オスロの街並みに溶け込む選挙(ノルウェー)

ノルウェーの国政選挙は9月11日だ。投票日をひかえ、メディアスクール・エレクションだけでなく首都オスロの街並みは選挙、選挙、選挙。

投票率をあげるため、選挙の重要性を知らせるため、民主主義のため・・・涙ぐましい努力の跡をいくつか写真で紹介する。


c0166264_410883.jpg
▲「あなたの1票を使え」と数カ国語で書かれた政党の旗。大政党から小政党までさまざまなロゴがビルの間に揺れている。洗濯物を干しているかのようだ。

c0166264_413225.jpg
▲銀座のど真ん中ともいえる繁華街カールヨハン通りにドーンと設けられた事前投票所。

c0166264_4186100.jpg
 ▲人通りの多いバス停の横に設けられた事前投票所。

c0166264_4293350.jpg
▲国会議事堂の前に設けられた、NRKの仮設スタジオ(左の黒い建物)。隣も民間メディアのスタジオ。国会議事堂をバックに政党の政策討論会がここから毎日発信される。市民や支援者が仮設スタジオと議事堂の間の広場(手前)に集まって討論に参加する

c0166264_58423.jpg
▲地球温暖化反対の声を選挙に反映させようと集まったデモ。カールヨハン通りから国会議事堂に到着した参加者たち。環境団体の旗に加えて、緑の党、左派社会党、自由党、赤党の旗が見えた。報道によると25000人

c0166264_646615.jpg
▲地下鉄の出入り口に張られた労働党のポスター。党首ヨーナスが「すべての人とともに」と呼びかける

c0166264_6463149.jpg
▲地下鉄構内の広告塔に映し出される保守党のポスター。現首相の党首アーナが「首相はすべての人のために」と呼びかける

c0166264_14503663.jpg
▲地下鉄構内のポスター「選挙 私たちは投票します。あなたも投票を 9月11日」

c0166264_14545835.jpg
▲地下鉄車内の広告「9月10日、11日、オスロ市内のどこの投票所でも投票できます」

c0166264_1922184.jpg
▲スーパーで売っている人気のお菓子「期間限定商品 選挙ラバン2017  あなたはどちらに投票する? 」。赤ゼリーと青ゼリーとが別々の袋に入っている。赤は左派政権、青は右派政権を指す

【2017年9月10日更新】
[PR]
by bekokuma321 | 2017-09-05 04:34 | ノルウェー