あけましておめでとうございます。

FEM-NEWSは、世界中から届く女たちのニュースを和訳して届けるブログです。編集責任者は三井マリ子です。

2017年のロゴ写真は、ノルウェーの画家クリスチャン・クローグ(1852-1925)による絵「アルバーティン」の一部にしてみました。少女アルバーティンが、性病検査のために警察官に促されて医務室に入ろうとしている瞬間が描かれています。

c0166264_22342539.jpg
 ▲「アルバーティン」(1887年)。画面を占める派手な衣装の女性たちは売買春婦

作家でもあったクローグは同時に「アルバーティン」という同名の小説を表し、女性が貧しさゆえに売春婦とならざるえない社会を告発しました。アルバーティンは、貧しいお針子である母を助けて朝から晩まで働きますが、金はすべて病気の弟の薬代に。ある日、警察官に騙され酒を飲まされて強姦されたアルバーティンは、売春婦の道に入っていきます。

本は、道徳心を損なうからと発禁処分。それに怒ったジャーナリストは大衆の前でその内容を伝え、新聞では売春問題について大論争が展開されます。それが絵画の人気を高めることとなり、公娼制廃止は国を揺るがす大きな運動に発展していきます。首相は、ほどなく公娼制廃止に踏み切ったとされています。

私は昨秋、オスロの国立美術館でこの絵の前に立ちました。現在もいる、おびただしい数の「アルバ―ティン」のことを思いながら・・・。

1928年、私と同じ場所に立って、この絵を鑑賞した日本女性がいました。久布白落実(1882-1972)です。当時の日本は公娼制が野放しでした。女性には参政権がありませんでした。そんな社会を変えようと、久布白は運動していました。そんな彼女が、ノルウェーの公娼制は1枚の絵に触発された市民たちの運動によって崩れ去ったことを知ったのです。

帰国した彼女は、女性参政権運動にのめりこみます。秋田市民1000人を前に「第1回 公娼廃止大演説会」で講演。翌1929年再び秋田入りして、秋田県初の女性参政権を要求する講演会で「公娼問題よりとき伏して、婦人参政権の必要なることを力説」します。彼女から影響を受けた人の中に、女性運動家和崎ハルがいました。後にハルは、戦後初の女性代議士39人の1人となります。

c0166264_9555847.jpg私が、ノルウェーのクオータ制を初めて日本に紹介したのは1980年代です。女性を政策決定の場に増やして、男女平等社会にしたいと思ってのことでした。

その後、ノルウェーの政治・福祉制度に関する書籍を刊行し、講演もしてきました。今も、女性やマイノリティを議会に増やさない限り民主政治はないと思っています。

ただ衆院選を経験した私は、「小選挙区制はクオータ制という種をまく土壌にふさわしくない」と確信できます。ここにメスを入れなければ、と考えるようになりました。そのモデルは、100年ほど前、小選挙区制から比例代表制に変えた国、ノルウェーです。

さて私は、東京都立高校教員を経て東京都議会議員(2期)。法政大学講師から大阪府豊中市男女共同参画推進センター初代館長、福井県武生市初代男女平等オンブッド(オンブズマンのこと)などの職を経てきました。そのかたわら、NGO「全国フェミニスト議員連盟」を中心に女性運動を続けてきました。お茶の水女子大学を卒業した後、フルブライト奨学金をいただいて、アメリカのコロンビア大学でMAを修了しました(家族・地域教育学)。

東京都議時代、東京都労働局にセクシャルハラスメント防止施策を初めて実施させました。当時、ILOから発行されたセクシャルハラスメントをなくすための政策についての国際調査報告書によると、日本で初めて、唯一の公的制度でした。東京都のセクシャルハラスメント政策は、全国の自治体に影響を与え、次いで国のほうも関心を持つようになりました。『セクハラ110番』(集英社)に詳述されています。

著書は
『バックラッシュの生贄――フェミニスト館長解雇事件』(共編著、旬報社)
『ノルウェーを変えた髭のノラーー男女平等社会はこうしてできた』(明石書店)
『女たちのパワーブック』(ノルウェー労働党女性局編)(共訳、かもがわ出版)
『ママは大臣 パパ育児ーーヨーロッパを揺るがす男女平等の政治』(明石書店)
『男を消せ!--ノルウェーを変えた女のクーデター』(毎日新聞社)
『セクハラ110番』(集英社)
など多数。

記事についてのご質問・意見や、講演・執筆のご依頼は、mariko-m(a)qa2.so-net.ne.jp までお気
軽にどうぞ。(a)をアットマークに変えてください。

2017年のある日の、あるひとときのあなたに、FEM-NEWSがお役に立てたら、うれしく思います。
[PR]
by bekokuma321 | 2017-01-03 23:19 | FEM-NEWSについて

あけましておめでとうございます。

FEM-NEWSは、今年も大好きなノルウェーなど北欧諸国を中心に、世界の女性に関しての情報をいち早くお届けするつもりです。日本の女性に関するニュースにも力を入れます。ご期待ください。

c0166264_1326126.jpg
本年のカバー写真はカミラ・コレット像です。19世紀のノルウェーに産まれ育った作家で、元祖フェミニストと呼ばれています。男性のいいなりになるように育てられて、意にそわない結婚をさせられていく女たちの不幸を描いた小説『知事の娘』を世に出しました。

カミラは28歳で結婚しました。10年後に夫が亡くなり、子ども4人を抱えてシングルマザーに。家を売り、4人のうち3人の子どもを手放さざるをえませんでした。それでも家計は火の車。生きるために出版したのが小説『知事の娘』。著者不詳で発表され、彼女が実名を明かしたのは、20年後だったそうです。

ノルウェー作家ヘンリック・イプセンが、カミラに対して「かならずや現実の世界があなたの考えのようになるときがやってきます」と励ましの手紙を送っていました。数年前、ある本で読みました。

イプセンが予感したように、ノルウェーは、世界トップクラスの男女平等社会となりました。

カミラ・コレット像は、昨夏、オスロの王宮公園で撮影しました。強い風をよけるためでしょうか。顔を少しそらして両腕でわが身を守っています。女性への差別や虐待が当たり前だった19世紀、闘いののろしをあげたカミラの苦闘が伝わってくるかのようです。

さて、昨年の全記事から、トップテンを選んでみました。Facebookでの反応を参考にしたものです。クリックして、もう一度どうぞ。

1 オスロ副市長「私は強姦されました」
2 憲法9条、ノーベル平和賞候補最終リストに 
3 まるで魔女狩り――徳島県藍住町の紅一点議員追放事件
4 世界で最も家事をしない男性は日本人
5 ノルウェー強姦報告書の衝撃
6 安倍改造内閣の女性たち
7 ドイツ、「女性クオータ法」成立 
8 男女格差、世界136カ国中105位
9 政府のガザ政策を批判して英閣僚辞任
10 ベリット・オース「支配者が使う五つの手口」

昨年は、感想やコメントもたくさんいただき参考にさせていただきました。が、辛口の批判も歓迎です。Facebookを通じてのほうが助かりますが、mariko-m( )qa2.so-net.ne.jp宛でもけっこうです。( )を@に変えてください。実名でお願いいたします。

今年は東日本大震災から4年目。原発再稼働に突き進む現政権を揺さぶるために、女性の力をどう発揮するか。全国の仲間たちと闘い続けようと思います。また、人口の半分を占める女性の声や多様な政治的意思を反映しない日本の選挙を改革するには、どうしたらいいのか。考えを同じくする人たちと手をつないでさぐっていきたいと思っています。

本年も、FEM-NEWSをどうぞよろしくお願いいたします。

2015年1月4日 FEM-NEWS 三井マリ子

P.S.FEM-NEWSへのご連絡は、mariko-m(a)qa2.so-net.ne.jpまでどうぞ。

【写真:グスタフ・ヴィーゲラン作カミラ・コレット像。2013年夏、オスロ王宮公園】
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-04 14:27 | FEM-NEWSについて

あけましておめでとうございます。

2014年のロゴ写真は、ノルウェーはオスロの公園で出会った母と娘です。

c0166264_1147212.jpg
ノルウェーは、日本人の私からみると、ハンディをハンディと感じさせない社会です。働く女性、からだや心に障がいを持った人たち、移民、犯罪歴のある人たち、などハンディのある人たちが生き生きと暮らしているように見えます。

長年、ノルウェー取材を続けてきた私は、「ハンディをハンディと感じさせない社会は、ハンディをハンディと感じさせない社会づくりを目指してきたからにほかならない」と、確信するようになりました。

今年の1枚は、「日本もこういう社会に近づいたらいいな」、そんな希望をこめて選びました。

東日本大震災から3年目。愛する人を失った方、家を奪われ故郷を追われた方、…犠牲になった方々は、原発再稼働を決めた政権のニュースをどのような思いで聞き、新年を迎えられたことでしょう。

微力な私ですが、被害にあわれた多くの方々に思いを寄せながら、新しい年、自分にできることをしようと決意しました。

上の写真の話をします。

オスロ市の繁華街から地下鉄に乗って30分ほどの駅フログネルセーテレン。そこからどんどん歩いて、森や湖のある広大な公園に到着。かなりの傾斜があり、息が切れてきたころ、車いすに少女を乗せて歩く女性が横に。オフロード用の特別な車いすのようです。話しかけてみました。

「娘は、先天的障がいを持って生まれました。でも、ここにきて、緑の中を野鳥の声を聴きながら散歩するのがとても好きなんです」

「この車いすは、ハイキング用です。市に申請すると無料で貸してくれます」

そして、母親は「私は、そこのオスロ大学の教員です」と言いました。日本は、ハンディのある子を持つ母親の多くが仕事を断念せざるをえない国です。それを知る私は、驚きました。そして、2人の姿に私の好きなノルウェーらしさと、未来への希望を感じることができました。

本年もどうぞよろしくお願いします。

三井マリ子(FEM-NEWS主宰)

【なお、2012年の挨拶と写真はhttp://frihet.exblog.jp/17266474/からどうぞ。2013年の新年の挨拶は、事情があってパソコンに向かうことができず、アップできていません】




[PR]
by bekokuma321 | 2014-01-03 11:03 | FEM-NEWSについて

2012年のご挨拶

c0166264_23185.jpg
あけましておめでとうございます。

2012年のロゴ写真は、ノルウェー国会議事堂の前にあるライオン像で遊ぶ少女たちです。希望がわいてくるような1枚を、と探しました。

東日本大震災に苦悩した1年でした。愛する人を失った方、家を奪われた方、故郷を追われた方、後遺症にうなされる方…犠牲になった方々はどのような思いで新年を迎えられたことでしょう。

微力な私ですが、被害にあわれた多くの方々に思いを寄せながら、新しい年を生きようと決意しました。

上の写真に話を戻します。

2011年秋、4年に1度のノルウェー統一地方選を取材に行きました。オスロ市の中心にある国会前を通り過ぎたら、少女たちのキャーキャー遊ぶ声が聞こえました。見ると、国会議事堂の前のライオン像に馬乗りになっていました。

少女たちは、この後すぐ、メインストリートに並ぶ政党の選挙小屋のほうに向かいました。「政党の公約を知るために、インタビューするんです」と1人が私に言いました。もう1人は、政党名がたくさん書かれた質問用紙を手に持っていました。

引率の先生に聞くと、「オスロ市内の小学校の5年生です。ええ、授業の一環です」と告げました。3、4人ひと組になって政党の候補者に決められた時間内に取材するのだそうです。

ノルウェーの政治は生活に本当に近いと思うことが多いのですが、小学生が、自分たちの目線で選挙に関わっている姿にのけぞってしまいました。

それに、少女たちの肌の色がみな違っています。スカーフをしている2人はイスラム教でしょうか。なにげなくシャッターを切った1枚に、私の好きなノルウェーらしさと、未来への希望があふれていました。

本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年1年は、銅像「工場の少女たち」でした。20世紀初めの紡績工場で働く少女たちの物語。このお話はhttp://frihet.exblog.jp/17265803/をどうぞ。

三井マリ子
[PR]
by bekokuma321 | 2012-01-01 00:00 | FEM-NEWSについて

FEM-NEWSについて

FEM-NEWSは、世界中から届く女たちのニュースを日本語にして届けるブログです。

足で歩いて取材してきたカンと長年のフェミニストの目で選んでいます。大手メディアにひっかからないけれど、これは重要だと思われる情報を中心に・・・。自分の足で取材した記事も多いです。

編集責任者は三井マリ子です。女性政策研究家、ジャーナリストであり、女性運動家です。

原稿や講演のご依頼、性差別のご相談、ご質問は、mariko-m(a)qa2.so-net.ne.jp にお気軽にどうぞ(aをアットマークに変えて)。

2012年1 月の写真(ずっと下)は、ノルウェー国会議事堂の前にあるライオン像に乗って遊ぶ少女たちです。

2011年秋の統一地方選の真っ最中でした。少女たちは、オスロ市の中心にある国会の前でキャーキャー遊んでました。ところが、この後すぐ、彼女たちは、そろってメインストリートに並ぶ政党の選挙小屋のほうに向かいました。

「政党の公約を知るために、インタビューするんです」と私に言うではありませんか。引率の先生が「小学校5年生です。ええ、授業の一環です」と告げました。

ノルウェーの政治は、本当に暮らしに近いと思うことが多いのですが、小学生から自分たちの目線で選挙に関わっている姿には驚きました。

それに、少女たちの肌の色がみな違っています。なにげなくシャッターを切った1枚に、私の好きなノルウェーらしさがあふれていました。

さて私は、都立高校教員、東京都都議会議員(2期)、大学講師、大阪府豊中市男女共同参画推進センター初代館長、福井県武生市初代男女平等オンブッドなどの職を経てきました。

そのかたわら、女性解放運動をつづけてきました。70年代~80年代は「国際婦人年をきっかけとして行動を起こす女たちの会」、90年代からは「全国フェミニスト議員連盟」を中心に女性議員を増やす運動をしてきました。

女性差別裁判をいくつも支援してきました。2004年末、自らが原告となって女性差別を提訴しました。支援する会のHPに詳しいです。2011年1月20日、最高裁で勝利しました。最高裁ニュースは、毎日放送テレビで報道され、YouTubeで今も見られます。http://www.youtube.com/watch?v=LBkvy8Wzg-4です。長い間、ご支援くださった全国の皆さんに心から感謝します。

東京都議会議員時代、東京都労働局に公的にセクシャルハラスメント防止施策を初めて実施させました。当時、ILOから発行されたセクシャルハラスメントをなくすための政策についての国際調査報告書によると、日本で初めて、唯一の制度でした。

東京都のセクシャルハラスメント政策は、全国の自治体に影響を与え、次いで国のほうも関心を持つようになりました。『セクハラ110番』(集英社)を参照してください。1994年発刊の本ですが、日本の変わらぬ実態があるからでしょうか、まだ読まれているようです。

最終学歴は、アメリカNYコロンビア大学MA修了(フルブライト奨学生)です。ノルウェー・へードマルク大学のvisiting fellow として、ノルウェー地方自治体の女性政策研究をしたこともあります。

著書は
『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店) おかげさまで第2版!
『ママは大臣 パパ育児』(明石書店)
『男を消せ!--ノルウェーを変えた女のクーデター』(毎日新聞社)
『セクハラ110番』(集英社)
など多数。

『男を消せ!』には、多くの読者が感想を寄せて下さいました。その一部、『男を消せ!』の感想に載せています。

趣味は推理小説を読むこと、ジョギング、ハイキング。好きな色は緑、赤。

家族は、無類の料理好きのサンボー(事実婚のパートナー)に、猫2匹。サンボーも私もバツイチです。サンボーはジャーナリストで、名は大熊一夫、愛猫は兄がルーナ、妹がマンリーコ。

こうした経験が、FEM-NEWSの記事に影響を与えていると思います。ノルウェーに関係する記事が抜群に多いと言われますが、ノルウェーとノルウェーの人々が大好きです。

2011年9月、ノルウェーの極北の地について書いた「世界で最も住みやすい町」が、週刊金曜日ルポルタージュ大賞に入賞しました。10月は、栃木県の女性団体による「ノルウェー女性の生き方を探る旅」の企画をお手伝いし、視察に随行しました。

URL http://www009.upp.so-net.ne.jp/mariko-m/index.html
(ごめんなさい、更新数が滞っています)

c0166264_9572895.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2009-01-27 01:06 | FEM-NEWSについて