カテゴリ:USA( 120 )

ドナルド・トランプの下劣な言動には、私も虫唾が走った。
c0166264_15425948.jpg
公的健康保険の廃止、妊娠中絶反対、イスラム教徒差別、メキシコとの国境に壁、銃規制緩和、テロ容疑者への拷問容認…。   


さらには、大勢の前で、障害を持つニューヨークタイムズ記者の物まねをして彼をあざける。
辛辣な質問をした女性ジャーナリストに対して、「彼女のどこからであれ、血が出ていた」とからかう。

あげくの果てに、「スターなら、女に何でもできる。女性器をつかんだり、な」と、彼が友人に告げた言葉がワシントンポストに公表された。


バカにされっぱなしでたまるか。アメリカの女たちは、トランプのアメリカ大統領就任式の翌日にワシントンでデモをしようと決めた。

英語の女性器(Pussy)は、子猫という意味でもある。「女性器をつかめ」に対抗して、子猫の形のニット帽をかぶるのはどうかしら。帽子の色は「女の子はピンク」と決めつけてきたんだから、ピンクはどうかしら。

こんなおしゃべりが、ネットを通して世界に広まった。名付けて「子猫ちゃん帽プロジェクト」。

そして、121日のアメリカの首都、ワシントン。通りという通りは、ピンクのニット帽で埋まった。「さあ、どうだ、つかめるならつかんでみろ」と。

その子猫ちゃん帽プロジェクトのポスターがこれだ。ポスターには、「女性の権利は人権である」と書かれていて、中央の動詞ARE(=である)がピンクの毛糸で描かれている。その毛糸で編んだ小さなピンクのニット帽が2つ見える。

「子猫ちゃん帽プロジェクト」は121日だけで終わらなかった。38日の国際女性デ―には、日本でも「子猫ちゃん帽」をかぶった女性たちでいっぱいだった。

「子猫ちゃん帽プロジェクト」をもっと知りたい方は、叫ぶ芸術「ポスターに見る世界の女たち:反トランプ480万人のデモ」をどうぞ。


女たちのワシントン行進とPussyhat


[PR]
by bekokuma321 | 2017-03-21 15:55 | USA



c0166264_23124140.jpg

216日(木)、メディアを敵視するトランプ大統領の記者会見が世界に流れた。


記者たちを小ばかにしながら、攻撃に終始した。なかでも、黒人女性記者に対する失礼で居丈高な態度に非常に腹が立った。


彼女の名はエイプリル・リアンApril Ryan(左)。ホワイトハウス付き20年以上のベテラン記者だ。アーバン・ラジオ・ネットワークAmerican Urban Radio Networks(AURN)のワシントンチーフとして活躍する。


トランプ大統領が突然開いたホワイトハウスの記者会見で、後ろのほうに座っていた彼女は、「CBC黒人議員連盟を インナーシティ政策を話し合う席に、加えていただけますか?」と大統領に尋ねた。インナーシティ問題とは、大都市の中心部のことで犯罪を含めさまざまな問題を抱える。


大統領はCBCを聞き取れなかったようなジェスチャーをして、後ろの席にいる彼女に「誰を加えるんですって?」と質問した。


すぐにリアン記者は、「黒人議員連盟を加えていただけるかどうか・・・」と略語CBCの正式名を言ったら、言い終わらないうちに大統領は彼女に対して「あなたが会合を設定したいんですか? あなたが会合を設定したいんですか?」と繰り返した。


リアン記者は「いいえ、違います」とすぐ否定した。彼女が否定しようとしている発言が終わらないうちに、またしても彼女に言わせまいとするかのように、かぶせて、大統領は「あなたの友だちですか? 会合を設定しなさいよ」と彼女に命じた。なんということだ。


記者の役割は、大統領と議員との会合を設定することではない。「会合を設定しなさい」とは、記者への侮辱である。彼女は、インナーシティ問題の検討に不可欠である黒人の議員団の声を大統領は聞くべきではないか、と全うな質問をしたのであり、それに大統領はまともに答えなかった。


この記者会見で、トランプ大統領は、さすがに「僕は女性差別をしない人間だ」とは言わなかったが、「僕ほど、人種差別をしない人間はいない」と自画自賛した。笑わせるな。リアン記者への侮蔑的態度こそ、彼が人種差別的人間であることの証明である。


このような人物が世界最強の権力を握ったのだから、嫌でも注視していかなければならない。


The Presidency in Black and White: My Up-Close View of Three Presidents and Race in America (April Ryanの著書)上の写真はその表紙
Trump's press conference footage in full – video

女たちのワシントン行進とPussyhat
女たちのワシントン行進、始まる
展覧会「嫌な女」
白人男性大統領の陰にある「勝者総取り」「隠れトランプ」

アメリカに反フェミニスト大統領誕生
アメリカ大統領選と「嫌な女」
オバマ、記者質問を全て女性に






[PR]
by bekokuma321 | 2017-02-18 23:31 | USA

c0166264_2352318.jpg
女たちのワシントン行進は大成功だった。主催者の予想をはるかに超えて、ワシントンでは50万人。全米では100万人を超す大行進となったらしい。

女たちのワシントン行進のシンボルは、ピンクのニット帽だった。通りを埋め尽くした人、人、人。頭には温かそうなピンクの帽子がのっかっていた。

ホームページによると、ピンクのニット帽をかぶろうというプロジェクトを思いついたのは、ロスアンジェルスのクリスタ・ス―とジェイナ・ジ―マンの2人。すぐにア―テストのオーロラ・レディも加わった。

これをかぶって、たくさんのフェミニストたちを元気にできたらすてきだね。そうね、1月21日は寒いしね。

こんな女たちの思いは、またたくまに形になっていった。ホームページで、簡単な編み方が指南される。編み物は昔から女たちの得意技。ワシントンに行けないお婆ちゃんが編んで参加する孫やその友人にプレゼントする。どっさり編んで知人の店に置いてもらい、その日までとりにきてもらう・・・。

そして、1月21日。

全米の女たち、男たちの行進を明るく盛り上げる最高の小道具となった。いや、アメリカだけでなく、世界何十カ国で行進があったらしい。私には、さきほどノルウェーから、ピンクの帽子をかぶってデモに参加した男性の写真がfacebookで届いた。

さて、この帽子には Pussyhatという名がつけられている。Pussy は女性器を指す俗語で、女性自身を指すこともある。「お前は女々しい奴だ(You are a pussy)」と男性を侮蔑するときにも使われる。卑猥なニュアンスがまとわりつき、女性がこのことばを口にすることはあまりなく、男性でも口にする人は多くないように思う。

しかし、あろうことか、ドナルド・トランプは、この単語を使ってワイ談を交わしていた。その録音がそっくり「ワシントン・ポスト」(2016年10月8日)で公開された。さすがの彼も「それはでっちあげだ」とは言えなかった。

彼の言葉は以下のとおり。これほどまでに女性を蔑んだ言葉があろうか。訳す労をとる気になれないので、自分で訳してほしい。

"I'm automatically attracted to beautiful [women]—I just start kissing them. It's like a magnet. Just kiss. I don't even wait. And when you're a star they let you do it. You can do anything ... Grab them by the pussy. You can do anything.”

ロスアンジェルスの3人や、賛同者たちは、「おびただしい数のピンクのPussyを見て、彼はどう思うかしらね」と、クスクス笑いながら編み棒を動かし続けたのではないだろうか。

1月21日、大統領トランプがその光景を見たかどうかは不明だが、ピンクのふわふわしたニット帽は最高の武器となって、彼の女性蔑視に一矢報いたことは確かだ。


c0166264_031182.jpg


weird sister
Pussyhat Project
Trump recorded having extremely lewd conversation about women in 2005(トランプの卑猥な言葉の録音が証拠として掲載されたワシントンポスト記事。テープ起こしされた文字も下劣極まりないが、録音からは彼の声の調子や笑いなどから女性に対する性的侮蔑がよりリアルに伝わってくる)
女たちのワシントン行進始まる(女たちのワシントン行進の目的が書かれている)
Politiet: 2000 marsjerte mot Trumps likestillingssyn i Oslo(ノルウェーでは、1月21日約2000人がオスロで「女たちのワシントン行進」に連帯した。オスロのほかベルゲンなどの他都市でも行われた)

【写真上:Pussyhat。pussyは子猫ちゃんという意味もあり、かぶると猫の耳のようになる。下:ポスター「女性の権利は人権である」。1995年の国連世界女性会議を象徴する言葉だった。ともに、Pussyhat Projectより】
[PR]
by bekokuma321 | 2017-01-23 00:10 | USA

ドナルド・トランプがアメリカ大統領に就任した。就任演説は、アメリカ第一を掲げるエキセントリックな内容だった。大統領就任後、執務室に入った彼が第一にやった仕事は、オバマケア(公的健康保険)つぶしだった。

しかし、女たちの闘いはこれからだ。

まずは、「女たちのワシントン行進」が、現地時間1月21日10時に始まる。もうじきだ。全米から長距離バスに乗って、ワシントンにやってくる。20万人が集まると言われている。

c0166264_1856411.jpg


集合場所は、アメリカの首都ワシントンのキャピタル・ヒル、独立通りと第3通り南西の交差点。

「女たちのワシントン行進」の目的は、アメリカ大統領府を含む、全ての行政府に向けてメッセ―ジを送ることである。メッセージはーー私たちは連帯して、ここに立ち、選挙で選ばれたすべての議員たちが、女たち・家族・地域の権利の擁護のために行動すべきだという願い。

「女たちのワシントン行進」は英語でWomen’s March on Washington 、略してWMW。最新情報はホームページwomensmarchフェイスブックWMWで見られる。Youtubeでも、なぜ自分は行進するかという一言メッセージを視聴できる。老若男女、車いすの人、LGBTIの人・・・。写真は、「私は、行進します。なぜって、私の人生がかかっているから」と言う少女。

昨年の12月初めには、WMWのホームページに記者発表を載せていた。反女性、反環境、反福祉、反多様性の大統領に対するファイトバックに向かって、着々と準備をしてきたアメリカ女性に心から敬意を表したい。

ワシントンまで行けない人たちによって、世界各地で同様の行進も予定されている。すでに20カ国以上で、スタートしているという。

The Women’s March on Washington: Here’s what you need to know
Women's March on Washington, London and global anti-Trump protests - live coverage
アメリカ国務長官のLGBTIに対する謝罪
展覧会「嫌な女」
白人男性大統領の陰にある「勝者総取り」「隠れトランプ」
アメリカに反フェミニスト大統領誕生
アメリカ大統領選と「嫌な女」
オバマ一般教書演説と女性 
アメリカ公的健康保険法、下院を通過
アメリカ健康保険制度改革、山場
ついに自由を我らにーー米国の公民権運動(by American Center)(pdf)
[PR]
by bekokuma321 | 2017-01-21 19:25 | USA

c0166264_9421111.jpgアメリカ政府からのメールによると、アメリカ合衆国国務長官ジョン・ケリーは、2017年1月9日づけで、次のような謝罪をした。公式の訳があるかもしれないが、大事な問題なので、ポイントのみ要訳する。

「国務省長官を含む、これまでのキャリアを通じて、私は、人権の尊重は個々人すべての人を尊重することであるとの認識に立って、レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(出生時に診断された性と自認する性の不一致)、インターセックス(両性具有者)グループを支持する立場を堅持してきた。

しかしながら、さかのぼれば1940年代、いやその後、何十年間も、性的指向にもとづいて、そうした人に辞職を強要したり、そうした応募者を雇わないようになど、雇用ならびに採用の際、差別をしてきた、すべての雇用主のひとつ、それが国務省だった。

こうした行為は、今日と同様に当時も間違った行いである。国務省を代表して、過去の行為によって影響を受けた人たちに謝罪する。」

英文は、Apology for Past Discrimination toward Employees and Applicants based on Sexual Orientation

【追記:トランプ政権は、ただちにオバマ政権時代の連邦政府ホームページを刷新した。上記のスピーチは削除されて読めない。2017年1月23日】
[PR]
by bekokuma321 | 2017-01-16 09:43 | USA

展覧会「嫌な女」

展覧会「嫌な女」が1月12日からニューヨーク市など全米でスタートした。

c0166264_1562832.jpg


「嫌な女」は、アメリカ大統領選のテレビ討論会で、トランプ候補がクリントン候補に向かって言い放ったことばだ。

ネットで録画を視聴したが、トランプ候補は、正確には「なんて嫌な女だ」と言った。クリントン候補が、富裕層に増税をして社会保障にもっとお金を回すべきだ、と提案している真最中のこと。トランプ候補は、クリントン候補に最後まで言わせてなるものか、とかぶせて言ったのだ。

聞きしにまさる性差別主義者だ、とわかった。

この討論会以降、アメリカでは、クリントン候補を援護するツイッタ―が増えて無数の女たちが、「私も嫌な女だ」と宣言しはじめた。その1人は、「嫌な女 Nasty Women Vote」と書いたT-シャツを制作・販売したという。大統領就任式にあわせて、女性たちのデモ行進も予定されていて、その数、ウン十万人に上るらしい。

さて、展覧会「嫌な女」は、そうした女性の怒りを芸術で表現しようというプロジェクトだ。同ホームページによると、「女性の権利、個人の権利、妊娠中絶の権利を奪い取られそうになっている『いやな女』に連帯して企画された展覧会」。トランプ大統領就任を前に、これらの権利を守っている組織を支援するために「寄付を募る目的」も持っている。

ニューヨーク市だけでなく全米各地で同じ目的の展覧会がいっせいに開かれる予定だ。賛同する芸術家は、今のところ700人以上にのぼるという。アメリカ女性のファイトバックの速さ、巧みさには、ホントに脱帽する。ホ―ムページをのぞいただけだが、実際に行って見てみたいものだと思う。

Nasty Women Exhibition
facebook_nasty women project
「嫌な女はどこにでも行ける」  
[PR]
by bekokuma321 | 2017-01-14 15:28 | USA

アメリカ大統領選が終わった。

大方の予想は、ヒラリー勝利に傾いていた。アメリカに住む友人は、「黒人を大統領に選んだ国が、次に女性を大統領に選ぼうとしている」と喜びを書いてきた。しかし、彼女の喜びはあえなく消えた。

アメリカは、白人男性を選んだ。しかも、その白人男性は、何人もの女性からセクハラをされたと訴えられたり、女性を体で値踏みしたり、障害を持つ記者の格好を真似て馬鹿にしたり、メキシコ人を「強姦魔であり、犯罪者だ」と言ってのける人物だ。

c0166264_22164865.jpg
   ▲得票数で、青のクリントンが赤のトランプより多かった

その選挙の総得票数を見ると、青のクリントン59815018票、赤のトランプ59611678票。クリントンが上回っている。ところが、当選したのはトランプだという。

c0166264_22173098.jpg
    ▲各州から選ばれた選挙人は青のクリントンより赤のトランプが多かった

アメリカの大統領選の選挙制度のせいだった。有権者は、各州に割り当てられた「選挙人」を選ぶのだが、各州で1 票でも多く票をとったほうが、その州の選挙人を全て獲得できる。「勝者総取り」とりいうものだ。「勝者総取り」とは、なんともアメリカらしいが、その結果、選挙人の数はクリントン228人、トランプ279人と出、トランプ当選となった(11月10日現在)。

この選挙で、トランプに投票した人100人につき1人がクリントンに投票したらどうなったか。クリントン票が2%増え、クリントン307人、トランプ231人になったという(What A Difference 2 Percentage Points Makes)。

この100人につき1人をクリントンからトランプへ移しただろう張本人は、FBIのコーミー長官だと私は思う。彼は、選挙運動がピークに達する10月末、ヒラリー・クリントンの新しいメールを調査すると発表した。ただちにトランプは「クリントンは犯罪者だ」と吠えまくった。当然クリントンの人気が急降下した。1週間後、FBI長官はクリントンを訴追しないとした。

が、このメール騒動はクリントンへの票を減らした可能性がきわめて高い。実は、このコーミーFBI長官は、なんのことはない、長年の共和党員だった。トランプは共和党の候補だ。

民意を反映しない選挙制度、共和党員歴の長いFBI長官の選挙妨害的行為と、後味の悪い選挙だった。

そして、この選挙から私が学んだ大事なことがある。

それは、世界注視のテレビ討論会で、相手候補の発言をさえぎって「なんて嫌な女だ」と繰り返した男が、断罪されるどころか、「よくぞ言った」とばかり支持されたことだ。しかも、その“隠れトランプ”は、おびただしい数に上ったということだ。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-10 22:37 | USA

c0166264_21502590.jpgヒラリー・クリントンは、アメリカ初の女性大統領とはなれなかった。次期大統領は、共和党の、不動産、ホテル、カジノで巨万の富を築いてきた実業家で、反フェミニストのドナルド・トランプだった。

彼は、数多くの女性たちからセクハラや性暴力で訴えられたり、日本に核武装を、などの言動の持ち主だ。また、日本会議のような右翼の政治組織「茶会(テ―・パ―ティ)」から支持を受けている。テ―・パーティは、公的健康保険も、妊娠中絶も、同性愛も、銃規制強化も認めていない。これらは、ヒラリー・クリントンが推進してきた政治テーマだ。

ヒラリー・クリントン支援者で映画監督のマイケル・ムーアは、10月、こう鋭く指摘している。

「トランプ支持者たちは、彼を『人間火炎瓶』だと思っている。システムを崩壊すると叫ぶトランプの考えが好きなのだ」

「トランプは単なるお笑いではない。皆、彼は自分たちのメッセンジャーだと見ている」

ガーディアン紙によると、トランプの勝利判明後、オークランド、ロスアンゼルス、ポートランド、ニューヨークなどで、早速トランプに対しての抗議のデモが起きている。当然だろう。

また、リベラル派のフェミニスト首相ジャスティン・トルドーが率いる隣国カナダ移民サイトにアクセスが殺到したためか、パンクした、とも報じられている。アメリカに住んでいたら、私だって逃げ出したい。

US election 2016: America wakes up to president-elect Donald Trump – live
Michael Moore: Supporters see Trump as 'human Molotov cocktail'
How Trump awakened a feminist revolution in America
18 Real Things Donald Trump Has Actually Said About Women Yes, this man is running for president
Mourning in America_NIGHTMARE: Prez Trump... America Elected A Man Who Said ‘Grab Them By The Pu**y’ Over The First Female President... Party Ends In Tears...
[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-09 21:54 | USA

ヒラリー・クリントンの大統領選ホームページには、彼女を大統領にしたい133の理由が載っている。そんなに多くはないが、FEM-NEWSも、ヒラリー・クリントンのしてきたことを思い出してみたい。女性政治家は増えてきた。しかしフェミニストの彼女でなければ、これほどのことをできなかっただろう。

チャールストン黒人襲撃とヒラリー・クリントン
慰安婦ではなく性的奴隷である
オバマ大統領、国際女性問題大使創設
クリントン長官「日本で女性差別減るとGDP16%増える」
宗教新聞、クリントン長官写真を削除
クリーン台所コンロ作戦で女の命を救え
世界人身売買レポート
クリントン国務長官による女性デーの演説
クリントン、オバマを上回る人気
米政府、「人身売買報告書」を発表
ミッシェル・オバマ、女子校を訪問し激励
クリントン国務長官、韓国の女たちを鼓舞
クリントン国務長官 女性の人権を強調
ヒラリー・クリントン上院議員のスピーチ

c0166264_22593022.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-08 23:03 | USA

昨夜、アメリカの友人からメールがきた。

「この1年間、心臓がつぶれそうな思いですごしてきました。あの男性は、へどが出るような生き物です。万が一、彼のような人種差別主義者、性差別主義者、同性愛差別主義者、白人至上主義者の男性が大統領に選ばれたなら、アメリカというわが祖国を心から心から恥ずかしく思います。11月9日、史上初の女性大統領を選んだ国で、朝を迎えられますように」

下の新聞記事は、先月、3回目の討論会で、共和党候補ドナルド・トランプが、民主党候補ヒラリー・クリントンに向かって、「なんて嫌な女だSuch a nasty woman」と言ったとき、一気に書いた。クリントンは、「富裕層に増税をして社会保障にもっとお金を投入すべきだ」、と討論会で提案した。その最中だった。トランプは、最後まで彼女に言わせてなるものか、とかぶせた。下の記事テーマは大統領選に関係ない。

 
[クリックすると大きくなって読みやすくなります]

明日はアメリカ大統領選投票日だ。これでテレビをつけたら下劣な差別語をはく男性の顔が飛び込んでくることもなくなる。とはいえ、まだ結果はわからない。

3回目の討論会で、彼は司会から「選挙に負けたら、それを認めるか」と聞かれて、最後まで「認める」とは言わなかった。彼が絶対に負けたくない相手は「オンナ」なのだ。「オンナ」に負けるなんてことは、最大の恥辱であり絶対に認められない。それが、性差別主義者の性差別主義者たるゆえんだ。

それにしても2大政党のひとつが、大統領という最高権力者に、彼のような人物を選んだアメリカという国。その底流には、どうにもならならないほどの極端な格差社会があるという見方は、あたっていると思う。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-08 20:41 | USA