ペン、リップクリームにコンドーム、etc(ノルウェー)

ノルウェーでは、有権者は1票を政党に投じる。だから有権者は、どの政党がどんな政策を持っているかを知らなければ話にならない。一方、自分の選挙区でさえどんな候補者が出ているかを知らない人も多い。比例代表制選挙ゆえだ。

では、いったいどうやってそれぞれの政党の政策を知るのだろう。

政党は大小さまざま20以上ある。20以上のなかで国会議員を出している政党は8つ。それに地方議会に存在感を表している赤党をあわせて、9つが主な政党だ(注)。

現在ノルウェーは、保守党中心の中道右派政権だ。ノルウェーでは右派政権を「ブルジョア陣営」、左派政権を「赤緑陣営」と呼ぶ。この呼称を初めて知ったとき、金持ち連中ととられるレッテルを政党に貼っていいのか、と違和感を覚えた。でも、政党が基本的にどちらを向いているかを知るには、わかりやすい表現ではある。実際の政治はそれほど単純ではないが。

ともかく、頻繁に行われる世論調査によると、2陣営の勢力は拮抗している。左派か右派かどちらか明快でないミニ政党次第で、どちらの陣営が政権をとるかが決まるという報道もある。

c0166264_1842956.jpg

先日、スクール・エレクションでの政党討論会を紹介した。生徒会が主催する全政党の討論会だ。招待に応じて高校にやってきたのは、主要9政党を含む11政党。みな選挙区ヘードマルク県の党員だ。

高校生たちは、校内で、政党代表のスピーチに耳を傾けた。

11人は、左から右まで、ほぼ政策左寄りか右寄りかに対応して、ズラリと横一線に並んだ。上の写真を見てほしい。各人の席の前には政党シンボルが張られている。ところが、どこを探しても人物名はない。

もっとも左は赤党、次に左派社会党、労働党、中央党・・・立っているのは地方議会で躍進した緑の党。右のほうにはブルジョア陣営が並んでいる。

また校内には、ほぼ全政党の選挙ブースが所せましと設けられていて、党員たちが選挙用パンフレットを配ったり、質問に答えたりしていた。こうした情報をもとに、帰宅後、親や兄弟姉妹と話題にすることになる。親が政党員の場合は、その政党になじんでいることが多いのは日本も同じだろう。

一方、日本では、政党青年部はまったく目立たない。ノルウェーでは、政党は、政党パンフレット(中央)、政党青年部パンフレット、選挙区政党パンフレット、と少なくとも3つの機関が、それぞれ独自の情報を流す。もちろん同一政党で基本的政策は同じだ。しかしまれに、政党の中央組織と政党青年部の間で、または政党の中央本部と同じ政党の選挙区組織で異なった結論になることもある。

その背景には、政党交付金の拠出方法が日本と異なっている点がある。ノルウェーの政党交付金は、政府から、政党中央、政党青年部、政党地方組織の3つの機関に、別々に独立して拠出される。政党青年部は政府から直接送金された予算で、独自に活動を行える。

たとえばエルブルム高校内では、筆記用具、キャンデー、リップクリーム、蛍光バンド(暗い道路で光る)などを、パンフレットとともに配布していた。面白いのは、労働党のコンドームだ(下の写真、下列中央の真四角の白いパッケージ)。若者の関心を呼ぶために知恵をしぼったのだろう。

c0166264_18452711.jpg


一般には、政党からのパンフレットより、テレビや新聞がメインだ。ほぼすべてのメディアは、「2017選挙」という特集を組み、主要政党9つに焦点をあてて、さまざまな角度から政党の政策を報道している。多くのメディアは、自分の意見はどの政党に近いかの参考にするための政策クイズを設けている。Valgomatと呼ばれる。

テレビ、新聞に加え、ネットがのしてきているのは世界共通だ。しかしラジオも健在だ。NRK(日本のNHKにあたる)のラジオで「政治の15分」というシリーズがあり、それが今は「選挙の15分」に様変わり。テレビでは異なった意見を持つ複数の政治家・専門家による討論が多いが、このラジオ番組は、アナウンサーが政党党首1人にその言い分をじっくり聞く。ラジオを聴く層である50代以上の中高年向けだろう。

先日からメディアの大きな話題は、移民・難民政策だ。移民・統合問題の大臣が厳しい発言をしてはメディアの見出しを独占している(最下写真)。知人は、「非正規労働者の労働条件の改善をもっと扱うべきだ」「小さな市を合併したことによる、地方の暮らしの不便さをもっと扱うべきだ」などと不満をもらしていた。

今朝のラジオは、中央党の党首だった。前回の選挙に比べ、確実に勢力を伸ばしている。彼の発言でメディアを引き付けた話題はやはり移民・難民への対応だった。今、ノルウェーは、EU加盟国であるヨーロッパ諸国から雇用を求めてやってくる移民と、シリアやアフガニスタンなどからの難民と、2つの問題をかかえている。後者に対する法は、国際条約だ。中央党は、国際法順守は当然だが現状とマッチしなくなっていて改正が必要だと強調。さらに、地方自治における民主主義をかかげる同党は、「言語や文化を習熟させる学校教育、独立できる就職などに対応するのは市だ。市の限度超えては、受け入れは困難だ」などと発言した。

c0166264_19111116.jpg


NRK Valgomat  
Aftenposten Valgomat 
Dagbladet Valgomat 
VG Valgomat 
NRK Valg2017
Aftenposten Valg2017


【注】2017年8月29日更新。2013年の選挙で、緑の党は国会に1議席を確保した。その結果、国会に議席を有する政党は8つとなった。赤党は左派社会党よりも左に属している党であり、国会に議席はない。しかし、地方議会にかなりの議席を持つ。
[PR]
by bekokuma321 | 2017-08-29 05:41 | ノルウェー