ノーベル賞委員会委員も男女半々

ノーベル賞の平和賞だけは、スウェーデンではなくノルウェーで決められます。委員はノルウェー国会から独立してはいるものの、政党からの推薦で国会で決まります。

もうじき6年の任期が終了する委員が出るため、メディアでは次は誰かという予測されています。その記事に現ノーベル賞委員会の写真が出ていました。委員は女性3人、男性2人というジェンダー・センシティブな構成です。

ノルウェーは、1980年代から、公的な決定機関はどちらか一方の性が40%を下回ってはならないという法律を規定してます。男女平等法21条のいわゆるクオータ制です。

平和賞には、比較的女性が多く選ばれてきました。選ばれる側に、平和につくす秀でた女性が目立つことが理由でしょうが、選ぶ側であるノーベル賞委員会が性に偏りのない構成になっていることも無関係ではないと思います。平和賞を受賞した女性たちが、「ノーベル賞女性受賞者のイニシアティブ」という新たな国際組織をつくり、平和促進に動いていることも、これまでにない動きです。

http://www.aftenposten.no/english/local/article2688548.ece
http://nobelpeaceprize.org/
http://www.nobelwomensinitiative.org/
[PR]
by bekokuma321 | 2008-10-03 13:28 | ノルウェー