衆院補欠選挙の結果

c0166264_2512817.jpg衆院補選が4月24日投開票され、北海道5区では池田真紀候補の当選はならなかった。

池田候補は、福祉の仕事と子育てをしながら、独学と通信教育で「大検」を取得し、北大大学院修了。「社会福祉士」「精神保健福祉士」などたくさんの資格をとった頑張り屋さん。何より評価したいのは、幼いころの父親のDVを公にした強さである。

彼女のような経験の持ち主が議員になって国会で発言してくれたら、女性政策の重要性がよく見えてくると、期待していた。

北海道の私の友人たちは、早朝から夜までビラ配りやスタンディング、電話かけなどの選挙運動を手伝っていた。無所属なので、選隊車は1台しか出せないなど選挙活動制限が多いなか、シンボルカラーのピンクのウインドブレイカーを着て、「選挙に行こう」と叫び続けたらしい。老若男女、無数の勝手連が動いたものの結果は惜敗。残念だ。

京都は、予想通り民進党公認で前職の泉健太氏が、おおさか維新の新顔らを引き離して当選した。自民党は、妻の妊娠中に別女性との「不適切行為」がばれて辞職した宮崎謙介議員の後ゆえ候補を出せなかった。

投票率は北海道5 区57.63%、京都3区30.12%。参院選の前哨戦と注目されたわりには、投票率はあがらなかった。なかでも京都3区は、3人に1人しか投票していない。衆院補選での戦後最低記録を更新したという。勝者が決まっている選挙は、どうしても投票に行こうという熱がさめる。今回は補選だが、小選挙区制になってから投票率の低下が目立つのも、ここに原因があるに違いない。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-04-25 02:52 | その他