真夜中の国会記者会見(ノルウェー)

ノルウェーの国政選挙が終わった。主要政党の得票率と議席数は次の通り。

赤党2.4%(1)、左派社会党6%(11)、労働党27.4%(49)、中央党10.3%(18)、緑の党3.2%(1)、キリスト教民主党4.2%(8)、自由党4.3%(8)、保守党25.1%(45)、進歩党15,3(28)

特色は中央党の躍進と赤党の初議席だろうか。緑の党は予想ほど伸びなかった。

現政権は保守党と進歩党の連立で、自由党とキリスト教民主党が閣外協力をしている。この4党がそのままなら、89議席となり169議席の過半数となるため、メディアはいっせいに保守党党首アーナ・ソルベルグが首相を続投だろうと報道した。

しかし、キリスト教民主党の態度が決まったわけではない。進歩党とは組まないと何度も公約してきたからだ。もしもキリスト教民主党の8議席が赤リーグ(労働党と組む)に流れると、政権交代となる。

それを暗示するかのような光景が、夜中12時過ぎに始まった国会での党首討論会が終わった後、目にはいった。キリスト教民主党の党首は、保守中道の女性党首たちとは違う方向に歩いて行ったのだ(下の写真 2枚目)。

c0166264_1054594.jpg
▲真夜中12時20分から始まった国会議事堂での党首記者会見。左から赤党、緑の党、左派社会党、中央党、労働党、保守党、進歩党、キリスト教民主党、自由党。保守リーグに女性が多いが、ついこの前まで左派リーグの全政党党首が女性だった。

c0166264_10562810.jpg
▲保守党、進歩党、自由党の女性3党首に背を向けるキリスト教民主党党首

c0166264_11105636.jpg
 ▲真夜中1時過ぎのノルウェー国会。党首たちは選挙戦を終えてヘトヘトだろうが、こうして国会議事堂でいち早く結果を国民に知らせる。長い伝統だそうだが、その基本的姿勢に感銘を受ける
[PR]
by bekokuma321 | 2017-09-12 11:26 | ノルウェー