カテゴリ:紛争・大災害( 129 )

原発推進へ女性懐柔策

朝日新聞2012年1月22日記事『原発国家』を友人が郵送してくれた。『原発とメディア 容認の内実』連載の67回~70回と、ともに。どちらも見逃していた。

下記は、「女を恐れた原子力村」という大見出しの『原発国家』(高橋純子)の記事。1984年、原発反対は、女性48%、男性33%、原発賛成は、女性23%、男性47%だった。日本の反原発運動を支えていたのは女性たちだ。だから「懐柔策」をとった。

現在、同じ朝日の世論調査で、原発反対、女性65%、男性49%だ。
http://frihet.exblog.jp/17200209
 
さあ、どんな「懐柔策」がやってくるだろうか。

■ 朝日新聞 原発国家  女を恐れた原子力村 ■

女性“懐柔”策

女性が動くとき、「反」は「汎」になる。米国の水爆実験で第五福竜丸が被曝した1954年、主婦らがあげた 原水爆反対の声は瞬く間に広汎な支持を得て3千万超の署名を集めた。女性を懐柔するため、原発推進派が 打ち出したのが「家事負担の軽減」だった。

《家庭生活にも夢をはこぶ 原子力の平和利用》

原爆投下から11年後、56年8月6日付読売新聞はこんな見出しの記事を載せた。「(原発で)安い電気がふ んだんに使える。(略)朝目をさますと自動的に朝食の用意ができ上がっていることぐらいはそれこそ朝飯前、 主婦の仕事が軽減される家庭の自動化は、どこまで進むか想像もつかない」 

物理学者や小説家も「冷蔵庫や洗濯機がジャンジャン使える」などと発言。推進派だけではない。女性誌研 究家の加納実紀代によると、55年にスイスであった世界母親大会の準備会でキュリー夫人の教え子である 国際民主婦人連盟会長のコットン夫人は熱弁をふるった。「原子力の平和利用を発展させることを全力あげて 支持します。(略)とくに母親の毎日の仕事はとても楽になるはずです」

沈静化していた日本の反原発運動は、86年のチェルノブイリ原発事故で再び盛り上がる。朝日新聞の世論調査(以下・朝日世論)で原発について女性の「反対」が「賛成」を上回ったのは84年。86年には反対48%、 賛成23%と差が開いた。男性は賛成47%、反対33%だった。

(略。全文はMoreをクリック)

More
[PR]
by bekokuma321 | 2012-02-19 12:43 | 紛争・大災害

原発反対57%、賛成30%を大きく上回った。

女性の原発反対65%、男性は49%だった。

10月は原発反対48%だった。今回、反対が初
めて過半数となった。

女性の反対は65%と、初めて6割を超えた。
国民全体の平均が原発反対に舵を切ったのは
女性の強い反対が持続しているからともいえる。

一方、男性の反対は49%と過半数に満たない。
原発に関して、性による格差は余りに明らかで
ある。

とはいえ、男性の反対49%は、10月調査の反
対38%から大幅に増えた。しかも、男性の賛成
は43%であり、反対が賛成を初めて上回った。
男性もゆっくりだが、原発の危険性を真剣に
受けとめ出したといえる。

2011年12月13日朝日新聞に掲載された朝日
新聞世論調査。原発の質問は事故後の4月から
調査開始。

本調査について、「内閣不支持43%、支持率
を上回る」という見出しで、内閣に関しては
一面に掲載されたが、原発については2面だっ
た。ネットでも内閣についての記事は見られる
ものの、なぜか原発についての記事は見つから
ない。


■原発反対、女性50%、男性34%
http://frihet.exblog.jp/16503613/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-12-13 10:07 | 紛争・大災害

11月12日、福島第1原発を、事故発生後8か月して、やっと一部を報道陣に公開した。細野原発事故担当相に同行取材という形式。バス車内から取材のみで、バスから外に出ることは禁止されたという。

■福島第一原発、報道陣に初公開
http://www.youtube.com/watch?v=Qc-AMs57jQo

■福島第一原発、初公開と取材規制
http://www.youtube.com/watch?v=txpdLJEdvqI

TVとインターネット中継で見る限り、女性報道記者はほとんどいなかったようだ。少なくとも、私の接した記事の記者はみな男性だった。女性記者が入ると、また異なる視点での感想が寄せられたと思う。


■NRKとNHK(報道における女性)
http://frihet.exblog.jp/17018798/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-13 10:13 | 紛争・大災害



福島県南相馬市に残っている人々を通して、放射能除染と日常生活の苦悩を描くドキュメンタリー映画を見た。西ドイツ放送の作品。

子どもを病院に検査につれていったり、車に乗せて通学させたり、胡瓜1本買うにも汚染を気にしたり・・・命にむきあいながら悩む母親。「ここから移りたいが、夫が大丈夫というので一人で離れるわけにもいかず」と心配する若い女性。

一方、男性たちは、遠くの海までサーフィンに行ったり、再開したばかりのゴルフ場でパットを振って「癒されます」と語る。

命がけで除染作業をし続ける僧侶の行動や、マスクをしてほしいといいながらマスクを配る行動も、一般市民がありがたがっているわけでもない。

死に直面する日本人社会の真実を、冷静に、かつ優しいまなざしで描いた傑作。下をクリックするといつでもどこでも見られるのが、うれしい。

*************************************************** 
●【西ドイツ放送】「死の地域に生きる」原発事故後の日常  

youtube.動画 http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-358.html

****************************************************

鹿児島市議・小川みさ子さんから「ぜひ見るように」とメールが届き、今朝視聴した。小川さん、情報をありがとう。

■WDR http://www.wdr.de/tv/weltweit/
■FEM-NEWS「紛争・大災害」http://frihet.exblog.jp/i12/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-05 11:42 | 紛争・大災害

想定外の唄

小川みさ子さんが、知らせてくれた「想定外の唄」です。You Tubeで流れています。

小川さんは、鹿児島市議会議員で、無所属、草の根市民派と名乗っています。脱原発のため、寝る時間を削って活動をしている運動家のひとりです。オフィスは「魔女庵」。

「作詞・曲は大阪の塚本正治さん。動画もわかりやすい」のでどうぞ、とお知らせがありました。その通りでした。こうして見ると、日本の政治は機能停止状態だとあらためてわかります。

★原発想定外の唄
http://www.youtube.com/watch?v=ubqIHJx2ypo&feature=youtu.be

福島原発事故は人災だ!
■原発想定外の唄 作詞・曲 塚本正治 

人の手に負えない建物をつくって 豊かな国になってきた
「想定外の事故だった」と会社は言い
「想定外の出来事だった」と役人は言う
想定外 想定外 それは想定外 あれも想定外
想定内の 隠し事ばかり 
東電は言う「想定外」
僕らの暮らしまで「想定外」
人はたやすく便利を選びながら 
大きな都市を作ってきた
大きな都市に電力を運ぶために 
想…

追加された日: 2011/08/14
[PR]
by bekokuma321 | 2011-08-17 05:39 | 紛争・大災害

放射能地獄

木村幸雄さんからいただいた、原爆詩人・栗原貞子さんの詩です。1988年4月の作品ということです。


   放射能地獄

幼かったころ
うすぐらい土蔵のなかで見た
地獄、極楽の絵草紙

飢餓地獄では
飢えた亡者が喰べ物に焦れると
炊きたての白い御飯や
魚や肉、果物やお菓子が
次々あらわれるけど
手をのばせば
瞬間、炎をあげて燃え
亡者の飢餓感はつのるばかりだ

この世の飽食地獄では
金さえ出せば何でも手に入るが
輸入チョコレートやクッキー、ナッツに
チーズ、肉やマカロニー、
スパゲッティなど体のなかで
見えない炎をあげて燃え
臓腑や生殖腺を犯し
ゆっくり放射能地獄へ向かわせる

この世のいつわりの豊かさのなかで
金に買われた男たちは
原発の炉のなかで
見えない炎を全身に浴び
二度と這いあがれない
放射能地獄へ陥ちていく

幼かったころ
うすぐらがりのなかで見た
地獄・極楽の絵草紙
終末の世に見えない炎をあげて
燃える放射能地獄を
予言しているのだ。


木村幸雄さんは、言います。「広島原爆は、手でもてるほどの800gのウランが燃え、100万kW級の核発電所は年間約1tのウランが燃やされる。このことを念頭に、お読みください。」。そして木村さんは、「原子力発電所」ではなく、「核発電所」と呼ぶことを提案しています。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-08-06 09:29 | 紛争・大災害

c0166264_22585355.gif「東日本大震災女性支援ネットワーク」よりお知らせがはいりました。連帯して、災害復興に女たちの力を!


■■ 災害支援者のためのスキルアップ講座  ■■

ジェンダー・多様性ガイドラインの活用で、脆弱な状況にある方たちへの
サポート力を上げよう

2011年7月23日(土)
9:30-12:30 (9:15より受付)
仙台市民活動サポートセンター 
〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1-3
TEL 022-212-3010 
http://www.sapo-sen.jp/map
対象: 被災地の現場で事業実施中の国際協力NGOとNPOなど
東日本大震災の支援に関わる方
共催: 東日本女性支援ネットワーク(Rise Together)/
国際協力NGOセンター(JANIC)
参加費: 無料(午前、午後とも)


■東日本大震災女性支援ネットワーク
素敵なホームページ。災害支援のための女性情報センターのようだ
http://www.risetogetherjp.org/index.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-07-13 22:54 | 紛争・大災害

松本龍復興対策担当相の侮蔑的言動(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=VtUqWdbjnTk
またはhttp://www.youtube.com/watch?v=E3faj-cI2x0

松本復興担当大臣は、初めて宮城県入りした際、村井嘉浩知事に対してとった暴言で辞任した。当然だ。

松本担当相は、「県でコンセンサスをえろよ、そうしないと我々、何もしないぞ」「ちゃんとやれ」「お客さんが来るときは、自分が入ってから呼べ」などと、恫喝に近い表現で叱責を飛ばした。

新聞紙上の印字では、彼の真の威圧的態度は伝わらない。新聞のなかには、彼の命令調を「ですます調」に変えて書いている記事もあるからだ。動画(↑)を視聴したほうが、その威圧ぶりがよく出る。その語気、何度も指さしての叱責…。

最後の念押しが、すさまじい。

「今、後から(村井知事が)入ってきたけど、お客さんが入ってくる時は、自分が入ってからお客さん呼べ。いいか。長幼の序がわかっている自衛隊ならそんなことやるぞ。分かった? しっかりやれよ。今の最後の言葉はオフレコです、いいか、みなさん。いいですか、書いたらその社は終わりだから」

松本元大臣は、こうした恫喝的言動で、政治家の地位を保持してきたのだろう。過去にこのような暴力的言葉・態度をとっても、報道されなかったに違いない。「書いたらその社は終わりだから」と恫喝すればすむと考えたところに、その根深さを感じる。

こういう差別的人間が被災復興指導者で、どうして最も弱い立場におかれたお年寄り、女たち、子どもに寄り添った政策が実行できるというのだ。

さて、松本元大臣の言いぶりは、暴力夫が妻に対して投げつける言葉とそっくりだ。

「家事をしろよ、そうしないと何も出さないぞ」
「いいか、ちゃんと家のことやれ」
「俺より先に家に帰って、出迎えるのが当然だろ、わかったか」
「夫婦の別がわかっている女なら、やるぞ」
「いいか、言うんじゃないぞ、もらしてみろ、お前は終わりだからな」

その背後には、「おまえ、誰のおかげで食ってると思ってるんだよ」という支配者のおごりがある。この場合は、「国=支配者、地方=被支配者」だ。彼に今必要なのは、女性への暴力加害者更生研修の受講だ。このような物言いは、犯罪なのだということをしっかり認識すべきだろう。

命やいたわりをないがしろにしてきた「男性主導政治」に強い憤りを覚える。現地入りして女性の視点で視察したルポは以下10本。写真つき。

■福島県いわき市の三重苦
http://frihet.exblog.jp/16430913/

■郡山市ビッグパレットの女性たち
http://frihet.exblog.jp/16420384/

■福島県議会で耐震安全性を追求してきた女たち
http://frihet.exblog.jp/16419975/

■福島原発と闘う3人の女性県議
http://frihet.exblog.jp/16410158/

■チーム・ウルフ:女たちの支援
http://frihet.exblog.jp/16409896/

■魚がない魚の町
http://frihet.exblog.jp/16431227/

■宮城県石巻市へ
http://frihet.exblog.jp/16409638/

■宮城の女性が語る被災体験 2
http://frihet.exblog.jp/16402969/

■宮城の女性が語る被災体験 1
http://frihet.exblog.jp/16401603/

■宮城県で女性の被害状況を聞く
http://frihet.exblog.jp/16391652/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-07-07 12:30 | 紛争・大災害

アーティストのふじみつこさんから、こんなはがきが届きました。高木仁三郎著『市民科学者として生きる』(岩波新書)にインスピレーションを得て創った「脱原発はがき」だそうです。ひとりひとりが、脱原発めざして何かできることをする、その素敵なモデルだと思います。

c0166264_9212745.jpg


参考記事
■原発反対、女性50%、男性34%
http://frihet.exblog.jp/16503613/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-07-06 09:23 | 紛争・大災害

朝日新聞の6月世論調査によると、原子力発電の利用に対する反対は、女性50%、男性34%。

女性の反対が、男性よりはるかに多い。全体では平均化されて、反対47%となり、半分以下に下ってしまう。

この調査には、被災した岩手、宮城、福島3県の一部がはいっていない。今後、省かれた被災地を含めることによって、原発反対はさらに高まるだろう。

さらに重要なことは、今後、男性が女性の意見に賛同する傾向があると、原発反対が高くなるだろうという点だ。

前回4月の調査によると、反対は女性37%、男性27%だった。女性は、すでに現在の男性より反対が多い。別の言い方をすれば、男性は、この2か月間の膨大な原発被害情報を知らされて、やっと女性の4月のレベルにまで追いついたといえる。メディアは、この男女による意識の違いをもっとはっきりと書くべきだ。

さあ、女性たちよ、周りの男性たちを大いに説得しよう!

上記は、朝日新聞 2011年6月14日朝刊による。あえてかどうか不明だが、インターネット情報には男女別の統計が出ていない。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-22 16:19 | 紛争・大災害