米最悪の襲撃事件、ゲイ社会をターゲットに

c0166264_94480.jpg6月12日午前2時ごろ、米フロリダ州のオーランドにある同性愛者のナイトクラブ「パルス」で、男が銃を乱射。50人が死亡、53人が重傷を負った。

オバマ大統領は、テレビで「テロであり、ヘイト・クライム(憎悪犯罪)だ」と沈痛な面持ちで語った。彼はかねてから銃規制の法制化に取り組んできたが、全米ライフル協会の政治力や、銃所持・携帯の自由を唱える反対派にあって前に進めないでいる。

オーランド市のパティ・シーハン市議会議員は、こみ上げる涙と憤りを抑えながら、記者団に語った。

「アメリカ最悪の銃殺事件が、ゲイ社会をターゲットにして起きた。心がつぶれるようです」

「私たちは、言いたい。私たちは、愛し合う人間であり、逆境にめげない人間です。私たちは、この流血の惨事を目の前にして、人間として最良の部分を見せます。私たちは、よりよいコミュニティであり、よりよいアメリカ人であることを見せます」

彼女は、同性愛であることをオープンにして、ゲイ社会の権利擁護と環境改善に発言し続けるスポークス・パーソンである。

パティ・シーハン市議会議員のような政治家を選出してきたオーランド市民に敬意を示しつつ、今後彼女を待ち受ける途方もなく困難な闘いに、心から連帯の気持を送りたい。

Florida nightclub shooting: 50 killed and 53 injured in 'act of terror' – latest updates
ILGA-Europe
ユーロプライド2014
ストックホルムに、第3の更衣室
国際ホロコースト・デーに思う女性強制収容所
世界初の同性婚から10年
保育園の教材に同性愛登場
ノルウェー新婚姻法 追記
ノルウェーで同性同士の婚姻が合法に
黒人射殺事件不起訴から秋田の事件を考える
日本:いじめに遭うLGBTの子どもたち 保護されず

【写真:オーランド市ホームページより】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-13 09:10 | USA