11月4日「変ね! 政党交付金」

11月4日、秋田市で、「変ね! 政党交付金」という報告集会が行われます。

このごろ話題の「政党交付金」。カレンダーやワインに使った政治家もいます。共産党を除く政党に、毎年、総額320億円が送金されています。世界最高額だそうです。全て私たち一人一人が納めた税金です。

「政党交付金訴訟」ともいえるのが、「三井候補秋田追放事件を究明する裁判」です。三井マリ子さんが、秋田地裁に政党交付金をめぐって松浦大悟参議院議員(当時)を提訴しました。

その三井マリ子原告、そして三井さんの代理人・近江直人弁護士、森田祐子弁護士が報告します。政党交付金と政党の関係、政党交付金と銀行口座、政党交付金と政党支部、政党交付金と選挙、政党交付金の余剰金・・・裁判で判明した事実から、手に取るようにわかりやすくお話しします。ぜひ、お出かけください。

と き:11月4日 午後1時
ところ:ルポールみずほ
主 催:さみどりの会

c0166264_1522982.jpg


チラシを印刷したいかたは、こちらをご覧ください。
11月4日のチラシ「変ね!政党交付金」オモテ


ふじみつこ
(アーティスト、さみどりの会*)


(*)2012年暮れ、2カ月にわたる立候補要請を受けて、三井マリ子さんは秋田移住して衆院選に出た。落選後、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。選挙・裁判をきっかけにできた、女性と選挙・政治を考えるサイトさみどりの会ホームページには裁判関係の情報が掲載されている。
c0166264_15134969.jpg


フランスの政党交付金は男女平等化資金に
[PR]
by bekokuma321 | 2015-10-23 11:04 | 秋田