カテゴリ:USA( 124 )

アメリカ大統領選が終わった。

大方の予想は、ヒラリー勝利に傾いていた。アメリカに住む友人は、「黒人を大統領に選んだ国が、次に女性を大統領に選ぼうとしている」と喜びを書いてきた。しかし、彼女の喜びはあえなく消えた。

アメリカは、白人男性を選んだ。しかも、その白人男性は、何人もの女性からセクハラをされたと訴えられたり、女性を体で値踏みしたり、障害を持つ記者の格好を真似て馬鹿にしたり、メキシコ人を「強姦魔であり、犯罪者だ」と言ってのける人物だ。

c0166264_22164865.jpg
   ▲得票数で、青のクリントンが赤のトランプより多かった

その選挙の総得票数を見ると、青のクリントン59815018票、赤のトランプ59611678票。クリントンが上回っている。ところが、当選したのはトランプだという。

c0166264_22173098.jpg
    ▲各州から選ばれた選挙人は青のクリントンより赤のトランプが多かった

アメリカの大統領選の選挙制度のせいだった。有権者は、各州に割り当てられた「選挙人」を選ぶのだが、各州で1 票でも多く票をとったほうが、その州の選挙人を全て獲得できる。「勝者総取り」とりいうものだ。「勝者総取り」とは、なんともアメリカらしいが、その結果、選挙人の数はクリントン228人、トランプ279人と出、トランプ当選となった(11月10日現在)。

この選挙で、トランプに投票した人100人につき1人がクリントンに投票したらどうなったか。クリントン票が2%増え、クリントン307人、トランプ231人になったという(What A Difference 2 Percentage Points Makes)。

この100人につき1人をクリントンからトランプへ移しただろう張本人は、FBIのコーミー長官だと私は思う。彼は、選挙運動がピークに達する10月末、ヒラリー・クリントンの新しいメールを調査すると発表した。ただちにトランプは「クリントンは犯罪者だ」と吠えまくった。当然クリントンの人気が急降下した。1週間後、FBI長官はクリントンを訴追しないとした。

が、このメール騒動はクリントンへの票を減らした可能性がきわめて高い。実は、このコーミーFBI長官は、なんのことはない、長年の共和党員だった。トランプは共和党の候補だ。

民意を反映しない選挙制度、共和党員歴の長いFBI長官の選挙妨害的行為と、後味の悪い選挙だった。

そして、この選挙から私が学んだ大事なことがある。

それは、世界注視のテレビ討論会で、相手候補の発言をさえぎって「なんて嫌な女だ」と繰り返した男が、断罪されるどころか、「よくぞ言った」とばかり支持されたことだ。しかも、その“隠れトランプ”は、おびただしい数に上ったということだ。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-10 22:37 | USA

c0166264_21502590.jpgヒラリー・クリントンは、アメリカ初の女性大統領とはなれなかった。次期大統領は、共和党の、不動産、ホテル、カジノで巨万の富を築いてきた実業家で、反フェミニストのドナルド・トランプだった。

彼は、数多くの女性たちからセクハラや性暴力で訴えられたり、日本に核武装を、などの言動の持ち主だ。また、日本会議のような右翼の政治組織「茶会(テ―・パ―ティ)」から支持を受けている。テ―・パーティは、公的健康保険も、妊娠中絶も、同性愛も、銃規制強化も認めていない。これらは、ヒラリー・クリントンが推進してきた政治テーマだ。

ヒラリー・クリントン支援者で映画監督のマイケル・ムーアは、10月、こう鋭く指摘している。

「トランプ支持者たちは、彼を『人間火炎瓶』だと思っている。システムを崩壊すると叫ぶトランプの考えが好きなのだ」

「トランプは単なるお笑いではない。皆、彼は自分たちのメッセンジャーだと見ている」

ガーディアン紙によると、トランプの勝利判明後、オークランド、ロスアンゼルス、ポートランド、ニューヨークなどで、早速トランプに対しての抗議のデモが起きている。当然だろう。

また、リベラル派のフェミニスト首相ジャスティン・トルドーが率いる隣国カナダ移民サイトにアクセスが殺到したためか、パンクした、とも報じられている。アメリカに住んでいたら、私だって逃げ出したい。

US election 2016: America wakes up to president-elect Donald Trump – live
Michael Moore: Supporters see Trump as 'human Molotov cocktail'
How Trump awakened a feminist revolution in America
18 Real Things Donald Trump Has Actually Said About Women Yes, this man is running for president
Mourning in America_NIGHTMARE: Prez Trump... America Elected A Man Who Said ‘Grab Them By The Pu**y’ Over The First Female President... Party Ends In Tears...
[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-09 21:54 | USA

ヒラリー・クリントンの大統領選ホームページには、彼女を大統領にしたい133の理由が載っている。そんなに多くはないが、FEM-NEWSも、ヒラリー・クリントンのしてきたことを思い出してみたい。女性政治家は増えてきた。しかしフェミニストの彼女でなければ、これほどのことをできなかっただろう。

チャールストン黒人襲撃とヒラリー・クリントン
慰安婦ではなく性的奴隷である
オバマ大統領、国際女性問題大使創設
クリントン長官「日本で女性差別減るとGDP16%増える」
宗教新聞、クリントン長官写真を削除
クリーン台所コンロ作戦で女の命を救え
世界人身売買レポート
クリントン国務長官による女性デーの演説
クリントン、オバマを上回る人気
米政府、「人身売買報告書」を発表
ミッシェル・オバマ、女子校を訪問し激励
クリントン国務長官、韓国の女たちを鼓舞
クリントン国務長官 女性の人権を強調
ヒラリー・クリントン上院議員のスピーチ

c0166264_22593022.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-08 23:03 | USA

昨夜、アメリカの友人からメールがきた。

「この1年間、心臓がつぶれそうな思いですごしてきました。あの男性は、へどが出るような生き物です。万が一、彼のような人種差別主義者、性差別主義者、同性愛差別主義者、白人至上主義者の男性が大統領に選ばれたなら、アメリカというわが祖国を心から心から恥ずかしく思います。11月9日、史上初の女性大統領を選んだ国で、朝を迎えられますように」

下の新聞記事は、先月、3回目の討論会で、共和党候補ドナルド・トランプが、民主党候補ヒラリー・クリントンに向かって、「なんて嫌な女だSuch a nasty woman」と言ったとき、一気に書いた。クリントンは、「富裕層に増税をして社会保障にもっとお金を投入すべきだ」、と討論会で提案した。その最中だった。トランプは、最後まで彼女に言わせてなるものか、とかぶせた。下の記事テーマは大統領選に関係ない。

 
[クリックすると大きくなって読みやすくなります]

明日はアメリカ大統領選投票日だ。これでテレビをつけたら下劣な差別語をはく男性の顔が飛び込んでくることもなくなる。とはいえ、まだ結果はわからない。

3回目の討論会で、彼は司会から「選挙に負けたら、それを認めるか」と聞かれて、最後まで「認める」とは言わなかった。彼が絶対に負けたくない相手は「オンナ」なのだ。「オンナ」に負けるなんてことは、最大の恥辱であり絶対に認められない。それが、性差別主義者の性差別主義者たるゆえんだ。

それにしても2大政党のひとつが、大統領という最高権力者に、彼のような人物を選んだアメリカという国。その底流には、どうにもならならないほどの極端な格差社会があるという見方は、あたっていると思う。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-08 20:41 | USA

c0166264_055927.jpg 6月27日、アメリカ連邦最高裁判所は、妊娠中絶施術をきわめて難しくしていたテキサスの法律は「違憲である」として退けた。5対3(1人空席)。

最高裁判決は、妊娠中絶の権利を求めてきた女性運動家たちに勝利をもたらした。よかった、よかった!

テキサス州は知事も州議会の多数派も共和党。2013年、「女性の健康を保護するため」という理由で成立した。同法施行後、テキサス州内のクリニックは49から19に激減していた。

Supreme Court strikes down restrictive Texas abortion law
How restrictive are abortion regulations in your state?
Whole Womans Health
TRAP Laws
ポーランド妊娠中絶禁止の新法上程

【写真:Sisterhood is powerful and international の絵葉書。ふじみつこ作】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-28 00:08 | USA

”あの生活”の後の人生

c0166264_10472391.jpg「人身取引(Human trafficking)に解決はあるか、ですが、長年、人身取引の根絶をめざして闘ってきた私が学んだなかでは、北欧モデルが最善の策である、と思います」

「北欧モデルは、性行為を買う人たちや中間搾取する人たち側を罰する法制度です。売春をする個人を罰することをせず、その人たちには立ち直るために支援を与えるというものです」

「この種の支援は非常に少なく、犠牲者たちは、“あの生活”の後に何か別の人生があることなどほとんど考えられないのです。私たちは、アメリカ・サンディエゴで、このようなサービスを確立しようと、がんばっていますが、まだできていません」

ガーディアンに紹介されたクリスタル・アイル(Crystal Isle)の言葉だ。

彼女は、「搾取からの自由(Freedom From Exploitation)」という人身取引根絶団体に属する運動家。今年から、奨学金を得て勉学する大学生でもある。

彼女は、幼いころから性的虐待や強姦、ネグレクトされる毎日だった。薬漬けになってしまった。彼女の夫が金のために彼女に女性との性行為を強制させるようになった。薬がほしいために、彼の言うがままになるしかなかったという。後、逮捕されて投獄。

彼女が大学に入学できたのは奨学金のおかげだ。サンディエゴにあるポイントロマナゼレン大学(Point Loma Nazarene University)の「美しい灰のスカラシップ」に応募して合格した。おめでとう!

このスカラシップは、”現在の奴隷”と呼ばれる人身取引の犠牲者に学びの機会を与えるために特化された奨学制度だという。

人身取引から生き延びた彼女が推薦する北欧制度、そのさきがけとなったノルウェー法とその支援システムは、下の和訳リンク。

I survived human trafficking
beauty-for-ashes-fund
EU買売春禁止モデル国のねじれ
買売春禁止、北欧にならうEU諸国
ノルウェーの買春禁止法の問題
買売春、減らず

【写真:ノルウェーの売春婦たちを支援する組織「プロセンター」年次活動報告書】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-22 10:56 | USA

紙幣の顔

1万円札から福沢諭吉を引退させようという全国運動がある。Web誌「現代の理論」で黒田貴史編集者が書いていた

福沢は、「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」と言った人として知られている。

ところが、ところが、福沢は、「アメリカ独立宣言には、天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずと言っているが・・・」と紹介しただけで、福沢自身はそのような考え方に同意するどころか、アジア蔑視の先導者だったらしい。安川寿之輔名古屋大学名誉教授の講演をIWJ録画で視聴して学んだ。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という福沢の「学問のすゝめ」を私も無邪気に引用したことがある。「福沢諭吉神話」(安川)に完全に毒されていた。

こんな差別主義者の顔を毎日、見るのは気分が悪い。1万円札から福沢諭吉をなくそうという運動に心から賛同する。

さて、アメリカに、似たような運動がある。

c0166264_134465.jpg


20ドル紙幣のアンドリュー・ジャクソン元大統領の顔に変わって、新札には、ハリエット・タブマン(↑)が登場する。タブマンは19世紀の奴隷だ。彼女は、命がけで、奴隷制のない州に逃亡。その後、奴隷逃亡運動に全精力をつくして、11年間に300人以上の奴隷たちを助けたという。

お札から、奴隷王でもあったジャクソン大統領を追い出して、女性奴隷に変えるとは! 拍手かっさいだ。

そのプロセスは以下をどうぞ。

叫ぶ芸術:ポスターに見る世界の女たち_新ドル札の顔になる19世紀のモーゼ(アメリカ)
オバマ大統領スピーチとタブマン
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-21 13:24 | USA

c0166264_94480.jpg6月12日午前2時ごろ、米フロリダ州のオーランドにある同性愛者のナイトクラブ「パルス」で、男が銃を乱射。50人が死亡、53人が重傷を負った。

オバマ大統領は、テレビで「テロであり、ヘイト・クライム(憎悪犯罪)だ」と沈痛な面持ちで語った。彼はかねてから銃規制の法制化に取り組んできたが、全米ライフル協会の政治力や、銃所持・携帯の自由を唱える反対派にあって前に進めないでいる。

オーランド市のパティ・シーハン市議会議員は、こみ上げる涙と憤りを抑えながら、記者団に語った。

「アメリカ最悪の銃殺事件が、ゲイ社会をターゲットにして起きた。心がつぶれるようです」

「私たちは、言いたい。私たちは、愛し合う人間であり、逆境にめげない人間です。私たちは、この流血の惨事を目の前にして、人間として最良の部分を見せます。私たちは、よりよいコミュニティであり、よりよいアメリカ人であることを見せます」

彼女は、同性愛であることをオープンにして、ゲイ社会の権利擁護と環境改善に発言し続けるスポークス・パーソンである。

パティ・シーハン市議会議員のような政治家を選出してきたオーランド市民に敬意を示しつつ、今後彼女を待ち受ける途方もなく困難な闘いに、心から連帯の気持を送りたい。

Florida nightclub shooting: 50 killed and 53 injured in 'act of terror' – latest updates
ILGA-Europe
ユーロプライド2014
ストックホルムに、第3の更衣室
国際ホロコースト・デーに思う女性強制収容所
世界初の同性婚から10年
保育園の教材に同性愛登場
ノルウェー新婚姻法 追記
ノルウェーで同性同士の婚姻が合法に
黒人射殺事件不起訴から秋田の事件を考える
日本:いじめに遭うLGBTの子どもたち 保護されず

【写真:オーランド市ホームページより】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-13 09:10 | USA

c0166264_2316189.jpgオバマ大統領の最後の記者晩さん会は、ジョークの連続だった。

ネットで視聴して楽しんだ。ひとつだけ紹介すると、

「今日のネタが上手くいけば、来年、ゴールドマン・サックスで使います。タブマンの紙幣をぼくに稼がせてほしい」(If this material goes well, I’ll use it at Goldman Sachs next year. Earn me some serious Tubman’s.)

ゴールドマン・サックスは、ヒラリー・クリントンへの痛烈な皮肉だ。サンダースが民主党大統領選の討論で、「クリントンは、大手投資銀行ゴールドマン・サックスから講演料60万ドル(約6500万円)を受け取った」と非難したことで私も知った。いくらなんでも破格すぎると誰もが思っただろうが、オバマでなければジョークのネタにはできないだろう。会場は爆笑。

その次の言葉は、もっとオバマらしい。新しい20ドル札に顔が載ることに決まったタブマンを引き合いに出したのだ。タブマンはハリエット・タブマン。私も昨日知ったばかりだが、1820年生まれの奴隷解放運動家だ。

少女のころ、頭が割れるほど殴られて、以来頭痛に苦しんだという。奴隷の身から逃げ出すことに成功した彼女は、地下鉄組織と呼ばれる奴隷を解放させる秘密結社のリーダーになって、南部に戻っては11年間に300人以上の奴隷を南部から北部やカナダに逃がした。懸賞金のかけられる「おたずねもの」だった。

南北戦争中は、看護師や北軍のスパイとして働いた。その後、アメリカ女性の参政権運動に尽力。晩年はニューヨークに住み、身寄りのない黒人のめんどうを見たという。なんという人生だろう。

オバマ大統領がタブマンをさらりと出したとき、大きな拍手が巻き起こったのもうなずける。

20ドル紙幣の顔を、何百人もの奴隷を所有していたアンドリュー・ジャクソン大統領から、奴隷解放運動家タブマンに変える運動をした、アメリカの女性団体の力にも、驚嘆する。

Harriet Tubman
Women on 20s
If you have no idea who Harriet Tubman is, you’re not alone

【写真はハリエット・タブマン Artist: H. Seymour Squyer, 1848 - 18 Dec 1905 - National Portrait Gallery】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-05-03 23:20 | USA

テニス界のワールド・チャンピオン、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の株が急降下している。

BNPパリバ・オープン大会ディレクターのレイモンド・ムーアの女性蔑視発言を紹介したが、彼の発言に関わって、ジョコビッチは、こう言ったのだ。

「男子テニス界は、もっと多く賞金を要求すべきだと思う。男子テニスの試合に来る客の方が多いとデータがあるのだから」

セレーナ・ウィリアムズは、レイモンド・ムーアに対してと同様、このノバク・ジョコビッチ発言も聞き逃さなかった。すぐ鋭く反撃した。

「非常に失望した。たとえば、娘と息子の両方がテニスをしていて、息子に、あなたは男の子だからより賞金が多いなんて言えない。3歳でテニスを始めた娘と息子に、あなたたちはどちらも同じように評価されると言いたい」

ジョコビッチとトップを争うイギリスのアンディ・マレーも、ノバク・ジョコビッチの発言に対して、「賞金額は男女同一で、100%当然」と断定して、こう批判した。

「ジョコビッチは、女性が男性よりも観客が多いと、より賞金が多くあるべきだと言っているらしい。しかし、たとえば、セレーナがセンターコ―トで試合をして、男子プレイヤーがセルジー・スタコフスキ(ウクライナ)と男子テニスの試合をしたとしよう、観客の多くはセレーナの方を見にくるに決まっている。女性の試合を見に来る客は大勢いる。全体でどうのこうのとは言えない。どんな試合を見たいかによって、日によって、変わる」

アメリカのテニス界の対応は素早い。今日のニュースによると、女性蔑視発言をしたレイモンド・ムーアは、ディレクターを辞任し、ノバク・ジョコビッチは「誤解されてとられた」と謝罪した。

c0166264_18205514.jpg年俸ウン十億円というプロ・スポーツ界と、年収ウン百万円の日本女性の賃金を比べるのは、適当とはいえないかもしれない。でも、この一連の発言は、日本でやっと社会問題になりつつある「男女同一価値労働同一賃金」という大テーマについての、生きた材料だった。なかでもセレーナ・ウィリアムズの反撃は、すばらしかった。多くの働く女性だけでなく、性差別の嫌いな男性も、うなずいたはずだ。

ところで、男女同一価値労働同一賃金について、錦織圭選手からコメントをとった日本の記者はいたのだろうか。

Serena Williams and Andy Murray back equal pay and wade into Djokovic
Raymond Moore Steps Down As CEO and Tournament Director of the BNP Paribas Open
Tennis pay row: Novak Djokovic says comments were taken wrong way
セレーナ・ウィリアムズ「地上の全女性への侮辱だ」
高梨選手と女子スキージャンプ
女性がマラソンをすると胸毛がはえる
昭和シェル石油女性差別裁判原告・野崎さんの想い

【写真:1993年代の北欧の「男女同一価値労働同一賃金」キャンペーンポスター】

追記(2016.3.24) 今回の論争の大前提に、すべてのメジャーテニスの試合では、賞金額に性差がなくなっていることがある。もちろん長年、男性の試合の賞金のほうが女性のより高かった。その歴史を破った選手がビリー・ジーン・キングBillie Jean King。彼女は1973年、男性テニスプレイヤーに試合を挑み勝利した。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-03-23 18:38 | USA