ラダ・ボリッチ「クロアチアの女性運動」を語る

「日本もクロアチアも民主主義の国ではありません。男女平等なしに民主主義はありえないのです」

刺激的で無駄のない言葉がよどみなく続く。そこには、彼女の長い苦闘があった。正真正銘の闘士、いや闘女だ。

その名は、ラダ・ボリッチRada Boric。「クロアチア女性ネットワーク」で女性議員を増やす活動を続けるフェミニストだ。

8月16日、東京で、ラダ・ボリッチによる「ワークショップ:女性が指導者となるためのトレーニング」と、「講演:女性議員増を阻む差別とその克服法」の2部仕立て集会があった。以下は、数時間におよんだラダの発言を聞いた私なりの速報である。

c0166264_11343594.jpg

クロアチアは、社会主義国ユーゴスラビアから、紛争に次ぐ紛争を経て独立をした。戦後、軍が帰還し、女性は家庭で子どもやお年寄りの世話をする専業主婦であれという価値が支配的になった。主たる宗教カトリックは、それに拍車をかけた。

女性はわきへと押しやられ、女性の雇用は脅かされた。経済的自立をもぎとられた女性は、当然“脆弱な存在”となった。

こうした女性へのバックラッシュ(反動)は、女性に対する暴力の増大を引き起こした。加えて、戦争を体験した男性たちは、その暴力の様相を一変させた。たとえば、ある帰還兵は、妻を風呂場に閉じ込めて、扉の外に銃や弾丸を置いた。

女性の専業主婦化と同時に女性の雇用の場は非正規化されていく。それにともなって、職場でセクシャルハラスメントなど性暴力を受けても、首にされる恐れから被害を表に出そうとしなくなった。

旧ユーゴスラビア時代、女性たちは、周囲の国々の人たちと、それなりに友好的だった。しかし、戦争は、クロアチア人、セルビア人、コソボ人、ボスニア・ヘルチェゴビナ人など民族や宗教の違いで人々を分断。女性もそれによって分断された。

しかし、ラダたちは、戦時下において、性的虐待や強姦を受けたおびただしい数の女性たちを救うために立ち上がった。民族や宗教を超えてのミッションだった。

国粋主義的空気のなか、「非国民」のレッテルをはられるいやがらせをうけた。が、ものともせずに、女性の戦争犠牲者たちを救援するセンターを立ち上げて、支援を続けた。しかも、ただ支援するだけではなかった。サバイバーたちにリーダーになってもらうための教育訓練も同時に行った。難民キャンプから第二、第三のラダが誕生していった。8月16日の第1部には、その経験が含まれているように思われた。

現在、ラダは、「クロアチア女性学センター」の代表である。さらに、前述した「クロアチア女性ネットワーク」を組織化し、女性政策を法制度化してゆくこと、そのために女性議員を増やしていくことに力を注ぐ。

女性議員が増えることによってはじめて、わきに押しやられた女性たちの声なき声が外に出され、女性のかかえる問題が政策の優先課題になっていく。男性議員にありがちな上からの支配的パワーによる政治ではなく、包括的なパワーを持つ政治(丸い形のパワー)が、女性議員の強みである、と強調した。c0166264_1218531.jpgだから「クロアチア女性ネットワーク」のロゴは「51%」だ。クロアチア女性は人口の51%を占めるのだから、女性を議会に51%に増やそうというのだ。よく見たら、%の記号にはメスマークがついているではないか。その小さな工夫に大いなる意志がこめられていて、胸がジーンと熱くなった。

また、行政用語をできるだけ排して、アーテステックな小道具をつくることも身上だという。これをラダは、アーティヴィズムと呼んでいる(art+activism=artivism)。

c0166264_12213290.jpgEUの「ヨーロッパ女性ロビー」(注)のアドバイザーだった経験から、EUレベルの女性議員増運動と歩調をあわせつつ、メディアが好むような映像効果のあるパフォーマンスに力を入れる。

なかでもパワーポイントで見せた、妊娠中絶合法化運動は圧巻だった。鮮血とハンガー(闇中絶のシンボル)のシーツを広げて、女性たちは、女性の体を女性自身にとりもどそうと訴えた。ほかならぬ国会議事堂前でやってのけた。危険をおかしてのパフォーマンスに並々ならぬ信念があらわれている。

時間不足から、政党を民主主義にする具体策は短かかった。クロアチアは多くのヨーロッパ諸国同様に比例代表制選挙であり、候補者リストの女性候補を当選可能な上のほうに載せる党内闘争は、北欧とほぼ同じだった。ラダの口から何回か「ノルウェーでは・・・」と出て、ノルウェーファンにはうれしかった。

「死ぬまでフェミニストとして戦うしかない」というラダの心意気がつまった、ワークショップと講演だった。主催は、女政のえん&全国フェミニスト議員連盟。

【写真下のみ、市原ひろこ狛江市議提供】

【注:ラダの女性議員増運動の土台には、EUの「ヨーロッパ女性ロビーEuropean Women’s Lobby」という組織がある。これについては、『ママは大臣パパ育児ーーヨーロッパをゆさぶる男女平等の政治』(明石書店)第1章「EUは女性政策の宝庫」の第1便 民主主義の赤字をなくせ!(p12~37)を参照のこと】

Centar za žene žrtve rata
Centar za žene žrtve rata (English:Zagreb center for women war victims) 
zenska mreza.hr(Women’s Network Croatia)
Centar za ženske studije Zagreb(Center for Women's Studies, Zagreb)
one billion rising
[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-19 12:31 | ヨーロッパ