カテゴリ:USA( 123 )

オバマ大統領候補が副大統領候補に選んだ人は、ジョゼフ・バイデン上院議員(65)。民主党の重鎮で外交問題に見識が高いといわれている。

ジョゼフ・バイデンといえば思い出す。

あれは、1991年秋。世界で初めてセクシャル・ハラスメントが政治の舞台で議論されたアメリカ上院の司法委員会。アニタ・ヒルが上司トーマス・クレアランスをセクシャル・ハラスメントで訴え、彼が最高裁判所裁判官に適するかどうかが問題になった事件だ。

ジョゼフ・バイデン議員は、いわゆる「セクハラ公聴会」の特別委員会委員長だった。友人が送ってくれたビデオで、全米生中継されたその一部始終を見ることができた。彼の激しい質問態度をよく覚えている。しかし、彼は女性解放運動に非常に関心が高く、女性団体から高い評価を受けている政治家だったが、この事件の過程で、セクシャルハラスメント被害についての理解は十分とはいえないという評価が女性たちから下った。

所変わって、当時、日本では「セクハラ? 僕もされてみたいよ」などと馬鹿にされるのがおちだった。その日本の現実のまっただ中にいた私は、彼の指揮した議会の司法委員会を、まるで別世界のように思えたことを記憶している。とりわけ、ジョゼフ・バイデン委員長の真正面からセクシャルハラスメントに向き合おうとした姿勢に(と私には見えた)、私は、いつになったら日本の男性がこのように真剣にセクハラに立ち向かうのだろうと憧憬にも近い目で見ていた。

この「セクハラ公聴会」で知ったアニタ・ヒルの勇気、彼女を全面的に支援したアメリカ女性議員たちに力を得、私は日本でのセクシャル・ハラスメント対策にさらに歩を進めることになった。

ジョゼフ・バイデンは、2世でも3世でもない労働者階級の出だ。最初の妻と娘を交通事故で亡くしている。その後、脳動脈瘤で危篤となり、2回の大手術の後、奇跡の回復をとげた。悲劇の人と言ってもいいくらいだ。並々ならぬ苦難を乗り越えてきた政治家だと思う。

http://www.nytimes.com/2008/08/24/us/politics/24biden.html?ex=1235448000&en=e617f278306bb573&ei=5087&excamp=NYT-E-I-NYT-E-AT-0827-L4&WT.mc_ev=click&WT.mc_id=NYT-E-I-NYT-E-AT-0827-L4
■上院の「セクハラ公聴会」(『桃色の権力―世界の女たちは政治を変える』、三省堂、1992)
[PR]
by bekokuma321 | 2008-08-28 08:46 | USA

初の女性大統領か、初の黒人大統領か。世界中をわかせた民主党大統領候補選挙。大接戦の末、敗れたヒラリー・クリントン上院議員が、8月26日、民主党大会で演説をした。

彼女は、オバマ候補への支持を訴え、アメリカの政治を民主党にとりもどそうと力強く訴えた。アメリカ女性の参政権の歴史から、子どもをかかえガンと闘う健康保険のないシングル・マザーの窮状まで、女性の視点で政治を見つめなおした。

「1848年、セネカ・ホールでの女性参政権を求める初の集会に、何日もかかって参加した人たちがいる。彼女/彼らは、それから72年間闘わねばならなかった。そして、88年前の今日この日、女性たちは参政権を勝ち取った」

「私の母は、女性参政権のないころに生まれた。しかし、私の娘は、母親を大統領に選ぶことができた」

などなど・・・。会場を総立ちにさせる力強い演説だった。ヒラリーなら女性初の大統領になれると応援してきた多くの女性たち、いや男性も、この日の力説を聞いてますます大統領にしたいと思ったことだろう。

北欧諸国は、アイスランド、フィンランドで大統領、ノルウェーで首相と、国のトップに女性をすでに選んできた。アメリカ国民が女性大統領を選ぶまでには、あと何年かかるのだろうか。そして、わが日本は・・・。

民主党大会は8月25日から28日までデンバーで開催中。

http://www.demconvention.com/hillary-rodham-clinton/
http://www.guardian.co.uk/world/2008/aug/27/uselections2008.hillaryclinton
[PR]
by bekokuma321 | 2008-08-27 16:27 | USA

2007年7月、私の人生の選択に、計り知れない影響を与えたダグちゃんこと作家ダグラス・スタウトが亡くなった。

長く長く、多忙にかまけてご無沙汰ばかりの年月だった。ふと、本棚にあった彼の詩集を手にした私はむしょうに会いたいなと思った。アメリカまで遊びに行こうかな、などとぐずぐずしているうちに数日が過ぎた。

そんな矢先、彼のお連れ合いの西尾和美さんから訃報が届いた。

なんということ!急きょ、サンフランシスコに飛んだ。

■作家ダグラス・スタウトをしのんで
http://janjan.voicejapan.org/culture/0708/0708251295/1.php
[PR]
by bekokuma321 | 2007-08-31 13:12 | USA