ローマの女性センター

c0166264_0131172.jpg ローマの女性センターの名は「女たちの家」。カーサ・デッレ・ドンネ Casa delle Donneという。男子禁制、女性だけが安心して泊まれるホテルが併設されている。壁には、3月8日国際女性デーの写真が


c0166264_22121679.jpg 朝食後のひととき、ダイニングルームで憩う世界の女たち


c0166264_0135388.jpg  ミモザ館と名づけられた喫茶室。ミモザは、3月8日の国際女性デーのシンボルフラワー。壁には何年のものか不明だが、国際女性デーの巨大なポスターが掲げられている


c0166264_01442100.jpg これまでの無数の活動のスナップをアレンジして大きな1枚の布に。当時の人にはなつかしい思い出となり、若い人たちには先輩たちの苦労が教訓に・・・


c0166264_0151263.jpg美術工芸室の前には、女性の大きなオブジェが待ち受けていた。「女侍という名前なんですよ」と言った


c0166264_0212888.jpg盛夏、クーラーもないセミナー室で、時間がすぎても誰も席を立とうとしない企画があった。イタリア人の超まじめな一面を見た


c0166264_0163844.jpg 「女たちの家」という垂れ幕が掲げられた正面入り口。全体で約4000㎡の敷地。大きく3つの機能を持つ。1つは、セクハラや夫からの暴力など女性の抱えるあらゆる悩み事への相談と支援の場。2つ目は世界の女性たちの集いの場、3つ目はイタリアの女性解放運動を記録し発展させる場。
[PR]
by bekokuma321 | 2007-07-21 00:09 | ヨーロッパ