ノルウェーのブルキニ論争

c0166264_2251457.jpgノルウェーからの報道によると、ノルウェーのトロムスにある小学校フィンスネス・バーナスクーラでは、この夏休み明けから、女子がブルキニ(BURQINI)を水泳の時間に着てもいいことになった。

ブルキニとは、顔と手を足を除いて全身をすっぽり被う女性用の水着のことだ。ブルカとビキニをあわせた造語と思われる。

フィンスネス・バーナスクーラの校長エスペン・ヘイ先生は、こう発表した。

「娘たちに、ブルキニを着せたいと考えている親がいて、親たちが自身のお金でブルキニを買って着せても、かまいません。でも、他の生徒たちと一緒に水泳のクラスに参加しなければなりません」

c0166264_11102865.jpgノルウェーにはイスラム系移民が多い。私の記憶によると、水泳は必須科目なので、イスラム系の少女たちが水泳の時間を欠席することは、ずっと問題となっていた。

今回の報道によると、フィンスネス小学校の決断は、学校と家庭の話し合いによってもたらされた。6月には、話し合いに難民サービス代表と通訳も加わった。

報道には、ブルキニを着てプールのそばに座る少女の写真が掲載されている。そういえば、オリンピックなど世界的水泳大会には、イスラム系の女性は見ないような気がする。そのうち、ノルウェー出身のイスラム系女性スイマーが誕生するのではないだろうか。今回の小学校校長先生の柔軟性は、多文化共生社会に必要だと思う。

とはいうものの、ブルカは、そもそも女性は肌を他人に見せてはならないとするイスラーム女性抑圧の象徴でもある。男子には全く問題にならない女子のブルキニについては反論も多い。

Barneskole i Troms håper dette plagget vil gjøre at elevene deltar i svømmeundervisningen
ファティマ・メルニーシー亡くなる
イスラム教女性のブルカ禁止
ノルウェー警察官組合、ヒジャブに猛反発
イラク女性、ノルウェー式ヒジャブの商品化

【写真上:Webのフリー画像より。下:ノルウェーの夏祭りで、お手製のお菓子を売るベールの女性。実際、目元以外すべてすっぽりと覆われているので、男女の区別もつきにくい】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-14 22:53 | ノルウェー