カテゴリ:USA( 122 )

c0166264_22523936.jpg報道によると、サウスカロライナ州チャールストンの教会で6月17日夜、男が銃を乱射し、教会で聖書の学習会をしていた女性6人、男性3人の黒人9人が銃殺された。

18日逮捕された白人のディラン・ルーフ容疑者(21)は、「人種間の戦争を起こしたかった」などと述べている。犠牲となったのは、牧師、図書館司書、スピーチセラピストなど、地域の尊敬を集めている人たちだった。

19日、金曜日、チャールストンの法廷で、かけがえのない人たちを亡くした親族は心情を吐露した。そのビデオを見た。

ほとんどの親族たちは涙ながらに「あなたは私の最も愛する人を奪い、私は心から苦しんでいる。あなたのなした行為を悔い改めて下さい。しかし、神の加護があなたにありますように、あなたを許さなければならない」と語った。その深い自制心と寛容さに、こうべをたれるしかない。

一方、サウスカロライナ州は、初の女性知事ニッキー・ヘイリー。共和党。彼女は、ただちに「完全なるヘイト・クライムである」とし、裁判する前から「容疑者の死刑判決を」と述べた。余りに短絡的だ。共和党は、武器を所持する権利を認めた合衆国憲法修正第2条にたてに、オバマ大統領が唱える銃規制に反対している。

対して、民主党の次期大統領候補ヒラリー・クリントンは、事件の社会的背景をとりあげた。

「人種による深い分断が存在し続けている。アメリカは人種問題と長く闘い続けてきたがまだ終わっていない」として、背後の人種差別問題を指摘した。さらに安易に銃を保持できるアメリカの法制度を批判して「銃規制にとりくむ」と語った。

ヒラリー・クリントンは、以前にも、アメリカ社会の黒人の置かれている状況を、精神保健サービスにかける予算不足と関連づけて演説していた。ポイントのみ翻訳する。

「刑法の大改革をし、大勢の人が投獄されている状態を終わらせなければならない。保護観察や薬物転用プログラムなど更生施策を新設・充実させ、軽犯罪者を刑務所に入れずに、薬物治療、精神保健支援サービスなどの代替方法を広げるべきである。アメリカの刑務所や監獄は、今や精神保健施設となっている。精神保健サービスを提供する精神保健センターや病院に対する予算削減にストップをかけよう」

「アメリカの全黒人男性の3分の1が、収監容疑にあっている現実をおかしいと思わないか。150万人もの黒人男性が、刑務所に収監されたり、早や死をして、家族や近所から“いなくなっている”現実をおかしいと思わないか」

クリントンは、メリーランド州ボルチモアで逮捕・護送されたフレディ・グレイが不慮の死を遂げた事件(2015年4月)をとりあげて、アメリカ社会の黒人差別をこう述べている。

「アメリカで、黒人男性に対する残虐行為が頻繁に起きていることは、否定しえない事実だ」

「ボルチモアの6マイル(9キロ)しか離れていない、隣接する、あちらの町とこちらの町で、20歳も平均寿命が違うのだ」(黒人居住区と白人居住区のこと)

オバマ大統領を誕生させたアメリカ。その夜は、まだ明けない。ただ、アメリカの次期大統領に、民主党の人権派ヒラリー・クリントンが就任する可能性がある、そこに、望みをかけたい。なぜなら、彼女こそ、女性への偏見や蔑視と闘い続けてきた政治家だからだ。

Hillary Clinton After Charleston Shooting: Race Remains 'Deep Fault Line'
Charleston Church Shooting: Families of Victims Address Dylann Roof at Bond Hearing
Read: Hillary Clinton’s huge new speech on criminal justice reform
人間味あふれるノルウェーの刑務所
再犯率の最も少ない国の刑務所 追記
Norske fengsler skremmer ikke utenlandske kriminelle(動画:ホテルのシングルルームのような刑務所が映し出される)
Norske fengsler skremmer ikke utenlandske kriminelle
最も再犯率の少ない国ノルウェーで今
禁固21年判決とノルウェーの犯罪制度
再犯率の最も少ない国の刑務所
未来への提言「世界一囚人の少ない国からの報告」
[PR]
by bekokuma321 | 2015-06-21 23:15 | USA

バハマ、結婚している男女間での強姦は合法
ロシア、女性が働くことのできない職種が456もある
エジプト、妻を殺害は他の殺害より罪が軽い
アメリカ、父親は母親より海外で出産した子どもや未婚の子どもの市民権を獲得しにくい
キューバ、女性は14歳になったら結婚できる
北ナイジェリア、夫は“しつけ”のために妻を殴ることができる
ケニア、男は1人以上の妻を持つことができる
ギニア、夫は妻が職業を持つことに反対できる
日本、男性18歳、女性16歳で結婚できる、女性のみ離婚後半年間は再婚できない

これらはすべて、法律上の性差別だ。

2015年の今年は、メキシコ女性会議から40年、北京女性会議から20年の記念すべき年。

さあ、これだけ男女平等が進んだよ、とファンファーレを鳴らして、歓喜の叫びをあげ、差別撤廃運動の成果を褒めあう年、ではなかったか。

しかし、実態は逆だ。性差別の法律が、世界中で、わがもの顔にのし歩いている。

先日、ニューヨークに本部を持つ「男女平等を今(Equality Now)」は、世界の性差別をわかりやすく示し、できるところから性差別法の改正に行動しよう、と、メディアに訴えた。

日本も、Equality Nowで民法の改正の早期改正を指摘された。

日本政府は、1985年、「女性差別撤廃条約」を批准した。日本にとって今年は、批准30年という記念すべき年でもある。

女性差別撤廃条約前文は、女性差別をこう規定する:

女性に対する差別は 権利の平等の原則に反する
女性に対する差別は 人間の尊厳の尊重の原則に反する
女性に対する差別は 女性が男性と平等の条件で自国の政治的,社会的,経済的及び文化的活動に参加する障害となる
女性に対する差別は 社会及び家族の繁栄の増進を阻害する
女性に対する差別は 女性の潜在能力を自国及び人類に役立てるために完全に開発することを一層困難にする

日本政府が女性差別撤廃条約を批准したということは、政府が「女性に対するあらゆる形態の差別を撤廃するための必要な措置をとる」、と内外に約束したことだ。それなのに30年たっても、必要最低限の措置である、性差別法の改正すらできてない。

Equality Now
Governments too slow to scrap laws biased against women, report says
Together for Gender Equality– a stronger Nordic Region : Nordic co-operation programme on gender equality 2015–2018
女性差別撤廃委員会の最終見解に対する
フォローアップに関する日本弁護士連合会報告書

[PR]
by bekokuma321 | 2015-02-17 01:38 | USA

世界を変えるのは

c0166264_20742.jpg

喫茶「フリーク」は、女たちになくてはならない空間だった。

男性上司の無理解に悩む女たちが相談に来た。夫に殴られた女性が駆け込んできた。レズビアンたちの集いの場になった。女性候補者の選挙対策本部にもなった。監督ジュディ・アービングや、反戦運動家レベッカ・ジョンソンもやってきた。

店主は和田明子。70年代初め、自宅を改装して開いた。いったん閉店した後に「女性の喫茶」として再開した。以来4半世紀、2007年に閉店するまで、コーヒー1杯で、女性の人権、食品安全、反原発などが語りあえるオアシスとなった。

梅田から阪急宝塚線で豊中駅へ。5分ほど歩いた小路の角。ドアを開けると、ジョージア・オキーフ、イプセンの女たちなどのポスターが迎えてくれた。なかでも、トイレの横に貼られていた黄色のポスター(写真)が私は好きだった。

アメリカの文化人類学者マーガレット・ミード(1901-1978)の言葉が躍っていた。

 
   世界を変えられるのは、
   思いやりとやる気に満ちた
   小さな市民組織である。
   実際、それ以外のことなど一度もなかった。(訳筆者)

フリークの常連客だった京都精華大学教員三木草子が、80年代初め、サンフランシスコの女の本屋「お婆ちゃんの知恵」 Women’s Bookstore:Old Wives’ Talesで見つけた。20代のころ、田中寿美子訳でミードの著作『男性と女性』に感化された私は、なつかしかった。

(続きは、叫ぶ芸術―世界を変えるのは草の根運動(アメリカ)をどうぞ。やさしく熱かった80年代のアメリカの一コマ、そして日本の女性運動へ)

Carol Seajay, Old Wives Tales and the Feminist Bookstore Network
豊中市のいう「市民とのパートナーシップ」の嘘 (和田明子)
バックラッシュに全国からNOを:「すてっぷ」館長が標的に(三井館長排斥を許さない会・和田明子)
[PR]
by bekokuma321 | 2015-02-13 20:56 | USA

c0166264_10365992.jpgオバマ大統領は、12月19日、金曜日、歴史に残るような記者会見をした。この日の質問者8人すべて女性にしたのだ。

世界各地からの報道によると、その日の記者会見は、オバマ大統領がハワイで家族と迎えるクリスマス休暇直前の、今年最後の記者会見だった。

「オバマ大統領のリストのおかげで、女性の政治担当ジャーナリストにとっては、最高の年だった」(ガーディアン紙)

「アメリカ大統領をカバーする報道機関には女性が多数いて、夜討朝駆けで激務をこなしています。質問者リストがそろった時点で、特別なチャンスではないかと考えたのです」(ジョッシュ・アーニストホワイトハウス報道官)

質問者は、前もって長いリストからオバマ大統領広報担当官が決める。大統領はそれを承認し、女性ジャーナリストだけだとわかっていた。“計画的”だった。

大統領の記者会見に女性が参加できるようになったのは、1960年代からだという。それまで長い間、ホワイトハウスの報道は男性に独占されていた。今でも、政治報道は男性記者が幅を利かせている。

大統領は、歴史的に排除されてきた人たちに対して“下駄をはかせた”のだ。

英語でアファーマティブ・アクション(積極的差別是正策)と呼ばれている。差別がなくなるまでの、暫定的な特別施策といった意味で、アメリカでは黒人差別を解消するためにはじめられた。しだいに、女性差別解消に世界で実行されるようになった。日本で話題のクオータ制もこの政策の一つと言える。

Women rule at President Obama's final press conference of 2014
President Obama Calls Only On Women During 2014′s Last Press Conference 
That time Obama called on only women at a press conference
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-25 10:47 | USA

c0166264_1084351.jpgアメリカの市民運動家ユリ・コチヤマの訃報を知った。93歳。

ユリと出会いは、ニューヨークのコロンビア大学に留学していた1980年代初め。私は友人に連れられてハーレムに住むユリの自宅を訪問した。

ドアで私を迎え入れたのは、ニコニコとほほ笑む優しそうな、とても小柄な女性だった。ところが、話し合いになると、エネルギーに満ち溢れる激しい闘士となった。目の前にいるのは、まぎれもなく私の母親と同い年頃の日本女性だ。その口から、アメリカ社会の人種差別批判や、アメリカ政府への辛辣な批判が間断なく飛び出した。

その後、何回かユリのお宅に呼ばれた。食事をしながら、たくさんのアフロ・アメリカンたちと知り合いになった。彼女からの情報で、市民権運動の集会にも参加した。

ユリの活動はとてもひとつ、ふたつではくくれない。私が会った当時、最も時間を注いでいたのは、第2次世界大戦中、日系人を強制収容所に追放したアメリカの政策の違法性と非正義を追及する運動だったように思う。

ユリの口から繰り返されたのがDeportationという言葉。その言葉が現す残酷な実態を私は初めて知った。

第二次世界大戦中、日系アメリカ人、とくに西海岸に住んでいた日本人のほとんどは、強制収容所にひっぱられて行った。ユリもその1人だった。60年代からの市民権運動の一環で、日系人・日本人移民が強制収容されたことへの謝罪と賠償運動が盛んになった。ユリは、私たちに「アメリカ政府の人種差別政策だ」と語っていた。

ユリたちのねばり強い運動が実ったのは、1988年。アメリカ政府は、強制収容された日系アメリカ人に謝罪した。1人20000ドルの損害賠償、この歴史を学校教育で学ぶための基金創設が具体的な施策だった。

アメリカを訪ねることがなくなって、ユリとの音信もとだえてしまったが、私のアメリカ観に新たな視点を加えてくれた革命運動家ユリ・コチヤマとの出会いは、心に強く刻まれている。

“Our ultimate objective in learning about anything is to try to create
and develop a more just society.” –Yuri Kochiyama

Yuri Kochiyama dies at 93; civil rights activist, friend of Malcolm X
Kochiyama, Yuri
Blue Scholars - Yuri Kochiyama
[PR]
by bekokuma321 | 2014-06-06 10:28 | USA

マヤ・アンジェロウ逝去

c0166264_10372477.jpgマヤ・アンジェロウが亡くなった。享年86歳。

アメリカの詩人、作家、人権活動家。私も、若いころ、彼女の代表作”I Know Why the Caged Bird Sings”を読む機会を得た1人だ。アメリカ南部の貧しい家に産まれた少女の壮絶な一生。アメリカ社会の人種差別、女性差別を知る、珠玉の1冊だった。

日本では、矢島翠の手で、『歌え、翔べない鳥たちよ』として翻訳出版されている。

最近では、ネルソン・マンデラを追悼するビデオで、マヤ・アンジェロウの艶のある美しい声を聞くことができた。

マヤ・アンジェロウのスピーチがネットでたくさん見つかった。私の好きな言葉を私なりに訳しながら、偉大な黒人女性に、信州の一隅から愛と感謝をささげたい。

あ・り・が・と・う、マヤ・アンジェロウ!

■I will have been as present as possible, and as courageous as possible、and not a bore.

私は、あらん限りの力でここに存在しようとした、勇敢であろうとした、私は退屈な人間ではなかった

■Courage is the most important of all the virtues because without courage, you can't practice any other virtue consistently.

勇気こそ最高の美徳である。勇気がなかったら、他の行いを続けることなどできない

■You may encounter many defeats, but you must not be defeated. Please remember that your difficulties do not define you. They simply strengthen your ability to overcome.

数えきれないほどの敗北に出会っても、あなたがそれに負けてはいけない。苦難によってあなたが決まることなどない、苦難は挑戦するあなたをさらに強くする

■Life is not measured by the number of breaths we take, but by the moments that take our breath away."

人生は何回息をしたかで決まらない、何回感動したかで決まる。



Maya Angelou, writer and poet, dies at age 86
Maya Angelou 'the brightest light' says Barack Obama
His Day is Done
シャーリー・チザム、切手に
ト二・モリスン、アメリカ大統領選挙をかたる
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-29 11:00 | USA

c0166264_1812960.jpg今年のオスカーは、「それでも夜はあける(12 Years a Slave)」に決まった。イギリスの黒人監督が、19世紀のアメリカ奴隷の話を描いた映画だ。

ニューヨークの自由黒人が、誘拐されてルイジアナに売られ、奴隷として働かされたという黒人の伝記にもとづいているという。書いたのは、本人ソロモン・ノーサップ。

19世紀の生々しい奴隷生活を、なぜ、今、映画にすることができたのか。その謎を、BBCは、「スー・イアキンがよみがえらせたからだ」と教えてくれた。

スー・イアキン(1918 – 2009)は、ルイジアナ生まれの歴史家でジャーナリスト。恐ろしく貧しい農家に生を受けた12人姉弟の長女だった。

スーが12歳のとき、友人の家ではじめてノーサップの伝記を読んだのだという。その後、大学の書店で再び見つけ、魂を奪われてしまった。しかし、本を売った人から「その本は嘘ばかりだ」と聞かされた。

嘘ばかりだと言われたことに納得できなかったスー・イアキンは、嘘かどうかを証明すべく命をかけて調査を続け、同僚と共にノーサップの伝記を監修つきの本にして、1968年、再発行にこぎつけた。彼女の70年をかけた仕事によって、「絶版となっていた」19世紀の奴隷の実話が、20世紀に息を吹き返したのだ。

彼女の本を映画監督スティーブ・マックイーンの妻が読み、ある日、夫にその本を手渡した。そして、映画となった。

スー・イアキンの一生にも心を動かされた。ルイジアナ大学で歴史学の博士号をとったのは60歳。ノーサップの伝記について、さらなる調査を続け、あたらな証拠を入れて再発行したのは、なんと彼女が88歳の時だったという。

スー・イアキンは、黒人差別が強く残る南部で、黒人解放運動に取り組んだことでも知られている。

私は映画をまだ見てない。見るのがとても楽しみだ。

http://www.bbc.com/news/magazine-26344746
http://www.thedailybeast.com/articles/2013/10/20/the-woman-who-saved-solomon.html

[PR]
by bekokuma321 | 2014-03-03 18:18 | USA

c0166264_2132151.jpgアメリカに、シャーリー・チザム(1924-2005)の切手が誕生した。おめでとう!

シャーリー・チザムは、アメリカの市民活動家、女性解放運動家、教育者、作家。

彼女は、黒人女性を阻む厚い壁にぶつかっては、それを打ちくだいていった。初のアフリカ系女性下院議員、初のアフリカ系大統領候補・・・・たくさんの「初の」を持つ。

最もよく知られているシャーリーの言葉のひとつを引用しよう。

「私のかかえる2つのハンディキャップのうち、黒人であることよりも、女性であることのほうがずっとたいへんでした」

http://www.nydailynews.com/new-york/brooklyn/shirley-chisholm-honored-postal-stamp-article-1.1596959
http://www.jofreeman.com/polhistory/chisholm.htm
http://www.forharriet.com/2014/02/us-postal-service-honors-shirley.html
[PR]
by bekokuma321 | 2014-02-07 21:05 | USA

c0166264_12352672.jpg1月27日、アメリカのニューヨーク州議会が「女性の平等法Women's Equality Act」を可決した。

クォモ知事は、ジェンダーによる差別と不平等を根絶することによって、ニューヨーク州を、女性の権利の指導者に戻したいと述べた。

知事は、「女性の平等連合Women’s Equality Coalition」のメンバーたちとともに法案制定を推進してきた。同連合は、ニューヨークにおける男女平等を求める市民組織や経済団体で作られていて、その数、850に上る。

同法の制定は、ニューヨークの女性たち1000万人の生活を向上させる約束をしたことになるーーこう述べるのはNARAL(妊娠出産の自由選択を求める市民団体)。NARALは、ただちにネットサイトで、州議会議員の誰が賛成し、誰が反対したかを発表した。

「女性の平等法」は、次の10分野にわたる。これまでの個々の法律の抜け道をふさぐ目的を持つとされている。

1)男女同一価値労働同一賃金の獲得
2)すべての働く場所におけるセクシャルハラスメントの根絶
3)雇用、預金、融資事件における弁護士費用の払い戻しの認可
4)人身売買法の強化
5)家族関係差別の根絶
6)収入源差別の根絶
7)DV被害者への住宅差別の根絶
8)妊娠差別の根絶
9)保護命令法を強化してDV被害者保護
10)女性の妊娠・出産における選択の自由の擁護

東京は都知事選真っ最中。東京都でこそ、この手の法律をつくりたい! このような法律づくりを手がける知事は、誰だろうか。(日本では条例しかつくれないが)

http://www.governor.ny.gov/2013/womens-equality
http://www.governor.ny.gov/press/06042013Womens-Equality-Act-Legislation
http://nywomensequality.org/10-point-plan/
http://www.protectchoicenow.org/assembly/
[PR]
by bekokuma321 | 2014-02-01 12:50 | USA

オバマ大統領の一般教書演説をネットで聞いた。

アメリカ国会は、上院は民主党が多数だが、下院で野党共和党が多数を占めるため、法案が阻まれることが多い。日本人が当たり前のように思っている健康保険すら、険しい道のりだった。

そんな中、オバマ大統領は「アメリカでは格差が広がっている」とし、失業手当の充実、すべての子どもへの質の高い教育の必要性、最低賃金の引き上げ、女性への賃金差別の是正などを指摘した。

「Women Deserve Equal Pay for Equal Work(すべての女性は、男女同一価値労働同一賃金にあたいする)」と言ったときは、拍手が鳴りやまず、スタンディング・オベイションとなった。

c0166264_15172763.jpg

アメリカ女性は、65歳までに賃金格差によって43万ドル以上も損している、4900万人のアメリカの子どもがシングルマザーに育てられている…こうした事実が裏づけとなっている。オバマも、そうしたシングルマザーの子どもだった。

全演説の中で、次のセリフが私の心に残っている。

「もう、“狂った男たち”による時代の雇用政策をやめる時だ。
すべての女性に働く機会を与えよう。
女性が成功すればアメリカは成功すると、僕は固く信じている」

"Mad Men”って、間違いでは、と思ってもう一度聞いた。たしかにそう言っていた。

http://www.whitehouse.gov/sotu
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-25939352
国家か人権か:NSAを告発したスノ―デン
オバマ大統領一般教書を女性の視点で見る
オバマ大統領、国際女性問題大使創設
初の黒人大統領オバマの陰に4人の女性あり

[PR]
by bekokuma321 | 2014-01-30 15:26 | USA