女性性器切除被害者は2億人

c0166264_12235893.jpg女性性器切除の被害者は、少なく見積もって2億人である。これまでの統計より7000万人多い。このままだと、15歳から19歳までの少女1500万人がさらなる被害者となる。

「女性性器切除を許さない日」の2月6日に向けて、国連機関によって公表された。ガーディアン紙などの報道によると、この衝撃的数字は、インドネシアの最新データが加わったためだという。

女性性器切除は、FGM(Female Genital Mutilation)の和訳だ。日本の女性運動団体「FGM廃絶を支援する女たちの会」によれば、女性外性器の一部あるいは全部の切除、時には切除してから外性器を縫合してしまう慣習のこと。

アフリカを中心に様々な民族の伝統的な女児の通過儀礼として、2000年以上も続いていると言われている。具体的には、次のようなもの(「FGM廃絶を支援する女たちの会」より)。

タイプ1: クリトリスの一部もしくは全体およびクリトリス包皮の切除、あるいはクリトリス包皮の切除(clitoridectomy:クリトリス除去術)。

タイプ2: クリトリスの一部もしくは全体および小陰唇の切除。大陰唇の切除を伴う場合もある(excision:切除術)。

タイプ3: 小陰唇および大陰唇、あるいは小陰唇か大陰唇のみを切除・接合することによって覆いが作られ膣口を狭める。クリトリスの切除を伴う場合もある(infibulation:性器縫合)。

タイプ4: その他、医学的治療以外の目的で女性性器を傷つける施術。たとえば、突き刺す、極小の穴を開ける、切り込む、削る、焼灼といった行為。

そのすさまじい後遺症、悪影響。上記団体は、こうまとめる。

「FGMの施術は、一般的に剃刀や鋭い石などを使い、麻酔も薬も用いず行なわれる。そのため、激しい痛みや出血によるショック、感染症で死に至ることもある。また、HIV/エイズ感染の危険もある。後遺症も深刻であり、尿道の損傷、慢性の感染症、貧血、腎障害、月経困難症、失禁、傷跡(ケロイド)による難産、腟狭さく及び陰唇裂傷、ろう孔(フィスチュラ:腟と膀胱、腟と直腸の間に穴が開いてつながってしまう疾病)、性交時の激痛、性行為への恐怖、うつ症状など女性の身体と人生に大きな影響を与える。」

世界の最貧国のひとつにマリという国がある。私は幼いころから関心をよせていた。自分と同じ名前だからというだけだが・・・。公的発表によると、マリも、女性の約9割が女性性器切除の被害にあってる。

しかし、この2000年以上も続いていると言われる抗いがたい慣習に、立ち向かっている女性たちがいる。

その闘女の1人は、マリのフェミニスト、ロキア・サノゴRokia Sanogo。薬学博士だ。NGO「伝統的医薬発展への支援」"Aid for the Development of Traditional Medicine" (Aidemet)を立ち上げ、そこを中心に、女性性器切除廃絶に向けて運動をしている。驚嘆せざるをえない。

Malian NGO launches book on dangers of female genital mutilation
Number of FGM victims found to be 70 million higher than thought 
International Day of Zero Tolerance for Female Genital Mutilation, 6 February
FGM廃絶を支援する女たちの会 
女性器切除FGMは子どもへの虐待
ウガンダ、女性器切除FGM違法へ
ソマリア女性にナンセン難民賞
ノルウェー、世界の女性の人権に6000万クローネ
スーダン、ソマリアの女性器切除

【写真:マリの女性を描いたマリの壁掛けBatik】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-02-05 12:34 | アジア・アフリカ