精神病院廃絶は患者とその家族をともに解放する

c0166264_15175532.jpg

「『精神病院がなくなったら、私たちのほうが狂ってしまう』と、私に言った女性がいました」

こう言うのは、マリア・グラツィア・ジャンニケッダだ。

マリア・グラツィア・ジャンニケッダは、イタリア精神保健改革運動の生き証人。精神科医フランコ・バザーリア(1924-1980)が働いていたトリエステで、精神病院廃絶運動の渦中にいた一人である。昨年までサッサリ―大学社会学教授で、フェミニスト。先日、彼女の来日講演があった。

イタリアで、精神病院廃絶が始まったころ、「精神病院が閉鎖されます。○月○日、あなたの娘さんを迎えにきてください」というような手紙が当局から家族たちに届いた。多くの家族は、精神病院から自宅に戻されると知って驚き、精神病院閉鎖に猛反対をした。

マリア・グラツィア・ジャンニケッダは、そうした家族たちの集会に呼ばれた。そのとき、冒頭の発言が彼女に向かって投げつけられた。

女性解放を唱えてきたフェミニスト・ジャンニケッダにとって、精神病院廃止によって、母親、娘、妹、などが家族介護に縛られることは、あってはならないことだった。

「家族が家で世話をするのではなく、あちこちに地域精神保健センターをつくって、そこが責任をもって世話をする。この精神保健改革は、患者だけの解放ではありません。患者と患者の家族をともに解放するのです」と訴えた。

このとき、ジャンニケッダに強い反発をした、この女性は、その後、家族会運動にまい進していき、多くの家族をこの運動に引き込むリーダー的存在となっているという。引き込まれた女性の一人が、2010年来日したジゼッラ・トリンカスだ、とジャンニケッダは言った。トリンカスは、イタリア家族会連合会長、サルデーニャで精神障がい者のグループホーム経営に頑張っている。

c0166264_15194487.jpg

上のエピソードは、9月22日、東京大学駒場キャンパス講演会(イタリア語、日本語通訳付き)で披露された。ただ、裏方の仕事があった私はメモをとれていない。他の内容は後日、共催団体から広報される正確な報告を待ちたい。

さて、9月28日(水)、同大学石原孝二研究室で、マリア・グラツィア・ジャンニケッダの英語講演があった。簡単に報告する。

こちらのテーマは、イタリアの司法精神病院についてだった。日本では精神病院廃絶すら達成していないので、司法精神病院廃絶ははるかかなたの話だと思いながら聞いた。

イタリアの司法精神病院はOPGと略される。2011年から「なくせOPG」(STOPOPG)と呼ばれる市民運動の連合体ができ、廃絶に向けてネットワークを組んでいる。

c0166264_15574279.jpgイタリアでは長年の精神保健改革によって、1960年代末から精神病院の10万ベッドが少しずつ減らされ、1978年バザーリア法によって精神病院廃絶が強化された。このあたりは「大熊一夫著『精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本』(岩波書店)をみなさんが読んでいることを前提にします」と、ジャンケッダより発言があった。

精神病院がなくなったイタリアだが、刑法によって規定される司法精神病院OPGは残っている。法務省の管轄だ。6つ司法精神病院があり、そこの何千ものベッドは、常に満員状態(前著『精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本』p165~p175に詳しい)。

2006年から、EU加盟国以外からやってくる移民、難民の増加とともにOPGに入れられる人の数は増えてきた。「犯罪は、極貧状態、近くに頼れる仲間がいない、社会からつまはじきにされる、などによって引き起こされるのだから、当然でしょう」とジャンケッダは言った。

OPGは一部改革されたり、現存するOPGが閉鎖されたり・・・それに代わるレムズREMSと呼ばれる「安全策をほどこす住居施設」に移っている。とはいえ、法的根拠となる刑法の改正はない。つまり、世話と保護監督されなければならないと専門家によって認定された人は拘束される、とされている。ジャンニケッダは、REMSの快適そうな門構えと、その中で見た牢獄のような高いフェンスを見せた。

現在、司法精神病院6つのうち、3つが実態としてなくなった。最新統計では、司法精神病院に入院している人は269人。REMSには573人である。

新しく生まれたREMSは、司法精神病院と本当に違うのか。司法精神病院が減って、本当に拘留が減ったのか。もし拘留をしないとすると、精神を病む人で罪を犯した人はどう対処されるべきなのか――今、イタリアでは活発な議論がある。

この議論の根底を知るには、1978年のバザーリア法にもとづいた、イタリア精神保健改革に立ち戻る必要がある。と、ジャンニケッダは、そもそものバザーリア法をまとめた。

c0166264_15231978.jpg

イタリアの精神保健改革の第一は、精神病院の新設を禁じたこと。第二は、患者(と呼ばず「客」と呼ぶ)を地域精神保健センターで、支援しケアをするとしたこと。第三は、一般病院に最大15ベッドの精神科サービスステーションが新設されたこと。第四は、強制保健治療Involuntary Health Treatmentというものが生まれたこと。

この第四の強制保健治療は、他の病気と同様に法に規定されている。すなわち、治療は「人間としての尊厳、市民的、政治的権利を尊重して」「強制的保健治療をほどこされる人の同意と参加が確実とされたうえで」行われる。

強制保健治療は、公務員である精神科医を含む2人の医師によって要請される。命令を下すのは市長または市長代理である。さらに判事による認可が必要とされる。

強制保健治療は、利益優先をさけるため、私立の精神科で行うことは許されていない。公立一般病院の精神科サービスステーション、または地域精神保健センターでなされる。

しかも、強制保健治療は長くて7日間と決められている。延期される場合は、最初と同じように市長や判事による手続きを経なければならない。

「大事なことは、強制保健治療は、患者が社会に危険だから施すのではなく、患者が特別な支援(緊急対応:投薬管理、個室監督など)を必要としているから施される、ということなのです」

「精神科医には、その患者が危険であるかいなかを診断する義務はもうないのです」

イタリアの精神病院廃絶は、精神病を患う人たちを、自由と権利が付与された人間に復権し、法的位置に絶大な変化をもたらした。変わったのは患者だけではなく、患者の家族も変わった。さらに、精神科医の法的規定が変わった――バザーリアの娘と称されるマリア・グラツィア・ジャンニケッダは、こう結んだ。

最後に、FEM-NEWSとしてつけ加えたいのは、バザーリアの妻フランカ・ウンガロについてだ。彼女もフェミニストだ。カリスマ医師バザーリアゆえ、妻の業績は見えにくいが、彼女は作家であり、バザーリアの著作のほとんどすべてが妻との共著である。

また、夫の亡き後、フランカ・ウンガロは、国会議員に当選して、180号法(バザリア法とも呼ばれる)に対するバックラッシュ勢力と闘いつつ、精神病院を出た人たちをケアする地域精神保健センターをつくりあげる運動や、家族会運動の発展に寄与した。この妻と、マリア・グラツィア・ジャンニケッダは、制定されたバザーリア法がちゃんと施行されるよう運動を続けてきた(法ができることと、法が施行されることは別)。現在、マリア・グラツィア・ジャンニケッダは、「フランコ&フランカ・バザーリア財団」理事長。

【写真上:2016年9月22日、東大駒場キャンパスのホールにて。中央がマリア・グラツィア・ジャンニケッダ】
【写真中1:2016年9月22日、東大駒場キャンパスのホールにて。バックの写真がイタリアから精神病院をなくしたフランコ・バザーリア】
【写真中2:なくせ司法精神病院STOPOPG 運動のシンボルマーク】
【写真下:2016年9月28日、東大駒場キャンパスの18号館にて。左がマリア・グラツィア・ジャンニケッダ。「日本の精神病院における"任意入院"と、"措置入院"は想像できますが、"医療保護入院"というのは何ですか。想像できません」と強い語調で質問している】

映画 むかしMattoの町があった:全国各地にて自主上映会展開中!
[PR]
by bekokuma321 | 2016-09-29 15:40 | ヨーロッパ