ヒラリー・クリントン上院議員のスピーチ

初の女性大統領か、初の黒人大統領か。世界中をわかせた民主党大統領候補選挙。大接戦の末、敗れたヒラリー・クリントン上院議員が、8月26日、民主党大会で演説をした。

彼女は、オバマ候補への支持を訴え、アメリカの政治を民主党にとりもどそうと力強く訴えた。アメリカ女性の参政権の歴史から、子どもをかかえガンと闘う健康保険のないシングル・マザーの窮状まで、女性の視点で政治を見つめなおした。

「1848年、セネカ・ホールでの女性参政権を求める初の集会に、何日もかかって参加した人たちがいる。彼女/彼らは、それから72年間闘わねばならなかった。そして、88年前の今日この日、女性たちは参政権を勝ち取った」

「私の母は、女性参政権のないころに生まれた。しかし、私の娘は、母親を大統領に選ぶことができた」

などなど・・・。会場を総立ちにさせる力強い演説だった。ヒラリーなら女性初の大統領になれると応援してきた多くの女性たち、いや男性も、この日の力説を聞いてますます大統領にしたいと思ったことだろう。

北欧諸国は、アイスランド、フィンランドで大統領、ノルウェーで首相と、国のトップに女性をすでに選んできた。アメリカ国民が女性大統領を選ぶまでには、あと何年かかるのだろうか。そして、わが日本は・・・。

民主党大会は8月25日から28日までデンバーで開催中。

http://www.demconvention.com/hillary-rodham-clinton/
http://www.guardian.co.uk/world/2008/aug/27/uselections2008.hillaryclinton
[PR]
by bekokuma321 | 2008-08-27 16:27 | USA