毎年100万の女性胎児が中絶されている

BBCによると、胎児の性別が判定ようになり、インドでは、女性胎児の中絶が急増している。アーゴラに住むVaijantiは、女の子だとわかり中絶をせまる夫を法廷に提訴したという。インドでは、胎児の性別を判定して中絶することは法律で禁止されていても、女の子を中絶するための性別判定が止まない。

デリーの統計によると、男子出生1000人につき女子は821人だ。その背景には女性への高額のダウリー制度というインドの慣習があるとされている。

人間が女性という性に産まれたがために抹殺される。これこそ究極の女性差別ではないか。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7570192.stm
[PR]
by bekokuma321 | 2008-08-20 02:24 | アジア・アフリカ