ノルウェーの「ベスト清掃員賞」

c0166264_17343676.jpg12月6日、ノルウェーで「ベスト清掃員賞」という珍しい賞の授与式が行われた。

ノーベル平和賞とは違って知る人はほとんどいないと思われるので、かいつまんで紹介する。

2016年のベスト清掃員賞は、メルフス市のシッセル・シァイ(写真中央)に授与された。市議会場で表彰された彼女は「感動で涙を流した」と報道されている。

授与者は、組合員35万人を擁する公務員労働組合(Fagforbundet)。ノルウェー連合LOの傘下にある。その公務員労働組合が、清掃労働組合員3万人によびかけ、今年は、全国から推薦された候補者80人のなかから厳選された。

シッセル・シァイの受賞理由を要訳する。

彼女は、1990年から清掃業務を始め、2000年からトロンデラ―グというノルウェー中部地域にあるメルフス市の公務員となった。今では、60人の清掃員をまとめて、メルフス市の清掃業務をけん引するスーパー清掃員だ。

彼女は、業務を的確に遂行しているだけでなく、同僚への連帯意識が高く、見習いのひとたちの訓練・教育にも卓越しており、プロの仕事としての清掃業務に対して愛情と関心を寄せていて、それが職場環境を向上させ、市全体に貢献している、と高い評価を受けた。

c0166264_23492224.jpgこの賞は、誰がどんな趣旨でいつから始めたか不明だが、多くの清掃業者の激励になっていることは確かだ。清掃業務は、圧倒的に女性が多く、移民が就きやすい職種である。他の職種に比べて平均年収が低いため、労働組合Fagforbundetは、長年、「同一価値労働同一賃金」を掲げて闘ってきている。

清掃をしてくれる人がいるから、清潔で気分のいい環境で働ける。いい環境は仕事の効率をあげる。でも、つい掃除をしてくれる人の存在を忘れてしまいがちだ。そんなひとりである私も、このニュースにガツンときた。

おめでとう! シッセル・シァイ!

Glad og overrasket årets renholder
Fagforbundet

【写真上:Fagforbundetの記事より。 下:2016年の清掃員賞候補者募集のパンフレットより】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-12-10 17:51 | ノルウェー