カテゴリ:アジア・アフリカ( 162 )

母親が最も働きにくい先進国、それは日本?

このショッキングな表現は、今日のBBCニュース見出しだ。記事内容は、これまで日本女性が訴えてきたそのものズバリで、さほど珍しくはない。

BBC記事はいう。長時間労働、父親の育児参加の少なさ、保育園の少なさを取り上げ、あげくの果てに日本には子どもがいなくなる。

女性が子どもを産み育てながら働ける環境づくりは、「国家最大の課題」だというコメントに首肯するのは、私ばかりではないはずだ。

そう、女性が、子どもを産んでも産まなくても、何人産んでも、働き続けられる社会環境をつくることーーそれは、日本に課された、最大かつ最優先の政治問題だ。国会議員が何より先に立ち向かうべきテーマだろう。

しかし、それが、どこかに行っちゃっているのが日本の国会。

それもそのはず、国会には、わずか7.5%しか女性議員がいない(衆院)。とんでもない少なさだ。女性国会議員がどのくらいいるかを比較したら、日本は、世界190カ国中161番目。アフリカのボツワナ共和国と同じだ。これでは、世界で最も母親が働きにくい国の改善など、とても無理と言うものだろう。怒!

◆Japan: The worst developed country for mothers?
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-21880124
◆OECD:Closing the Gender Gap
http://www.oecd.org/gender/Closing%20the%20Gender%20Gap%20-%20Japan%20FINAL.pdf
◆日本の女性議員率、世界161位
http://frihet.exblog.jp/19247165/

■日本の男女賃金格差は最悪
c0166264_2111595.jpg
http://frihet.exblog.jp/18011136/ より)
[PR]
by bekokuma321 | 2013-03-22 13:54 | アジア・アフリカ

c0166264_1338539.jpg3月21日付「ガーディアン紙」によると、オーストラリア首相ジュリア・ギラードは、国会で、未婚・非婚の母から子どもを奪い取った過去の政策と実行に対し謝罪した。

800人以上の傍聴者たちは、首相のスピーチに感動の涙を流し、スタンディングオ―ベイションで応えた。

スピーチの核心部分は次の通り。翻訳はFEM-NEWS。

「今日、この国会は、オーストラリア国民の名において、強制的に母親から乳児を引き離し、生涯消えることのない苦悶をもたらした、政策と行為に対して、謝罪をし、その責任をとります」

「これらの政策とその執行が父親にいかに深い影響をもたらしたか、さらに兄弟姉妹、祖父母、パートナー、他の家族たちにいかに深い傷を与えたかーー私たちは認めます」

「あなたがた母親の有する基本的権利、ならびに子どもをいつくしみ育てる責務、それらを否定した、その恥辱に満ちた行為を恥しく思います」

政治家の嘘にうんざりといった日本だが、このニュースには政治家の変革する力をあらためて認識させられた。

◆Julia Gillard apologises to Australian mothers for forced adoptions
http://www.guardian.co.uk/world/2013/mar/21/julia-gillard-apologises-forced-adoptions

■オーストラトリア首相、養子縁組強制を謝罪
http://frihet.exblog.jp/19706940/

c0166264_161224.jpg

当時の病院出産記録の「UB-」。Unmarried baby minusの略で「婚外子で養子に出す」という意味だという。多くの母親は10代の女性で、その非道な行為について知らされず、恐喝まがいに子どもを取り上げられた(BBC http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-21872919
[PR]
by bekokuma321 | 2013-03-21 13:42 | アジア・アフリカ

オーストラリア首相ジュリア・ギラ―ドは、国会で、「養子縁組強制事件」について謝罪した。

この事件は、1950年代から70年代、未婚の母から新生児を無理矢理取り上げ、他の家族に養子縁組をさせたもの。未婚の母であることがスティグマだった時代背景がある。

強制的に母親から離され、子どものいない家庭に引き取られた乳児は数万人に上るという。承諾します、という署名をさせられた女性もいる。

未婚の母親たちの勇気ある告発によって、事件が明るみに出た。そして社会問題、政治問題となった。国会で、数年前から、「強制的養子縁組の方針と実施に対する連邦政府の関与」について調査が続けられていた。

ギラード首相は、多数の被害女性たちを国会に招き、彼女たちの前で、謝罪の言葉を述べた。ギラードは同国初の女性の首相。

◆Australia PM Gillard apologises for forced adoptions
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-21872919
◆Catholic Health Australia Apologizes For Forced Adoptions
http://www.medicalnewstoday.com/articles/231678.php
[PR]
by bekokuma321 | 2013-03-21 10:39 | アジア・アフリカ

c0166264_759141.jpg海外で働くことを考えているあなた、ニュージーランドか、ノルウェー、またはスウェーデンにしよう。

この3か国は、どれだけ職場が男女平等かの調査「ガラスの天井インデックス」で、ベスト・スリーに選ばれた。

OECDの統計を基礎にして、教育、女性労働力率、男女賃金格差、女性管理職率、平均賃金に比例してどのくらい育児にお金がかかるか、を調べたもの。

3月8日の国際女性デーを記念して、英誌「エコノミスト」が発表した。OECD加盟国26カ国が対象。

日本は、韓国に次いで下から2番目だった。

女性が働き続けるためには、女性がぶつかる目に見える障害物をのりこえなくてはならない。さらに、目には見えない「ガラスの天井」を突き抜けるチャンスやネットワークもいる。

日本の場合、「ガラスの天井」を突破する前の、目に見える障害があまりに多すぎて、まともに走りきれない。

保育・介護サービスの充実、男女雇用均等法の徹底、労働時間の短縮めざし、法制度の改善にとりくむ必要がある。そのためには、会社幹部や労働組合幹部の女性蔑視を根絶すること、議会にもっと女性議員を増やすこと・・・。なんとやりがいがあることよ! あ~、女性デー万歳!


◆Daily chart: The glass-ceiling index (左上のグラフを見たいならこちら)
http://www.economist.com/blogs/graphicdetail/2013/03/daily-chart-3

■日本の女性議員率、世界161位
http://frihet.exblog.jp/19247165/

■日本の男女賃金格差は韓国よりひどい
c0166264_2111595.jpg
http://frihet.exblog.jp/18011136/ より)
[PR]
by bekokuma321 | 2013-03-10 08:04 | アジア・アフリカ

c0166264_11264367.gif世界190カ国中、日本は161位。

国会(1院)にどれだけ女性が占めているかを調べた最新ランキングだ。女性が、国の方針決定に、どの程度参加しているかを示す、重要な指標といえる。

日本は、昨年12月に衆議院選挙が行われた。その結果、480議席のうち女性は38議席しか占めることができなかった。割合にして7.9%だ。

日本の7.9%は、アフリカのボツワナ共和国と同じだ。7%台には、やはりアフリカのガンビア、コンゴが並ぶ。

世界平均は20.8%、5人に1人は女性議員となった。北欧諸国の平均は42%。アジア諸国平均は18.4%。

天の半分を占める女性の代表が1割に満たない極端な〝男性偏重国会〟。こんな社会にしてしまった一因は、選挙制度にある。衆院選を体験した身からいえば、小選挙区制は、女性に絶対に不利だ。

小選挙区制は、小沢一郎が主唱して、多くの政治家や政治学者が賛同した。数々の問題を持つが、最大の問題は、社会的弱者がけおとされてしまうという点だ。人は、性、思想、職業、体力、経済力など、みな異なる。議会は、こうした多様な人々の代表で構成されるべきだ。しかし小選挙区制は、最も多く票をとった1人の勝者しか議員になれない制度なのだ。

■IPU 2012年12月31日付の最新調査結果。
http://www.ipu.org/wmn-e/classif.htm

◆日本の女性議員率、世界136位
http://frihet.exblog.jp/18511613/
◆男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害
http://frihet.exblog.jp/18384122/
◆世界134位はスキャンダルだ
http://frihet.exblog.jp/17999988/
◆日本、187カ国中、堂々122位
http://frihet.exblog.jp/13957751/
◆日本の女性国会議員率、世界123番目
http://frihet.exblog.jp/12901215
◆比例区削減案に反対します!
http://frihet.exblog.jp/17810544/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-09 11:29 | アジア・アフリカ

コーヒー園の女性たち

c0166264_23453915.jpg私の朝は、一杯のカフェオレから始まる。

そのコーヒー豆が、女性によって植えられ、女性によって栽培されていることを、思いながら飲むことはない。

アフリカの家族農園のコーヒーの70%は、女性が管理し、運営しているという。しかし、問題は、その土地と経営の支配はほぼすべて男性の手にあることだ。

今、それを変えようという動きがある。

国際女性コーヒー連盟International Women's Coffee Alliance (IWCA)だ。女性たちに、訓練、ネットワーク、新しい商取引をつくりだチャンスを与え、女性が経営の主体者になれるような力をつけている。

日本の農業もよく似ている。農業の多くは女性たちの手になるが、農地も農家の経済もほぼすべて“ご主人さま”の手のなかにある。

■Meet 4 African Women Who Are Changing The Face Of Coffee
http://www.npr.org/blogs/thesalt/2012/11/07/164347078/meet-four-african-women-who-are-changing-the-face-of-coffee
■International women’s coffee alliance http://womenincoffee.org/
■Women in Coffee in Africa
http://www.intracen.org/women-in-coffee/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-11-12 23:50 | アジア・アフリカ

日本、世界131カ国中101位

c0166264_23373268.jpg10月24日、世界ジェンダー・ギャップ指数の2012年版が公表された。日本は、131カ国中101位。のけぞってしまうほどの低いランキングだ。

日本の101位は、100位マレーシアと102位ベリーズ(中米にある英連邦王国)の間だ。日本は2011年98位、2010年91位だった。年々、順位を下げている。あー、情けない!

世界で第1位はアイスランド、2位フィンランド、3位ノルウェー、4位スウェーデン、5位アイルランド。あいかわらず5カ国中4カ国が北欧諸国が占めた。

「世界ジェンダー・ギャップ指数」とは、経済分野、教育分野、政治分野、保健分野の4つの分野のデータから男女格差を測定。上位ほど男女格差が小さく、男女平等が進んでいるといえる。「世界経済フォーラム」が、2006年から毎年、調査・発表している。

1.Economic Participation and Opportunity(経済活動の参加と機会)
給与、経済参加レベル、および専門職への雇用
2.Educational Attainment(教育)
初等教育や高等・専門教育への就学
3.Health and Survival(健康と生存)
健康と寿命
4.Political Empowerment(政治への参画)
政策決定機関への参画

◆The Global Gender Gap Index 2012
http://www3.weforum.org/docs/GGGR12/MainChapter_GGGR12.pdf

■日本の「男女平等」国際ランキングhttps://docs.google.com/file/d/0B7taBkByawKZNDRjN2FjNjMtYjQyNi00MjUzLTljNzYtYzUyZjcxMzY4YjJm/edit?hl=ja&pli=1

■日本の女性議員率、世界136位
http://frihet.exblog.jp/18511613/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-25 23:44 | アジア・アフリカ

パキスタンで、14歳のマララ・ユサフザイがタリバンに襲撃された。

マララは、数年前から、通学する学校がタリバンによって脅かされたことに抗議を続けていたという。タリバンは、「女に教育はいらない」と、学校をつぶしにかかっていた。

マララは重態だが、命に別条はないもよう。彼女を知る人は、「回復したら、マララは、また闘うでしょう」とBBCに語っている。

10代の少女が「男の子と同じように勉強したい」と叫ぶと、圧殺されてしまう国。それを知った私たちに、何ができるのか。一日中、考え込んでしまった。

◆Malala Yousafzai: Pakistan activist, 14, shot in Swat
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-19891396

■パキスタン、少女への学校教育禁止令
http://frihet.exblog.jp/10498544/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-10 10:07 | アジア・アフリカ

c0166264_1371294.jpgソマリアの人権活動家ハワ・エデン・モハンムドが、今年のナンセン難民賞に選ばれた。

ソマリアにおいて、彼女は、何千人もの女性や少女たちに教育を受けさせ、生きていける力を与えてきた。それが受賞理由。女性たちの多くは戦争や飢饉から命からがら逃げてきた難民ばかりだという。

ソマリア女性の惨状は、こうだ。

●15歳から24歳の女性の4分の1しか読み書きができない。
●中学に入学できる女の子はわずか5%しかいない。
●18歳までに少女の45%が結婚する。
●女性は、生涯平均6人の子どもを出産する。
●15歳から49歳までの女性の98%が、性器切除(FGM)をする。

ナンセン難民賞は、国連難民高等弁務官事務所UNHCRの委員長が代表だが、独立した選考委員会において、推薦候補から毎年1人が選考される。ナンセンは、ノルウェーの探検家、外交官、人道主義者。「難民の父」と呼ばれている。1861年生まれ。

◆2012 Nansen Refugee Award
http://www.unhcr.org/nansen/503625396.html
◆Nansen Refugee Award winner brings knowledge and hope to displaced Somalis
http://www.unhcr.org/50583e076.html
◆Prize for Somali woman whose life work has focused on empowering women
http://www.guardian.co.uk/global-development/2012/sep/18/somali-woman-wins-refugee-award

■隣人愛こそ政治
http://frihet.exblog.jp/16251869/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-09-20 13:12 | アジア・アフリカ

パキスタンで、冒とく罪で逮捕・監禁されていたキリスト教の少女が、釈放され、安全な場所に移送された。

9月8日のBBCによると、リシュマと呼ばれるこの少女は、「コーランを焼いた」と、隣人に告げ口されて逮捕された。彼女はまだ14歳。ダウン症の障がいを持っているとされる。

パキスタンではイスラム教への冒とく罪は重く、死刑もある。この法律自体、深刻な問題をかかえる。しかし、2011年、同法の改正を求めていた青少年省の大臣が殺害される事件があった、など、変革の道は見えない。

今回の事件は、逮捕監禁された少女が、未成年であること、知的障がいを持っていることから、国内外で抗議行動が起きていた。少女の監禁は、8月14日から。

少女の親族、また少数民族であるキリスト教信者たちは、生命の危機にあるとされ当局によってかくまわれているという。

いまだ、私たちは宗教の名のもとの人権侵害をなくせない時代に生きている。愕然としてしまう。

■Pakistan Christian girl accused of blasphemy released
http://www.bbc.co.uk/news/world-south-asia-19530813
■Pakistan blasphemy case girl granted bail
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-19498970
[PR]
by bekokuma321 | 2012-09-09 18:13 | アジア・アフリカ