徳島県女性ゼロ議会減に貢献した藍住町議選

2月14日、徳島県藍住町議選があり、女性が1人当選し、女性ゼロ議会から脱した。投票率は41.39%。過去最低だった。

徳島県で女性議員増にとりくんでいる諏訪公子さんによると、14日前まで、徳島県内の市区町村議会の女性議員は全体のわずか9.5%。女性ゼロ議会は、三好市、佐那河内村、北島町、板野町、藍住町の5自治体だった。今回、藍住町議会選に、西岡恵子さんが当選したことによって、徳島県の女性ゼロ議会が1つ減って4つになった。

議席は立候補しなければ得られないが、25歳以上なら男女にかかわらず誰でも立候補できる。人口は男女半々なのだから、候補者の半分は女性のはずだろう。しかし、日本で女性が立候補することは、きわめて困難だ。女性候補の少なさが、はっきりと証明する。藍住町も、19人立候補したが、女性は西岡さんただ1人だった。

見えない女性蔑視、「女はひっこんでろ」的慣習、「女の私にはできない」的自己規制・・・。

今回当選した西岡恵子さんの場合は、立候補のハードルはさらに高かった。

もともと西岡さんは町民によって選ばれた議員だった。ところが、ある日、差出人名も、差出日付けもない一通の手紙が、彼女の議員人生を狂わせることになった。町に住んでいる実態がないようだという噂が書かれていた。それがきっかけになって、被選挙権がないとされて、議席を剥奪されてしまったのだ。

西岡さんは、処分の取り消しを求めて提訴。今も、法廷で闘っている。そんな逆境の中、迎えた選挙。西岡さんは再び挑戦した。そして、彼女を支持する町民の応援で313票を獲得して当選を果たした。

この313票を投じた藍住町の有権者、ただものではないぞ。

c0166264_91392.jpg
▲国際女性デー徳島。女性の地位向上、女性議員増、DV根絶を訴える。写真提供:連合徳島女性委員会 板東喜代子】


女性ゼロ議会、5議会にひとつ
まるで魔女狩り――徳島県藍住町の紅一点議員追放事件
I love aizumi.com
★輝くひと★ 徳島県女性協議会会長 諏訪公子さん
ストップDV・サポートの会
[PR]
by bekokuma321 | 2016-02-15 12:13 | その他