「悔しくて」(名護市長選現地報告)

c0166264_1145177.jpg名護市長選は、辺野古反対の現職が敗れ、自公推薦候補が初当選した。「悔しくて」と題したメールが今朝、届いた。沖縄に応援に行っているフェミニスト高橋芳恵からだ。了解を得て公開する。

==== 沖縄名護市長選挙 稲嶺さん惨敗 ====

皆、疲れ切っていました。「勝つためには、諦めないこと!」。でも、でも、本当に悔しい! 公明党が敵陣に付いて、流れが変わったそうです。

これまで、お世話していた地区住民(障害があっても地域で暮らす)が、何人も、期日前投票に連れていかれたそうです。親切にされると、その人の言うなりになる……。

選挙戦期間中、こちらの天気は、いつも降ったり晴れたりでした。大浦湾に海保が作った櫓にカヌーで毎日通い、辺野古の海を守った女たちの一人で、今はジュゴンを守る会の友人がいます。彼女は、近くの地区住民の人たちを、「晴れたら、一緒に期日前投票を、と、思っていたら、気づいたら、もう遅かった」そうです。 連れていかれてしまったのです。

役所にも敵陣営はたくさんいるので、その人たちは、投票にお世話が必要な人はしっかり把握していて、ちゃんと対策をとっていたのです。巧妙です。選挙のために、名護市に住民票を移した人の数も調べて欲しいくらいです。

反面、こちら側の人には、「(行かなくても)当選するさー」という人や、名護市に移ってきていても、住民票を移していなかった人とかいました。実際に、自分の足で、そのような人たちと会って、唖然としました。もちろん、いい出会いはたくさんあったのですが、ね。

当選した渡具知側は、選挙前、公開討論会の幾度の呼びかけに、一度も応じませんでした。ちょっとでも2人の話を聞いたら、又は、新聞紙上でも、両者の言い分を比較して見聞きしたら、どちらが、名護市にとって、沖縄にとって、日本にとって、重要な、ふさわしい人物かは歴然だと思うのですが。

新基地が作られたら、次は戦争の拠点に使われるでしょう。ダブル選挙に挑んだ名護市補欠選挙で、安次富さんも落選!辺野古の新基地建設に対し抗議行動を続ける「ヘリ基地反対協議会」の共同代表です。

昨夜は、長年、闘い続けている友人宅で、選挙速報に一喜一憂していました。その彼が、「これまでも、ずーっと、こうだったしょ! 闘いの終わりがさきに伸びただけさー」と。

こんな思いを地元の彼・彼女らは何回も経験しているのです。まず、ゲート前テントの強制撤去が始まるでしょう。

今日は、これから、テント前に宿泊先を移して、政府の暴力をこの目でしっかり見てきます。機動隊に抜かれる時は、それほど抵抗せず、自分の体は守ろうと思いますので、ご心配なく! 2月14日に東京に戻るまで、しっかり闘ってきます!

高橋 芳恵(札幌市民)

c0166264_1527236.jpg
          ▲名護市選挙管理委員会事務局のサイトより

「放射線取扱い主任という非常勤職の声」(高橋芳恵)
[PR]
by bekokuma321 | 2018-02-05 12:02 | その他