イギリス次期首相への侮蔑発言

c0166264_2132998.pngキャメロンのあとのイギリス首相は誰か。最終候補に残ったのは女性2人だった。エネルギー担当相のアンドレア・レッドサムと内相のテリーザ・メイ。どちらも50代の働き盛り。

国のトップの座をめぐって男性同士の争いは当たり前だが、アメリカ大統領選のおかげで男女の論争もやっと珍しくなくなった。しかし女性同士は、まれだ。EU、国防、難民、福祉、雇用・・・に、女性2人はどんな政策の違いを出すのか。楽しみにしていた。

ところが、最終候補の1人アンドレア・レッドサムエネルギー担当相がアッと言う間に降りてしまった。そのため、何の論戦もなく、もう1人のテリーザ・メイ内相が首相に決まった。

なぜアンドレア・レッドサムが首相候補を降りたか。メディアによると、「タイムズ」に掲載された彼女のインタビュー発言、「母親である私のほうが、いい首相になる」が原因らしい。

アンドレア・レッドサムは、3人の子どもの母親だ。しかし一方のテリーザ・メイ夫妻には子どもがいない。子どものいない家庭への侮辱であるとの猛烈な批判が起こった。テリーザ・メイの支援者は、「この発言で、間違いなく、彼女が一国の指導者にふさわしくないと示された」。彼女の盟友の国会議員まで「この発言には失望し、愕然とした」。

男性の場合、子どもがいないことで資質を問われたりしないが、女性は、結婚していないと何か言われ、子どもがいないと何か言われる。この女性に対するレッテルはりは、古今東西変わりなさそうだ。

アンドレア・レッドサムは、ただちに謝罪したらしい。が、覆水盆に返らず。そさくさと戦列から離脱した。

日本では、とてもこうはいかないだろう。公人の女性蔑視・侮蔑発言を真剣にとりあげてこなかったメディアにも責任がある。たとえば、次の2人は、公に謝罪もせず、辞職もしなかった、と記憶している。

「 “文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものは「ババア」”なんだそうだ。“女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です”って」(石原慎太郎都知事)

「産む機械っちゃあなんだけど、装置がもう数が決まっちゃったと。……別に、この産む役目の人が一人頭で頑張ってもらうしかないんですよね」(柳沢伯夫大臣)

日本のメディアには、この参院選中、「改憲隠し」という見出しが躍った。私に言わせると、日本のメディアは年から年中、「女性差別隠し」をしている。

イギリス、同一価値労働同一賃金へ
Andrea Leadsom apologises to Theresa May for motherhood remarks
Leadsom attacks 'gutter journalism' in row over motherhood quotes
Parliament and Women(イギリス国会における女性のサイト)






【追記】
公人による女性蔑視、母役割強制発言を追加。

「日本人女性は家庭で働くことを喜びとしているし、文化となっている」(中山義活経産政務官)
http://ameblo.jp/anti-backlash/

「この結婚を機にママさんたちが『一緒に子どもを産みたい』という形で国家に貢献してくれればいいなと思う。たくさん産んでください」(菅義偉官房長官)
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-12 21:11 | ヨーロッパ