投票率は77.6%(ノルウェー)

ノルウェーの国政選挙の投票率は77.6%だった。全426市が投票者数を数えたその合計だ。前回の2013年に比べて0.6%減少した。

かつてノルウェー人から「投票率80%以下では民主主義の危機だと考えており、国をあげて投票率を上げる努力をするのです」と聞いたことがある。

ノルウェーに来て以来、投票を促すさまざまな啓発キャンペーンを見聞きし、「世界一の民主主義の国はさすがだ」と感心した。それでも80%には届かなかった。

とはいえ、2012年も2014年も50%台だった日本の国政選挙(衆院)の投票率の低さを考えると、健闘しているといえる。

下は、オスロ市内での投票風景。

c0166264_5302120.jpg
オスロの病院で看護師をするマリア・ナルードはオスロに住んでいるが、住民票は他市にある。オスロ市のカールヨハン通りに設けられた事前投票所で事前投票をした。住民票と異なる市で投票したら、投票用紙は茶封筒に入れられて住民票のある市に当局から配達される

c0166264_5362687.jpg
▲オスロ市民でリサーチャーのクリスチン・ダーレンは、9月11日9時、オスロ市庁舎の投票所が開くと同時に投票をした。夫と子どもと一緒にやってきた。子どもは小学2年生。学校が投票所になっているので休日。「休みの夫は、子どもと一緒に家にいられるけれど、私は仕事がありこれから勤務先に向かいます」と。夫は、ノルウェー版ファイナンシャル・タイムズと言われるDNの政治記者。

c0166264_5422657.jpg
▲高校3年生のエッラ・フレドハイムは18歳。自宅近くのHøyenhall 小中学校で、生まれて初めて投票した。「スクール・エレクションでの投票と同じでなかったのでとまどい、係りの人に聞いたらわかりやすく教えてくれた」。係りの人が心配そうに彼女を見つめている。どの政党に投票するかは決まっていたので困らなかった。「スクール・エレクションの政党討論会が参考になりました。自分がどの政党を支援すべきかがよくわかりました」


【ノルウェー2017年選挙のルポ】
投票日の夜は政党のパーティ(ノルウェー)
国会議員選挙結果、女性41.4%(ノルウェー)
真夜中の国会記者会見(ノルウェー)
選挙の夜は寝ずの番(ノルウェー)
ミニ政党がカギを握る政権交代(ノルウェー)
高校生が全て担うスクール・エレクション(ノルウェー)
オスロの街並みに溶け込む選挙(ノルウェー)
1本のメールから国会議員に(ノルウェー)
石油の新採掘か漁業・環境保護か(ノルウェー)
決闘の場はトロムソ図書館(ノルウェー)
育休候補、大学生候補が国会議員になれる国(ノルウェー)
ペン、リップクリームにコンドーム、etc(ノルウェー)
スクール・エレクションは民主主義の学校(ノルウェー)
投票者にも候補者にも優しい選挙(ノルウェー)

【関連記事】
ハンディをハンディと感じさせない社会へ(岡田ふさ子)
高校生も立候補するカネのかからない選挙 (近江真理)
選挙制度しだいでは高校生が議員になれる(田口房雄)
民主主義度1位ノルウェー、23位日本
同じ18歳であってもーーノルウェーの選挙、日本の選挙(木村昭子)
世界一民主的な国
世界一民主主義の国はノルウェー、日本は22位
女性議員を増やすために ~ノルウェー選挙に学ぶ~
[PR]
by bekokuma321 | 2017-09-14 05:26 | ノルウェー