マクロン大統領 「国会議員選挙を比例代表制へ」

7月3日、フランス大統領エマニュエル・マクロンは、ベルサイユ宮殿で上下両院に対して初の演説をした。  

報道を読んで私が最も驚かされたのは、「国会議員を3分の1に減らす」と言ったことよりも、選挙を今の小選挙区制から「比例代表制」に変えると言ったことだ(注)。

「次回の国会議員選挙から比例代表制の服用を与える」との表現からすると、北欧型の純粋比例代表制ではなくドイツ型の比例代表併用制をとるのだろうか。次の選挙から、とはものすごいスピードだ。

マクロンは国会議員選挙最中から、比例代表制の推進を公言していたと報道されているが、中身は3日の演説でも明らかにされていない。ただ、「国民の代表をどう選ぶかは我国の未完の課題であるが、みなさんとともに断固としてやりぬきたい」と、強い覚悟を示した。

さらに3日の演説で、マクロンは、国会議員を減らす代わりに、市民の請願署名の権利を定めた法律を改正して、市民からの直接署名が国会の議題として審議されるようにするとも語った。

また、「社会的出身によって牢獄に縛られてるかのごとき頑迷固陋なフランスの不平等を終わらせる」。なんとも、しびれる表現だ。

彼の政治信条は「右でも左でもない」であるという。が、彼は北欧政治に影響を受けているとの文章を読んだことがある。初の大統領演説で比例代表制への移行を述べたことは、その一端を示唆しているようだ。

北欧諸国は国会も地方議会も比例代表制だ。ノルウェーでは19世紀から20世紀初めに、小選挙区制選挙から比例代表制に変わった。民意を反映してない小選挙区制的投票をボイコットした一地方の反乱から始まり、国の制度も変わった。

比例代表制は、女性や少数派の意思が票に反映されるフェアな選挙制度とされている。

c0166264_12394272.jpg
▲パリのセーヌ川から見たフランス国会議事堂となっているブルボン宮殿。マクロンは慣行を破ってここではなくべルサイユ宮殿で演説した。

Emmanuel Macron vows to transform France in Versailles speech
Macron seeks to cut number of France MPs by a third
マクロン勢力躍進で仏国会の女性38%
フランスは選挙もセクシー
フランスの政党交付金は男女平等化資金に
男女ペア候補がつくるフランスの男女平等議会
フランス議会は男女半々(パリテ)へ-イヴェット・ルーディさんに聞く-
選挙制度は政治を根本から変えた(ニュージーランド)
豊田真由子議員の暴言暴行と選挙制度


【注】フランスの選挙は1区1人選出の小選挙区制。しかし、第1回目の投票での上位候補者による決戦投票がある。つまり、有効得票の50%超で、かつ登録有権者の25%以上の得票を得た候補がいないときは、登録有権者の12.5%以上とった候補者たちによる再投票となる。小選挙区2回投票制(Two-round system)。
[PR]
by bekokuma321 | 2017-07-04 13:15 | ヨーロッパ