サウジ女性参政権から考える日本の選挙

c0166264_9441666.jpgサウジアラビア史上初めて女性の参政権が行使された。

先日の地方選で、約1000人の女性が立候補し、20人近くが当選する見込みだという。

英ガーディアンなどの報道によると、選挙があることも知らない女性も多く、投票に行く女性が極端に少ないと予想されていた。しかも、宗教団体には、女性が政治に関与することは「悪魔に扉を開くことだ」と、強い反対を唱える人もいた。専門家は、「歴史的なこと。女性の当選者がたった1人でも、十分です」などと選挙前に語っていた。

こうしたことを考えると、大の大の大快挙だ。

さて、そのサウジアラビアだが、国会は5人に1人が女性議員であることは、余り知られていない。

衆議院にあたるサウジアラビア国会には、全議員150人のうち女性は30人、約19.87%にのぼる(上左の円グラフ)。IPUによる世界ランクで、100位以内にはいっている。

c0166264_9452499.jpg他方、日本の衆議院は、475人のうち女性議員はわずか45人、9.47%にすぎない。IPUの調査では、150位から160位の間だ。

右の円グラフは日本の衆議院の男女比である。左上のサウジアラビアの円グラフと比べると、日本は、サウジアラビアよりはるかに女性議員の割合が低い。これでは、日本は、サウジアラビアの女性の置かれている位置や後進性をストレートに批判などできない。

とはいえ、サウジアラビア国会の議員は、選挙ではなく任命制であることだ。とても民主主義とはいえない。

それに対して、女性が参政権を得て70年を経た日本。投票する権利も、立候補する権利も保障されている。しかし、この、女性議員のすさまじいまでの少なさ。日本だって、とても民主主義とはいえない。日本の選挙制度には重大な欠陥があると言える。サウジアラビアの女性参政権から考えるべきは、日本の選挙のありかただなぁ・・・。

Saudi Arabia elects up to 17 female councillors in historic election
Saudi Arabia elections: ‘It will be enough even if one woman wins’
Two disqualified as first Saudi women begin campaign for election
Lagarde calls King Abdullah ‘advocate of women’ - despite ban on driving
ipu
比例を切るな!
地方議会選挙を終えて思う「日本の選挙って変だ」
小選挙区制は女性の声を捨て去る
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
女性の衆議院議員は1割に満たず
政治は男のものではない
[PR]
by bekokuma321 | 2015-12-14 10:09 | 中東