3月8日は国際女性デ―

c0166264_21551152.jpg


「今年も新しいカードをつくりました。
メッセージを添えて、友人、知人に 
女たちよ! あなたの主張をアピールしてください。
――ふじみつこ

今日、Mitsuartの国際女性デ―・カードが郵便受けに届いた。
国際女性デ―は3月8日。今年は来週の火曜日だ。

3月8日は、世界中で、女性であることをともに祝い、
女性を抑圧するすべてのことにともに怒る日だ。
3月8日を含む週は、国際女性ウィーク。

日本で、3月8日は、2011年から新たな意味が加わった。
3.11の東日本大震災によって愛する人を家を故郷を奪われた人たちと
原発・核のない日本のための闘いを誓う、週になった

国際女性デ―の歴史は、女性の闘う歴史。
世界のサイトからふりかえってみると―――。

1910年、コペンハーゲンで第2回働く女性の国際会議が開かれた。17カ国から100人の女たちが集まった。そこでドイツ社会民主党女性局代表クララ・ゼトキンが、「世界の女たちよ、同じ日にいっせいに女性の権利を要求しよう」という女性デーを提案。

1911年、3月19日、世界で初めて国際女性デーが、オーストリア、デンマーク、ドイツ、スイスで行われた。女性の労働権、女性参政権、政治参加、性差別撤廃を求めて100万人以上が集まった。この1週間後、3月25日、ニューヨークで火災が発生。140人の働く女性が犠牲に。この事件をきっかけに女性労働者の働く環境の改善が大きなテーマとなった。

1917年2月末のロシア。100万人を超す犠牲者を出した戦争に反対して、女性たちがストを決行。官憲に阻止されつつも、ストは続いた。4日後、皇帝の退位、女性参政権の認可につながった。スト終結の2月28日(当時のロシア暦で)は、グレゴリー歴にすると3月8日にあたった。

1975年、世界中の国際女性デーのイベントに連帯して、国連も会議を開くようになり、国連主催の国際女性デーがスタート。世界中で、3月8日、女性団体や政府によって大イベントが開催され、女性の権利獲得を祝い、女性の未来を話し合う日として定着していった。民間の、しかも社会主義国から始った女たちのイニシアティブが、国連や西側政府を動かすことになった。

1980年代、アイスランドでは、女性党の力によって女性大統領が誕生した。女性大統領は、3月8日の女性デーになると、女性たちに連帯して執務をやめた、という。ノルウェーでは、毎年、この日に新しい女性政策が披露される。中国、アルメニア、ロシア、マケドニアなどでは、この日は国民の休日。働く女たちに感謝する日となっている。

そして、わが日本。

2010年、国際女性デ―100年を記念して麻鳥澄江さんがパレードを企画。
小雨の渋谷を練り歩きながら「セクハラやめろ、暴力やめろ・・・」

2012年、四国は徳島「3.8国際女性デ―徳島県集会」にて、
「3.11以来、非常時なのだからと女性の人権を後回しにされてきた」
「避難所で、仮設住宅で、女たちの声をないがしろにするな」

2015年、女たちが渋谷ハチ公前に集まって
女性議員を増やそう!とフラッシュ・モブのパフォーマンスをした。
今年の1枚(上)は、その一瞬をメスマークとピースマークが囲む。

2016年、女たちの働き、暮らす環境は憤激ものだが
わたしは闘う気概を捨ててはいない、あなたとともに。
おめでとう! 国際女性デ―!

女たちよ!女の連帯で平和を

c0166264_2303351.jpg
     ▲2010年国際女性デ―@渋谷。子どもや女たちへ暴力をなくそう、とアピール
[PR]
by bekokuma321 | 2016-03-04 22:49 | その他