カテゴリ:アジア・アフリカ( 165 )

c0166264_2345211.jpgバングラデシュで、4月24日、縫製工場がはいっているビルが崩壊した。死者は300人以上、負傷者は2000人以上だという。被害者のほとんどは女性労働者だ。

報道によると、バングラデシュには、「ユニクロ」、イトーヨーカ堂「L& Beautiful」、「Gap」、「ZARA」、「H&M」、「IKEA」など、先進国の有名ブランドの下請け工場が多数ある。聞いたことのあるブランドばかりだ。

バングラデシュは、中国に次いで世界第2位の縫製品輸出国なのだと、いう。バングラデシュの人件費の安さをねらって安価に衣料製品を製造する、海外アパレル会社が進出する。そうした会社に対する批判が高まっている。海外有名ブランド会社は、労働組合の提起する工場労働の環境改善プランに賛意を示さず、抜本的解決とならない監査を強めるという方法をとるだけだったという。

近所のユニクロに並ぶ衣類を見て、これが1000円で作れるなんて、と思うことがある。その1000円の値札の向こうに、安い賃金と劣悪な環境に長時間働く、おびただしい数のアジア女性の苦悩を思う。

ユニクロで買い物をしたら、レジで、「ところで、バングラデシュ工場の労働組合の要求を聞いて、と社長に伝えてください」と言おうと決めた。

http://news.yahoo.com/big-brands-rejected-bangladesh-factory-safety-plan-122206229.html
https://www.oxfam.org.au/2011/07/zara-european-brands-exploit-workers-in-bangladesh/
http://www.bbc.co.uk/news/business-21007700
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.11001564
[PR]
by bekokuma321 | 2013-04-27 23:06 | アジア・アフリカ

イスラマバードからさきほどニュ―スがはいった。

40歳の女性が国会に挑戦する。女性の名はバダム・ザリ(Badam Zari)。あの、パキスタンの、しかも、極めて女性蔑視の強い部族が住むバジュール管区からの立候補である。この地域からの女性の立候補は初めてだという。

この地域は、タリバンとパキスタン軍の激突が続き、女性に対する暴力が日常化していると言われる。

バダム・ザリは命がけの立候補をこう語る。

「私は、女性の声の代弁者として国会に近づきたいのです。とくに、この部族の地域に住む女性たちのために。立候補はとても難しい決断でした。でも、今、私は確固たる意志を持ち、社会が私を支援してくれると願っています」

バダム・ザリ! あなたのとてつもない勇気に興奮して眠れない。

◆Badam Zari Is First Woman From Pakistan's Tribal Region To Run For Parliament http://www.huffingtonpost.com/2013/04/01/badam-zari_n_2992068.html?utm_hp_ref=world
[PR]
by bekokuma321 | 2013-04-02 23:34 | アジア・アフリカ

c0166264_12352565.jpg3月27日、水曜日、パキスタンの女教師が銃殺された。シャーナズ・ナズリ、41歳。公立女子小学校の教員。

通勤途中の女教師に、バイクに乗ってやってきた男たちが銃を向け発射。学校まで200メートルだった。ペシャワールの北西部でアフガンとの国境。

この女教師殺人事件は、マララ事件を思い出させる。昨秋、当時14歳の少女マララ・ユサフザイは、中学校から帰宅するバスの中で、ガンを持った男たちによって銃撃されたが、奇跡の生還をとげた。タリバンを公然と批判するブログを発信していたことが、襲撃の的になったとされる。

タリバンは女子の教育を禁じている。しかし、それでも、「勉強したい」という女の子、「女生徒を教えたい」という女教師は多い。マララも、学校に通うことを悟られまいと、教科書を服の下に隠して通学していたという。命がけだ。

そうした少女・女性たちをタリバンは武力で脅迫し、女子校を焼き払い爆弾を落とし続ける。怒!


◆Pakistani Teacher Becomes a Martyr for Girls’ Education
http://www.thedailybeast.com/articles/2013/03/26/pakistani-teacher-becomes-a-martyr-for-girls-education.html
◆Diary of a Pakistani schoolgirl
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7834402.stm
◆Global Malala Day to call for girls' education
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-birmingham-21713210
◆パキスタン少女、襲撃される
http://frihet.exblog.jp/18546819/
◆パキスタン、少女への学校教育禁止令
http://frihet.exblog.jp/10498544/

【写真はBBCよりパキスタンの小学校】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-04-02 12:43 | アジア・アフリカ

母親が最も働きにくい先進国、それは日本?

このショッキングな表現は、今日のBBCニュース見出しだ。記事内容は、これまで日本女性が訴えてきたそのものズバリで、さほど珍しくはない。

BBC記事はいう。長時間労働、父親の育児参加の少なさ、保育園の少なさを取り上げ、あげくの果てに日本には子どもがいなくなる。

女性が子どもを産み育てながら働ける環境づくりは、「国家最大の課題」だというコメントに首肯するのは、私ばかりではないはずだ。

そう、女性が、子どもを産んでも産まなくても、何人産んでも、働き続けられる社会環境をつくることーーそれは、日本に課された、最大かつ最優先の政治問題だ。国会議員が何より先に立ち向かうべきテーマだろう。

しかし、それが、どこかに行っちゃっているのが日本の国会。

それもそのはず、国会には、わずか7.5%しか女性議員がいない(衆院)。とんでもない少なさだ。女性国会議員がどのくらいいるかを比較したら、日本は、世界190カ国中161番目。アフリカのボツワナ共和国と同じだ。これでは、世界で最も母親が働きにくい国の改善など、とても無理と言うものだろう。怒!

◆Japan: The worst developed country for mothers?
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-21880124
◆OECD:Closing the Gender Gap
http://www.oecd.org/gender/Closing%20the%20Gender%20Gap%20-%20Japan%20FINAL.pdf
◆日本の女性議員率、世界161位
http://frihet.exblog.jp/19247165/

■日本の男女賃金格差は最悪
c0166264_2111595.jpg
http://frihet.exblog.jp/18011136/ より)
[PR]
by bekokuma321 | 2013-03-22 13:54 | アジア・アフリカ

c0166264_1338539.jpg3月21日付「ガーディアン紙」によると、オーストラリア首相ジュリア・ギラードは、国会で、未婚・非婚の母から子どもを奪い取った過去の政策と実行に対し謝罪した。

800人以上の傍聴者たちは、首相のスピーチに感動の涙を流し、スタンディングオ―ベイションで応えた。

スピーチの核心部分は次の通り。翻訳はFEM-NEWS。

「今日、この国会は、オーストラリア国民の名において、強制的に母親から乳児を引き離し、生涯消えることのない苦悶をもたらした、政策と行為に対して、謝罪をし、その責任をとります」

「これらの政策とその執行が父親にいかに深い影響をもたらしたか、さらに兄弟姉妹、祖父母、パートナー、他の家族たちにいかに深い傷を与えたかーー私たちは認めます」

「あなたがた母親の有する基本的権利、ならびに子どもをいつくしみ育てる責務、それらを否定した、その恥辱に満ちた行為を恥しく思います」

政治家の嘘にうんざりといった日本だが、このニュースには政治家の変革する力をあらためて認識させられた。

◆Julia Gillard apologises to Australian mothers for forced adoptions
http://www.guardian.co.uk/world/2013/mar/21/julia-gillard-apologises-forced-adoptions

■オーストラトリア首相、養子縁組強制を謝罪
http://frihet.exblog.jp/19706940/

c0166264_161224.jpg

当時の病院出産記録の「UB-」。Unmarried baby minusの略で「婚外子で養子に出す」という意味だという。多くの母親は10代の女性で、その非道な行為について知らされず、恐喝まがいに子どもを取り上げられた(BBC http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-21872919
[PR]
by bekokuma321 | 2013-03-21 13:42 | アジア・アフリカ

オーストラリア首相ジュリア・ギラ―ドは、国会で、「養子縁組強制事件」について謝罪した。

この事件は、1950年代から70年代、未婚の母から新生児を無理矢理取り上げ、他の家族に養子縁組をさせたもの。未婚の母であることがスティグマだった時代背景がある。

強制的に母親から離され、子どものいない家庭に引き取られた乳児は数万人に上るという。承諾します、という署名をさせられた女性もいる。

未婚の母親たちの勇気ある告発によって、事件が明るみに出た。そして社会問題、政治問題となった。国会で、数年前から、「強制的養子縁組の方針と実施に対する連邦政府の関与」について調査が続けられていた。

ギラード首相は、多数の被害女性たちを国会に招き、彼女たちの前で、謝罪の言葉を述べた。ギラードは同国初の女性の首相。

◆Australia PM Gillard apologises for forced adoptions
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-21872919
◆Catholic Health Australia Apologizes For Forced Adoptions
http://www.medicalnewstoday.com/articles/231678.php
[PR]
by bekokuma321 | 2013-03-21 10:39 | アジア・アフリカ

c0166264_759141.jpg海外で働くことを考えているあなた、ニュージーランドか、ノルウェー、またはスウェーデンにしよう。

この3か国は、どれだけ職場が男女平等かの調査「ガラスの天井インデックス」で、ベスト・スリーに選ばれた。

OECDの統計を基礎にして、教育、女性労働力率、男女賃金格差、女性管理職率、平均賃金に比例してどのくらい育児にお金がかかるか、を調べたもの。

3月8日の国際女性デーを記念して、英誌「エコノミスト」が発表した。OECD加盟国26カ国が対象。

日本は、韓国に次いで下から2番目だった。

女性が働き続けるためには、女性がぶつかる目に見える障害物をのりこえなくてはならない。さらに、目には見えない「ガラスの天井」を突き抜けるチャンスやネットワークもいる。

日本の場合、「ガラスの天井」を突破する前の、目に見える障害があまりに多すぎて、まともに走りきれない。

保育・介護サービスの充実、男女雇用均等法の徹底、労働時間の短縮めざし、法制度の改善にとりくむ必要がある。そのためには、会社幹部や労働組合幹部の女性蔑視を根絶すること、議会にもっと女性議員を増やすこと・・・。なんとやりがいがあることよ! あ~、女性デー万歳!


◆Daily chart: The glass-ceiling index (左上のグラフを見たいならこちら)
http://www.economist.com/blogs/graphicdetail/2013/03/daily-chart-3

■日本の女性議員率、世界161位
http://frihet.exblog.jp/19247165/

■日本の男女賃金格差は韓国よりひどい
c0166264_2111595.jpg
http://frihet.exblog.jp/18011136/ より)
[PR]
by bekokuma321 | 2013-03-10 08:04 | アジア・アフリカ

c0166264_11264367.gif世界190カ国中、日本は161位。

国会(1院)にどれだけ女性が占めているかを調べた最新ランキングだ。女性が、国の方針決定に、どの程度参加しているかを示す、重要な指標といえる。

日本は、昨年12月に衆議院選挙が行われた。その結果、480議席のうち女性は38議席しか占めることができなかった。割合にして7.9%だ。

日本の7.9%は、アフリカのボツワナ共和国と同じだ。7%台には、やはりアフリカのガンビア、コンゴが並ぶ。

世界平均は20.8%、5人に1人は女性議員となった。北欧諸国の平均は42%。アジア諸国平均は18.4%。

天の半分を占める女性の代表が1割に満たない極端な〝男性偏重国会〟。こんな社会にしてしまった一因は、選挙制度にある。衆院選を体験した身からいえば、小選挙区制は、女性に絶対に不利だ。

小選挙区制は、小沢一郎が主唱して、多くの政治家や政治学者が賛同した。数々の問題を持つが、最大の問題は、社会的弱者がけおとされてしまうという点だ。人は、性、思想、職業、体力、経済力など、みな異なる。議会は、こうした多様な人々の代表で構成されるべきだ。しかし小選挙区制は、最も多く票をとった1人の勝者しか議員になれない制度なのだ。

■IPU 2012年12月31日付の最新調査結果。
http://www.ipu.org/wmn-e/classif.htm

◆日本の女性議員率、世界136位
http://frihet.exblog.jp/18511613/
◆男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害
http://frihet.exblog.jp/18384122/
◆世界134位はスキャンダルだ
http://frihet.exblog.jp/17999988/
◆日本、187カ国中、堂々122位
http://frihet.exblog.jp/13957751/
◆日本の女性国会議員率、世界123番目
http://frihet.exblog.jp/12901215
◆比例区削減案に反対します!
http://frihet.exblog.jp/17810544/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-09 11:29 | アジア・アフリカ

コーヒー園の女性たち

c0166264_23453915.jpg私の朝は、一杯のカフェオレから始まる。

そのコーヒー豆が、女性によって植えられ、女性によって栽培されていることを、思いながら飲むことはない。

アフリカの家族農園のコーヒーの70%は、女性が管理し、運営しているという。しかし、問題は、その土地と経営の支配はほぼすべて男性の手にあることだ。

今、それを変えようという動きがある。

国際女性コーヒー連盟International Women's Coffee Alliance (IWCA)だ。女性たちに、訓練、ネットワーク、新しい商取引をつくりだチャンスを与え、女性が経営の主体者になれるような力をつけている。

日本の農業もよく似ている。農業の多くは女性たちの手になるが、農地も農家の経済もほぼすべて“ご主人さま”の手のなかにある。

■Meet 4 African Women Who Are Changing The Face Of Coffee
http://www.npr.org/blogs/thesalt/2012/11/07/164347078/meet-four-african-women-who-are-changing-the-face-of-coffee
■International women’s coffee alliance http://womenincoffee.org/
■Women in Coffee in Africa
http://www.intracen.org/women-in-coffee/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-11-12 23:50 | アジア・アフリカ

日本、世界131カ国中101位

c0166264_23373268.jpg10月24日、世界ジェンダー・ギャップ指数の2012年版が公表された。日本は、131カ国中101位。のけぞってしまうほどの低いランキングだ。

日本の101位は、100位マレーシアと102位ベリーズ(中米にある英連邦王国)の間だ。日本は2011年98位、2010年91位だった。年々、順位を下げている。あー、情けない!

世界で第1位はアイスランド、2位フィンランド、3位ノルウェー、4位スウェーデン、5位アイルランド。あいかわらず5カ国中4カ国が北欧諸国が占めた。

「世界ジェンダー・ギャップ指数」とは、経済分野、教育分野、政治分野、保健分野の4つの分野のデータから男女格差を測定。上位ほど男女格差が小さく、男女平等が進んでいるといえる。「世界経済フォーラム」が、2006年から毎年、調査・発表している。

1.Economic Participation and Opportunity(経済活動の参加と機会)
給与、経済参加レベル、および専門職への雇用
2.Educational Attainment(教育)
初等教育や高等・専門教育への就学
3.Health and Survival(健康と生存)
健康と寿命
4.Political Empowerment(政治への参画)
政策決定機関への参画

◆The Global Gender Gap Index 2012
http://www3.weforum.org/docs/GGGR12/MainChapter_GGGR12.pdf

■日本の「男女平等」国際ランキングhttps://docs.google.com/file/d/0B7taBkByawKZNDRjN2FjNjMtYjQyNi00MjUzLTljNzYtYzUyZjcxMzY4YjJm/edit?hl=ja&pli=1

■日本の女性議員率、世界136位
http://frihet.exblog.jp/18511613/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-25 23:44 | アジア・アフリカ