報道の自由度、日本は世界61位

「2015 世界報道の自由インデックス」によると、日本は世界180カ国のなかの61位だった。戦争もなく、殺害されたジャーナリストもいないものの、どんどんランクが下がっている。

過去、日本は、2012年53位、2013年53位、2014年59位だった。つまり、3年前と比べて8つランク落ち、昨年と比べても2つランクを下げた。

「国境なきジャーナリスト」によって調査されて発表された。基準は、報道における多様性、独立、ジャーナリストの生命と自由が尊重されているか、報道にあたっての法的、構造的、基礎的環境があるかなど。

トップ3は、フィンランド、ノルウェー、デンマークと北欧3カ国が占めた。それに対して報道の自由度の最も低い最下位クラスは、イラン、中国、 トルクメニスタン、 北朝鮮、エリトリアなどだ。

昨年末に発表されたニュースだが、重要だと思い遅ればせながらお知らせする。

c0166264_2051168.jpg
▲報道の自由で世界トップクラスのノルウェー。ノルウェー国営放送局NRKの会議風景。幹部は男女半々。

2015 World Press Freedom Index
[PR]
by bekokuma321 | 2016-01-23 20:54 | 北欧