大衡村のセクハラ、公務災害に

c0166264_20480636.jpg朗報! 

セクハラの被害を受けて休職していた女性に「公務災害」が認められたのだ。

女性が働いていたのは、トヨタ東日本株式会社のある宮城県大衡村。女性職員は、村長から性的関係を求められたり、大量の嫌がらせメールが送られたりして、心身に不調をきたした。働き続けられなくなってしまった彼女は、
201412月から休暇に。


2016118日付け河北新報は、公務災害の認定をこう報じている。やや旧聞に属するが、働く女性にとって重要なニュースなので紹介したい。

「宮城県大衡村の跡部昌洋前村長(67)50代の村職員の女性にセクハラなどをしたとされる問題で、女性が精神疾患によって休職したのは前村長の行為が原因として、地方公務員災害補償基金宮城県支部が公務災害と認定していたことが、7日分かった」


女性職員には、村の一般会計補正予算から休職期間の数百万円の給料を支払われるという。


これとは別に、女性職員は、跡部昌洋前村長に対して、慰謝料など1000万円の損害賠償を請求する裁判を起こした。こちらは仙台地裁で係争中だ。書面によるやりとりが延々と続いていて、法廷での公開はなされていない。次回は26日(月)だ。


さて、跡部昌洋前村長。彼は、祖父も父も村長の3代続いた“お殿様”。昔、殿様は誰にいつ何をしてもよかった。強姦しても、「お手つき」でおしまい。だけど、21世紀はそうはいかない。さすがに跡部村長は辞職した。

議員時代、村長のセクハラ問題をとりあげて村長に真っ向から抗議した赤間しづ江さんは、「大衡村を変えなくては」と義憤にかられて、村長選に立候補した。村長選は与野党の一騎打ちとなり、赤間さんは惜敗。初の女性村長はならなかった。


この村長選と同日に村議会議員選挙もあった。村の人に言わせると、「村長選で、もしも赤間が村長になったら大変だ、とばかり、村長のお仲間の男性候補者が村議選告示4日前に立候補しました(議会に反赤間勢力を増やすため:編集部注)。彼は当選しましたよ。裏でどれだけおカネが動いたことかと」

日本の首長や議員は、働く職員にとっては、何ランクも地位が上にいる人たちだ。その権力者が、そばで働く女性職員に「これくらいのこと、どうってことないだろう」と性的に言い寄ったり、触ったり、誘ったり……。女性職員は、たとえ反吐が出るほど不快であっても、ただちに拒否はしづらい。それをいいことに行為はさらにエスカレートする。しだいに体が硬直して通勤できなくなる。食欲不振、睡眠障害、動悸。精神に異常をきたしてしまうことさえある。セクハラは、女性の労働権を奪う、とんでもない違法行為なのである。

赤間しづ江前議員はセクハラ村長を訴えた原告女性について、こう語る。

「長い長い闘いが法廷で続いています。でも、公務災害と認定されたことが大きな励みになって、がんばっているようです。負けないと思いますよ」


【写真】右から、赤間しづ江(前大衡村議会議員、岩佐孝子(山元町議会議員)、三井マリ子(筆者)。2016年夏、仙台市にて


女の出番
セクハラ村長事件から秋田の事件を考える
セクハラ村長退陣後の村長選に女性立候補
Miyagi mayor sued for sexual harassment dissolves village assembly








[PR]
by bekokuma321 | 2017-02-03 21:35 | その他