チュニジアの抵抗の歌「My Word is Free」

c0166264_2234228.pngノーベル平和賞授賞式が終わった。

NRKのライブが流れてきたが、受賞者「国民対話カルテット」のスピーチは、チュニジアの言葉ーーアラビア語だろうか――だったため、残念ながらわからなかった。参列者は同時通訳機で聞いていたようだ。

4人のスピーチが終わった後、情感あふれる歌が流れてきた。歌い手は、チュニジアのシンガーソングライターのエメル・マテロウティ(Emel Mathlouthi)。漆黒の髪に黒い瞳、紺色と黒の模様のワンピース。悲しみと希望の入り混じった歌声に聴きほれた。

彼女は、チュニジア革命運動の中で、数々の抵抗の歌をつくった。そのなかで、Kelmti Horra (英語でMy Word is Free=私の言葉は自由)は、チュニジアの革命歌となったと言われている。

市民革命には演説家も必要だが、歌い手も必要なのだ。

c0166264_22541220.jpgFredsprisvinner: – Var like besværlig som en lang forløsning
Emel Mathlouthi 公式ホームページ
Emel Mathlouthi_youtube

【写真左はノーベル平和賞授賞式が行われるオスロ市庁舎ホール壁画。ナチスにおびえるノルウェー市民、圧政と闘うレジスタンス運動が壁いっぱいに描かれている】
[PR]
by bekokuma321 | 2015-12-10 22:40 | ノルウェー