教育への公共投資、日本OECDで最下位

経済協力開発機構(OECD)による教育に関する結果で、32 か国中、日本が最下位だった。

2012 年の国内総生産(GDP)に占める教育機関への公的支出の割合を調査したもの。日本は3.5%、平均4.7%。

最も高かったのはノルウェー(6.5%)だった。続いて、ベルギー、アイスランド(いずれも5.9%)、フィンランド(5.7%)。

朝日新聞によると、日本は、「大学など高等教育では34.3%でOECD平均(69.7%)を大きく下回り、加盟国で最低の韓国(29.3%)の次に低かった」。大学教育に公的予算が回っていないことを指摘している。

「日本では大学教育への家庭の負担が大きい。米、英などのように奨学金を活用するなど負担の軽減が課題だ」(OECDの教育・スキル局長のコメント)は、その通りと膝をたたいた。

私は、長く高校教員をしていた。大学に進学したくても、家庭環境によってあきらめる生徒が多かったことを思い出す。逆に、親の財力や見栄で大学に進学していった生徒もいた。子どもの能力や意志が、貧しさゆえに、溝に捨てられてしまいかねないことは、教員としてたまらなかった。

1位のノルウェーの報道はおもしろい。同じOECD調査についての記事だが、さすが男女平等先進国らしいので、要約する。

c0166264_14503342.jpg


ノルウェー国民の19%が大学の学士課程を修了しているものの、修士修了は10%にすぎず、他のスカンジナビア諸国に比較して低い。

ノルウェーでは、女性の46%、男性の38%が大学ならびに専門課程に進学し、学歴は女性のほうが高い。しかしながら、収入を見ると、男性のほうが女性より高く、女性は、同程度の学歴の男性の75%にとどまっている。原因は、他の北欧諸国と同様、女性は伝統的な女性向きの仕事についているのと、パートタイムを選んでいるからである。

職業教育を修了した人は、デンマークは男女同じ割合であるのに対して、ノルウェーには、男性42%、女性27%という性による格差が存在している。「これは、重要な警告である。職業教育の重要性が証明されている」と、教育大臣にコメントさせている。

Ny rapport avkrefter «mastersyke» i Norge

【写真:ノルウェーの高校生】
[PR]
by bekokuma321 | 2015-11-28 14:54 | ノルウェー