政権3与党の党首全て女性(ノルウェー)

c0166264_20125217.jpgノルウェーの報道によると、1月14日(日)、ノルウェーの新政権がまとまった。9月11日の選挙以来、4カ月の長き月日をかけての結論だ。

保守党を中心に、進歩党(極右と呼ばれることが多い)、自由党(保守党同様19世紀に創設されたノルウェー最古の政党)の保守中道3党の連立となる。

しかし、依然として、少数与党のため、法制度の国会通過には、キリスト教民主党の賛成を得る必要がある。キリスト教民主党は、選挙前から、難民政策などを中心に「進歩党とは政策の違いが大きく、共闘はできない」と公言してきた。

というわけで、連立を組む3政党の党首は、たまたま全員女性となった。右上写真は、保守党ホームページから拝借した。左からシーヴ・イェンセン(進歩党党首)、エルナ・ソルベイグ(保守党党首)、トリーネ・シェイ・グランデ(自由党党首)。

ノルウェー語ENIGHETは「合意」。3政党が政策合意に達したという意味だろう。ロフォーテン諸島付近の油田採掘をめぐっては、保守党・進歩党側が、油田開発反対を掲げる自由党に大幅譲歩をしたとされている。

ついでに、首相、財務大臣、外務大臣の閣僚3大ポストも女性が占める。さらに、経団連にあたるNHOの会長も女性が就任している。主に政界分野とはいえ、国のかじ取りが女性の腕にかかっていることを見るのは、なんとも壮観だ。

とはいえ、ノルウェーの女性たちは、「まだまだ男女平等ではない、セクハラ蔓延を見よ」と闘いの手を休めてはいないようだ。

c0166264_1950656.jpg
▲昨年秋の選挙当日、記者会見に臨む保守中道4政党。左から保守党、進歩党、キリスト教民主党、自由党

c0166264_19451820.jpg
▲上と同じ記者会見の終了時。3党がまとまり、キリスト教民主党党首は別の方向へ

Norway's Liberals to join Conservative-led government
Norway confirms new minority coalition government after negotiations
ノルウェー労働党党首セクハラを語る
ノルウェー初の女性外務大臣
Why Norwegians Aren't Moving to the U.S.
[PR]
by bekokuma321 | 2018-01-16 20:24 | ノルウェー