チリ大領領、男女同一労働同一賃金法制定へ

チリ初の女性大統領ミチェル・バチェレさんが、2008年6月、アメリカ・カリフォルニア州バークレーを訪問した。ラテンアメリカ研究のバークレーセンターで講演をし、「男と女が同一価値の仕事をしているなら、男女同一賃金にすべき。そういう法律を制定する」と語った。

三井マリ子ワールドによると、2006年、チリ初の女性大統領となったミチェル・バチェレさんは、シングルマザーで社会主義者。政治犯として投獄されたこともある。「私が大統領になったら、大臣の半分は女性にします」というクオータ制を公約にしていたが、それを実行し、閣僚の半分を女性にした。就任にあたって「私たちはつらい時代を生きてきた。国民全員が愛せる国をつくろう」と宣言したという。

チリの国会の女性議員は15.8%で、IPUランキングでは94位である。女性半数内閣の組閣に際しては、国会議員以外から選んだと考えられる。女性閣僚はかならずしも国会議員とは限らないにしても、大胆な人事であり、女性運動家ならではの決断だ。

http://www.dailycal.org/article/101891/chilean_president_michelle_bachelet_visits_berkele
http://www.ipu.org/wmn-e/classif.htm
http://www.guardian.co.uk/world/2006/apr/02/gender.chile
[PR]
by bekokuma321 | 2008-06-30 14:46 | 中南米