カテゴリ:紛争・大災害( 129 )

日本の権力やエリートたちの嘘、隠ぺい、情報操作。中国に滞在するドイツ記者が、福島に何度も足を運んで暴いた。

ジャーナリストの鏡ともいえる、彼の執念の取材は、「フクシマの嘘」として報道された。それがYoutubeによって流され、日本中で評判になった。

■独ZDFハーノ記者へのインタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=utuOvj-aAXY&feature=youtu.be

■「フクシマの嘘」
http://frihet.exblog.jp/17691662/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-04-07 23:43 | 紛争・大災害

c0166264_22591232.gifクレオ大阪の5館をすべて廃止する案が、橋下大阪市長から出た。大阪の女性たちには、寝耳に水だ。

クレオ大阪は、男女共同参画センターの愛称。大阪市内に5館をかかえる。

「まったくふざけた話だ。センターで働く女性たちのことが心配だ」と、まず働く女たちに思いを寄せるのは、上田美江さん。

上田さんは、「館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会」代表をつとめた。大阪府豊中市のすてっぷ館長がバックラッシュ勢力の圧力に屈して解雇された事件で、「館長の人格権を侵害した」として市幹部2人の不法行為が最高裁で確定している。

上田美江さんは、こう言った。
「私たちは、支援の会の初めての集会を、クレオ大阪で開きました。女性たちの長い闘いのスタートをきった思い出の場所です。現場で働いている女性たちの声をこれから聞いてみたい」

5館で、27人の正規職員が働く。大阪市の男女共同参画をすすめる拠点として設置された。クレオ大阪中央は、日本初の公立女性施設だった大阪市立婦人会館の跡地に、2001年オープンした。そのクレオ大阪中央で働く幹部は、次のように電話で語った(匿名を条件で)。

「プロジェクト案ですので、この予算案に対して、これから大阪市の市民局がきっちり反論をしていくことになります。これから早い時期に、市として、全体として態度を表明していきます。突然、マスコミに公になってしまったのです。今、各方面からいろいろご心配をいただいています。今後、パブリックコメントをすることになりますので、そこで議論もしていただくことになります」

人権の確立、男女平等の推進というより、むしろ余暇のすごしかた的事業が目立つ昨今の男女共同参画センターに、不満を持つ女性たちもいた。だが、それとこれとは別。だからといって、現場の働く女性職員たちの意見をいっさい聞かずに、頭ごなしに「廃止宣言」をするのは、言語道断。

浪速女たちの逆襲に期待したい。

■クレオ大阪
http://www.creo-osaka.or.jp/
■館長雇止め・バックラッシュ裁判
http://fightback.fem.jp/
■提訴しました  2005.1.29(土)
http://fightback.fem.jp/flyer-04_1_29.html
■橋下市長の国保料引き上げは社会保障の企業主義と格差を強化する
http://hiroseto.exblog.jp/17703788/

 【追記】
上田美江さんから、こんな報告が届いた。
「全国シェルターシンポジウム大阪2002をしたのもクレオです。代表を引き受けてがんばりました。」
そう、大阪は、横山知事がセクハラ事件を起こして有罪となり、初の女性知事が誕生した。ちょうどその直後だった。私も討論会の司会を依頼された。女性への暴力を許すなと、燃えたあの熱気を思い出した。2002年6月29日、30日だった。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2012-04-07 14:13 | 紛争・大災害

滋賀県は、原発再稼働を認めないと決めた。その意見書を議会で可決し、内閣総理大臣に提出する。

滋賀県の隣は福井県だ。福井県は14 基の原発がある。なかには滋賀県から13キロの近さにある。そして滋賀県の知事は、環境推進を政策に掲げる嘉田由紀子知事、支える側にも沢田議員など女性議員が控える。

意見書は、「福島第一原子力発電所事故の原因究明等がなされていない中での、福井県に立地する定期検査中等の原子力発電所の再稼働を認めないことを求める意見書」
http://www.shigaken-gikai.jp/g07_IkenView.asp?SrchID=563&bunrui=&kword1=&kword2=

一方、福井県大飯町にある、原発停止中の関西電力大飯原発3、4号機の安全評価が原子力安全委員会で了承された。いわゆるストレステストの関門をくぐったということになる。官僚の書面上は。

その大飯町、2011年の選挙で、新人女性候補、尾谷和枝(無所属)が立候補し、唯一の女性議員となった。たった一人の女性の代表として、大飯町の女性たち、子どもたちの声をひろって、議会に直接届けてほしいものだ。

その大飯町の上部にある福井県は、日本の全県議会の中で、最も長く女性が誰もいない「女性ゼロ議会」だった。福井県に女性議員が誕生したのは、つい数年前のことだ。

福井県武生市で男女平等オンブッドの仕事についたことがある。種々の調査や実態からも、福井県の女性たちは非常に働き者が多かった。しかし、議会や政策決定における女性はきわめて少なく、女性の社会的地位は低かった。

■女性の約7割、原発NO!
http://frihet.exblog.jp/17662842/
朝日新聞世論調査
c0166264_21433821.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-24 09:21 | 紛争・大災害

「フクシマの嘘」

第二ドイツテレビ作「フクシマの嘘」
http://uesugitakashi.com/?p=1203
(日本語字幕つき)

見てよかった。

オリジナルはZDF: Die Fukushima-Lüge
http://www.zdf.de/ZDFmediathek/#/beitrag/video/1576888/ZDFzoom:-Die-Fukushim%20a-L%C3%BCge
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-20 04:07 | 紛争・大災害

ふくしま宣言

c0166264_10424460.jpg「ふくしま宣言」への賛同が、ネットでできます(↓)。
http://www.avaaz.org/jp/fukushima_declaration_pledge_mf/?fp

史上最悪の災害に苦闘する日本。これを、原子力に頼らず再生可能なエネルギーで発電するクリーンエネルギー社会へと導くチャンスに。「ふくしま宣言」を支持する個人的誓いに署名し、自分の住む都道府県の知事も福島県知事の先例に倣い、原子力の無い社会へ導くよう訴えるアクション。

呼びかけは、Avaaza。Avaazaは、「世界の人々の観点または価値観によってグローバルな意思決定がなされるようにすることを目的とし、世界中のさまざまな問題に対して積極的に活動を行うグローバル オンライン コミュニティ」。史上最大のグローバル・ウェブ・ムーブメントとも言われる。

■女性の7割、原発NO!
http://frihet.exblog.jp/17662842/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-18 10:46 | 紛争・大災害

女性の約7割、原発NO!

2012年3月13日 原発再開「反対」女性67% 男性は47%。
女性の反対は多くなり、男性は前回より減った。
原発ジェンダー・ギャップは広がっている。
ジェンダー別統計を棒グラフでわかりやすく公開したのは初めてだ。常にこうしてほしい。
原発に対する政府の安全対策については「信頼していない」が80%に上った。



朝日新聞世論調査

c0166264_21433821.jpg




■原発反対、女性65%、男性49%(2011年12月)
http://frihet.exblog.jp/17200209/
■原発反対、女性50%、男性34% (2011年6月)
http://frihet.exblog.jp/16503613/
■原発事故から考える民主主義
http://frihet.exblog.jp/16079555/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-14 21:44 | 紛争・大災害

3月11日は、東北大震災から1年目。

私は、メディアから飛び込む惨状にただただ茫然とした。原発と津波被害への自分のあまりの無知がおりのように少しずつ沈んでいった。心底恥ずかしく思った。

でも、カンパか募金グッズを買うこと以外何もできなかった。その無力さがまたもどかしかった。それをふっきれたら、と宮城、福島の知人を頼って現地に駆けつけた。5月下旬のことだ。

惨状を、この目で見た。無我夢中で10本余りの記事にした(↓)。FEM-NEWSの趣旨をはずさないように、できるだけ女性の声を集めようと努力した。

IMF初の女性の専務理事クリスティーヌ・ラガルドは、確信しているという。
「レーマン・ブラザースではなくて、レーマン・シスターズだったら、世界金融危機は起こらなかった」

私も確信する。
「もしも、福島県会議員の半分が女性だったら、これだけ多くの原発を建設しなかった」


■福島県いわき市の三重苦
http://frihet.exblog.jp/16430913/
■郡山市ビッグパレットの女性たち
http://frihet.exblog.jp/16420384/
■福島県議会で耐震安全性を追求してきた女たち
http://frihet.exblog.jp/16419975/
■福島原発と闘う3人の女性県議
http://frihet.exblog.jp/16410158/
■チーム・ウルフ:女たちの支援
http://frihet.exblog.jp/16409896/
■魚がない魚の町
http://frihet.exblog.jp/16431227/
■宮城県石巻市へ
http://frihet.exblog.jp/16409638/
■宮城の女性が語る被災体験 2
http://frihet.exblog.jp/16402969/
■宮城の女性が語る被災体験 1
http://frihet.exblog.jp/16401603/
■宮城県で女性の被害状況を聞く
http://frihet.exblog.jp/16391652/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-01 22:01 | 紛争・大災害

石牟礼道子

ETV特集 「花を奉る 石牟礼道子の世界」を視聴した。

石牟礼道子。日本のもっとも誇れる女性だ。3.11東北大震災・福島原発事故のあと、多くの人が思いだしただろう『苦海浄土』。効率を求めてひた走ってきた日本が、産み落とした病。それが水俣病。その地獄を書きつづった作品が『苦海浄土』だ。

福島県原発立地地域とその周辺。原発によって発展した町、村。水俣病を発生した水俣市もそうだった。チッソによって発展した企業城下町。住民のほとんどがチッソと関係を持っていた。

2009年、水俣病の特別措置法が成立。政府は最終解決をめざし、未認定患者に一時金と療養手当を支給することを決めた。

一時金は、わずか210万円。しかもこの一時金は「収入である」とされ、生活保護の支給を受けられなくなっているケースが多発。パーキンソン病をわずらいながら、石牟礼道子は怒る。

胎児性水俣病患者たちは、50代となった。車椅子に乗った石牟礼は、車椅子の胎児性水俣病患者を訪問する。患者に、なぐさめされ元気づけられ、「私のほうが、あんたたちから・・・」と、石牟礼は涙をぬぐう。

福島原発事故で、放射能をあびた子どもたち、胎児の50年後は、どうなるのか、それにこの国はどう対処するだろうかーー。

石牟礼道子は、まだ書き続ける。
[PR]
by bekokuma321 | 2012-02-27 01:12 | 紛争・大災害

3.11 HUMANBANDプロジェクト

女性の地位向上にがんばっている下村満子さんからの呼びかけです。ジャーナリストの下村さんは、現在「下村満子の生き方塾」塾長、「盛和塾福島」筆頭代表世話人。

■■ HUMANBAND on Route 3.11プロジェクトについて ■■

2012年3月11日、東日本大震災の1年後。

津波が襲った地域 500km 超にわたり、50万人超の人々が手をつないで、鎮魂と感謝と復興への想いを胸に刻み、ともに新たな一歩を踏み出す。

この様子を参加者のうちの5万人超のカメラマンが撮影し、やがて1枚の写真にまとめあげ、世界に向けて発信。最後に全員で「ふるさと」を大合唱。

この大きな感動をきっかけとして、長期にわたり「『我が事』として復興に関わる人々」の確かな絆が生まれます。

「点」がどんなにがんばって単独で大きくなろうとしても、「点」は「点」のままです。
「点」をつなげて「線」に、「線」を縒りあわせて「面」に。
みんなで力を合わせることによって、今は不可能と思われることも、きっと可能になります。

津波が襲った地域に完全に横一列のHUMANBAND が完成し、福島県で全員が海岸線に並ぶその時まで、HUMANBAND プロジェクトは、どんどん伸び続けていきます。

詳しくはプロジェクトHPを
http://www.humanband.jp/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-02-21 10:58 | 紛争・大災害

3.11 福島県郡山から

c0166264_2172252.jpg
●原発いらない 地球(いのち)のつどい 3.10・11
http://onna100nin.seesaa.net/article/251821076.html
3.11(日)9:30〜10:30 労働福祉会館2F中ホールで
    私は、「脱原発への道」ドイツ報告を行います。

●原発いらない!3.11福島県民大集会
http://fukushima-kenmin311.jp/
「県民大集会」では、デモ行進もします。

2.12現在 野球場近辺の空間線量は、0.6μsv/h
 妊婦・子どもさんの屋外参加は、お薦めできません。


♪♪--------
いのち・くらし・こころ豊かな市民政治を
 郡山市議会議員  へびいし郁子
 「みどりの未来」会員
 T/F:024-945-7096
Eメール:h-cosmos@alto.ocn.ne.jp
         --------♪♪
[PR]
by bekokuma321 | 2012-02-20 21:03 | 紛争・大災害