で22.9%。選挙区のほうが比例区より、女性の当選率がやや高いのである。

理由は、比例区への女性の候補者がきわめて少なかったことにある。もっとも顕著なのは、公明党だ。公明党は、比例区17人全て男性。女性を誰ひとり擁立していない。候補者がいなければ、当選しようがないではないか。公明党よ、猛省せよ。

民進党も、比例区候補22人中女性はわずか3人。わずか13%である。これでは、男女共同参画に熱心である政党のように胸をはっても、ポーズにすぎないとわかる。

しかも、その3人全員当選かと思いきや、当選した女性はたった1人。

比例代表制は各政党の得票率に応じて議席数を配分する制度だ。だから、女性が当選しやすい。しかし、日本の参院選の比例区は、「非拘束名簿式比例代表制」だ。

A子候補名を書くと、A子候補の属する政党に1票がはいると同時に、A子候補の政党内における順番をあげる。全国区だから、順番をあげるには相当数が組織的にA子と書かなくては、党内の競争に負けてしまう。この方式は、政党の決めた候補者の順番に従って上から当選していくという基本からずれている。

なるほど当選した候補者を見ると、全国的に有名な人、または、労組など大きな組織を持っている人ばかりだ。

民進党の比例女性候補は、矢田雅子、西村正美、大河原雅子の3人だが、当選したのは、労組中央執行委員長の矢田雅子のみ。落選した西村は、あの日本歯科医師連盟の出身だが、迂回献金事件で連盟幹部が起訴されていて動けなかったのではないか。大河原は、生協が支援団体だが、当選ラインにおしあげるほどの全国的組織力ではなかったのだろう。

自民党の比例区で当選した山谷えり子も、全国的組織を数多く持つ。右派の神道政治連盟や日本会議、教育再生・地方議員百人と市民の会などが彼女の集票マシーンだ。これらの組織を代弁して、またも6年間、陰に陽に動くのだろう。選択的夫婦別姓反対、妊娠中絶反対、性教育反対・・・と。

政党には、男女平等社会をつくる責務がある。非拘束名簿式比例代表制である限り、女性候補を当選させるための特別施策が政党には不可欠だ。まず、候補を男女半々にしなくては話にならない(比例制選挙をとる北欧諸国の政党のほとんどは、候補者を男女交互に並べる)。そのうえで、政党は、莫大な政党交付金を女性当選増にむけて有効に使うべきだ。

一方、選挙区において、当選した女性は、自民5人、公明3人、おおさか維新1人、民進6人、無所属2人だ。民進と無所属8人中4人は、野党共闘の成果だ。1人しか当選できない32選挙区は小選挙区制なのだから、候補者をしぼらないかぎり、絶対当選できない。今回、ほぼ全ての選挙区に候補者を擁立してきた共産党が、候補者を取り下げた。共産党の柔軟な決定がなければ、この4人の女性の当選はありえなかっただろう。

参院選2016年と女性(2):女性参政権行使70周年
参院選2016年と女性
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-12 01:55 | その他

参院選終盤だ。女性参政権行使70周年の今年、参院女性候補は96人。389人中24.6%にすぎない。東京選挙区は31人中女性7人、わずか22%だ。

日本の議会の男女比は9対1である。国際比較の基準となる衆院9.5%(45人)で比べると、世界191カ国のなかでボツワナと同じ155位だ。女性が10%以下しかいない国は、先進国では日本のみ。

衆議院だけではない。身近な議会と称される地方議会も、女性はきわめて少ない。都道府県議会8.8%、市区町村議会11.8%だ。国際比較は難しいが、地方議会に女性が1割しかいない先進国は、そうそうないだろう。

その日本の全議会のなかで、もっとも女性議員の多い議会、それが、今、選挙真っ最中の参議院だ。女性議員は15.7%(38人)。衆議院における女性の極端な少なさを思うと、参議院の90%を女性が占めてもいい。それだけ日本の政治は、女性の経験や実績を必要としている。パターナリズム(父権主義)大好き安倍政権を変えられるのも、女性の連帯以外にない。

参院が、他と比べて女性が多いのは、選挙制度と深い関係がある。衆院は小選挙区中心の選挙であり、地方議会はいわゆる大選挙区制(小選挙区制と同じ多数制:注)だ。参議院だけは、改選数の約4割が比例代表制で選ばれることになっているからだ。

比例代表制は、19世紀後半、イギリスのジョン・スチュワート・ミルや、ベルギーの数学者ヴィクトル・ドントなどが、さかんに唱えた。それまでの小選挙区制は、民意を反映しない不公平な選挙制度だと批判が大きくなっていた。私の好きなノルウェーは、1920年、それまでの小選挙区制から比例代表制に変えた。

もういちど、女性参政権にもどる。戦後の1946年4月、私たちの祖母や母たちは、生まれて初めて投票所に足を運んだ。その選挙に立候補した女性79人。うち39人が当選した。当選率約50%! 驚きだ。

佐藤(三木)きよ子は大阪1区で当選。「大阪の女性の動きは鈍かったといい『女性たちの目を覚ましてやる』と立候補した」と今朝の朝日新聞に載っていた。秋田からトップ当選した和崎ハルは、市川房枝を師と仰ぐ婦選運動家。字を読めない書けない人たちに向かって驚くべき戦術を考えた。「ハルのハは、おじぎするときの手の格好です。その右手をちょんと跳ねるとルになります」と、ジェスチャーをして演説したのだそうだ。

戦後直後の女たちは、食べることだけで精いっぱい。政治的に鈍かったのは当たり前である。それなのに、39人という女性の当選。この記録的数字は、2005年まで半世紀の間、一度も破られていない。

そこには、大選挙区の連記制という選挙制度の存在があった。1人が2,3人を書くことができたため「1人は女性を」意識が働いたからだと、言われている。次の選挙からは、中選挙区制の1人1票に変えられて、当選者は15人にガクンと減った。

選挙制度が、いかに女性議員増に重要かの証である。

c0166264_1791712.jpg
▲戦後、秋田市で開かれた東北婦選大会。前列中央に市川房枝、その右後に和崎ハル。秋田県横手市の本郷郁さんより1996年ごろ三井マリ子に贈られた。

参院選2016年と女性
和崎ハル_1 武塙三山
和崎ハル_2 武塙三山
和崎ハル_3 武塙三山
和崎ハル_4 武塙三山
和崎ハル_5 武塙三山
普通のおばちゃんの三井裁判傍聴記_佐々木厚子
女性と選挙
2014衆院選 比例制に変えるしかない
参院選で女性躍進ならず

【注:小選挙区制とは選挙区から当選者1人を出す選挙制度。最強者以外に投じた票はすべて死に票となる。大選挙区制とは2人以上の当選者を出す選挙制度で死に票がやや少なくなる。中選挙区制は衆院選が小選挙区制に変えられた以前の選挙制度だが、大選挙区制の亜流といえる。これら多数制選挙の欠点を克服するために誕生したのが比例代表制。政党ごとの獲得票にしたがって各政党の当選者数を決める方法。勝ち負けというより、大政党は大政党なりに小政党は小政党なりに当選者が出る。北欧諸国やヨーロッパの多くの国々は比例代表制選挙。参院選の1人区32選挙区は小選挙区制であり、複数区は大選挙区制】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-08 17:49 | その他

参院選2016年と女性

7月3日、新宿で、女性候補3人の演説会があった。題して「増やそう!女性議員」。3人とは、東京選挙区の佐藤かおり(無所属)、比例区の大河原まさこ(民進)、福島みずほ(社民)。

c0166264_1181899.jpg


佐藤かおりは、セクハラ被害者。裁判で勝訴した経験を生かして女性の相談に乗ってきた。大河原まさこは、食の安全から反原発まで命を脅かすものに断固反対を貫く。福島みずほは、長い議員生活中、一貫して改憲勢力と女性差別勢力と闘ってきた。3人とも全国フェミニスト議員連盟会員だ。

有権者の6割が、日本は女性が働き続けられない社会だと答えている(神戸新聞 ↓)。働けないということ、すなわちそれは、“死ね”ということ。「保育園落ちた日本死ね!」は、死を覚悟した女性の叫びなのだ。

女性が働き続けられる社会は、女性が生きられる社会であるだけではない。(男性もすべきだが現状は)子育てを担う女性だからこそ、女性の貧困は子どもの貧困に直結する。見よ、子どもの貧困の実態を。OECD最悪レベルだ。

女性が働き続けられない理由は、いろいろある。女性の多くは非正規で首を切られやすい、セクハラなど性差別がなくならない、保育園が完備されていない、産休・育休がとりにくい、育児時間などフレキシブルな働き方が認められない、老親をかかえていて介護に手をとられる……。

最大かつ最重要の政治課題、それは、こうした女性のかかえる問題を最優先政策にして、女性の働き続けられる社会に変えていくことだ、と私は思う。

そのためには、女性の苦悩を身をもって感じて闘う女性議員を増やすことが一番。

この夏の参院選に、女性は96人立候補した。多いようだが、389人中24.6%にすぎない。全員当選してもいいくらいだ。

衆院の90%は男性だ(世界181カ国中157位)。参院はその逆、90%を女性にして、男女の“ねじれ国会”実現ーーこんな夢を私は見ている。


c0166264_1113178.jpg

http://www.kobe-np.co.jp/news/senkyo/2016/sanin/enquete/4.shtml
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-04 11:21 | その他

c0166264_11443491.jpg


c0166264_11435393.jpg
全国フェミニスト議員連盟総会 大河原雅子候補、福島みずほ候補、佐藤かおり候補
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-02 11:48 | その他

c0166264_131365.jpg『バックラッシュの生贄』(三井マリ子・浅倉むつ子編、旬報社)を読んだ。フェミニスト館長を雇止めしたバックラッシュ勢力を相手に裁判をして、最高裁で勝つまでの記録である。

私が著者の三井マリ子さんに初めて会ったのは、2001年8月に高知市で開かれた「全国フェミニスト議員連盟」の夏合宿だった。ボーイッシュでカッコいい女性という印象だった。

同年の春に愛媛県のある町の町議になった私は、4年に満たない町議時代に、三井さんを愛媛県知事にという運動が沸き起こり、私も様々な場所で三井さんと会う機会があった。私はその後、合併後の新町長選に立候補して落選。次に新町議選にも落選した。三井さんが大阪府豊中市の男女共同参画センター「すてっぷ」館長をしていた時期と私が町議をしていた時期は、だいたい一致している。

『バックラッシュの生贄』のあとがきで、三井さんは、提訴を決意した時に、かねてから気になっていたドイツのラーフェンスブリュックにある女性だけの強制収容所を訪ねたことを書いている。虐殺された女性たちの無念の場所に立った三井さんは、彼女たちから勇気と励ましを与えられたに違いない。

しかし、提訴までどれだけ三井さんが苦しんだか、身体中に湿疹ができ、それがアザのように残ったという事実が如実に物語る。人間は弱い動物だ。でも、どんなに弱い動物でも、闘わなければならないときはある。時代を覆う不正で理不尽な同調圧力に屈してしまっては、計り知れないほど大きな禍根を残すことになる。

三井さんを首にしようと画策した市議会議員やその後援会会長は、日本会議系列の人物だったという。日本会議まで視野に入れて闘ったことに、深い敬意と感謝の気持ちを表したい。

岩崎 美枝子(元地方議会議員)


「日本会議」に向かって闘いを挑んだ本(加島康博)
読者は二つの怒りを体験する:『バックラッシュの生贄』を読んで(高坂明奈)
標的は憲法9,24条: 『バックラッシュの生贄』を読んで(高開千代子)
インパクションに『バックラッシュの生贄』(田中玲)
一気に読んだ、勉強した、考えた:『バックラッシュの生贄』を読んで(小枝すみ子)
バックラッシュ思想は女性のあらゆる権利を奪う(森崎里美)
豊中バックラッシュは国家的プロジェクトの一環だった:『バックラッシュの生贄』を読んで(伊藤由子)
今も続く右翼的攻撃の楯となる本:『バックラッシュの生贄』を読んで(岡田ふさ子)
男女平等を嫌う反動勢力の実像~日本にはびこるバックラッシュ現象~(三井マリ子)
ファイトバックの会(館長雇止めバックラッシュ裁判)
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-26 15:19 | その他

c0166264_19105278.jpg政治資金をあれだけ私的に乱費しても、違法にならないらしい。もちろん舛添都知事のアレのことだ。

「違法性はない」のなら、その法律そのものが悪いにきまっている。ザル法は、ザルの穴をふさぐしかない。

調査した弁護士は、「宿泊費、飲食費、美術品などの一部が家族や趣味のためとみられてもやむを得ない不適切な支出だった」という。

趣味の美術品、家族との豪華ホテル宿泊にグルメ外食……自分や家族のための浪費を、政治活動だと「収支報告書」に記載していた。これが犯罪にならないなら、法律が悪いのだ。

舛添都知事の政治資金は、ほとんどが政党交付金だった。政党交付金は、日本国民ひとり250円の税金が原資だ。どうにも許せないのは、年収100万円の障碍を持つ人たち、年収200万円のシングルマザー、選挙権を持たない在日外国人・・・・みな、舛添に拠出しているのである。

年総額320億円。世界一の高額、もう、クラクラする。

その政党交付金は、政党ごとに山分けされて、総務省から各政党に送金される(共産党を除く)。送金されたカネは、その政党から政党の地方支部に流れる。

舛添都知事は、自民党を離党して新党改革の代表になった。彼は、自民党時代の「自民党東京都参議院比例区第28支部」、新党改革時代の「新党改革比例区第4支部」という2つの政党支部の代表である。ここに、政党交付金が計1億4880万円も送金された。これは支部の全収入の9割以上を占める。つまり彼は、公金を私的に乱費したのである(2009年〜2014年)。

政党交付金の根拠は政党助成法。「政党の健全な活動を促すため」につくられ、「政治活動の自由を妨げてはいけないから、何に使ってもいい」とされている。さらに「残金は国庫に返納」と明記されているのに、残金を貯めこめるように逃げ道がつくられている。「基金」に移せばいい。今となっては失笑しかない。

選挙制度を小選挙区制(批判をかわすために比例枠もつけた)に移行させるとき、抱き合わせで成立させた。20年経て、目を覆いたくなるほど醜い政治家を次々に生み出した。しかも、世界一高額のカネをかけて、である。

舛添都知事だけではない。選挙や政党交付金に長けている人たちの手にかかると、公金であるカネが、政治家個人が勝手に使えるカネに化けたり、「基金」という名で蓄財したりできる(下図)。そんなこと、国民には想像できない。私もまったく知らなかったが、2012年衆院選の苦い経験から学んだ。

北欧では、完全比例代表選挙だから、政治家個人の活動に政党交付金が回ることはありえない。

またフランスは、政党候補者に女性が少ないと、政党交付金が減額されるしくみをつくった。

舛添都知事流の事件は、これからも、かならず起きる。
政党助成法を改正するか、廃棄するしかない、と思う。


c0166264_18594785.jpg


【写真上:2015年11月の集会「変ね!政党交付金」チラシより】
【写真下:松浦大悟代表の収支報告書より】

さみどりの会(*)
さみどりの会_連載「衆院秋田3区の政党交付金」
秋田政党交付金裁判、和解
許されない政党交付金の貯めこみ (佐藤美登里)
普通のおばちゃんが考える「政党交付金、基金、国庫返還」(佐々木厚子)
基金に移されていた政党交付金の国庫返還(大倉由紀子)
ためこんで翌年一気に使う「政党交付金」(大倉由紀子)
なぜ手のひらを返して追い出したのか(佐藤毅)
普通のおばちゃんが考える「なぜ秋田市に集中消費?」(佐々木厚子)
政党交付金のうまみを熟知していて追い出した(岡橋ときこ)


c0166264_15134969.jpg
(*)2012年暮れ、2カ月にわたる立候補要請を受けて、三井マリ子さんは秋田移住して衆院選に出た。落選後、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。選挙・裁判をきっかけにできた、女性と選挙・政治を考えるサイトさみどりの会ホームページには裁判情報が掲載されている。なお、同裁判は2015年11月和解で終わった
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-07 19:19 | その他