赤松良子元文部相

c0166264_9442347.jpg赤松良子さんの「証言そのとき:男女平等を求めて」を楽しみに読んでいる。岡林佐和記者の手になる朝日の連載で、10月12日は4回目だった。

2012年暮れ、私は衆院選に立候補して落選した。突然の秋田移住、解散、衆院選だったためか、いまだに「なぜ出たの」と不思議がる人がいる。

最大の理由は、断っても断っても、「盤石の態勢でお支えします」と民主党秋田県から懇願されたからだ。でも、他にもいくつかわけがある。今、考えると赤松良子さんの本の影響もあった。

秋田で衆院選に出るということは、秋田へ移住することだった。秋田で新たな生活をすることを思い描くと、とても踏み切れなかった。生まれ故郷とはいえ、40年も離れていた土地に移り住んで政治活動をするなんて余りにも無謀ではないか。料理好きの連れ合いと離れて住むのも不便この上ない。「秋田でたくさんの人が待っています」と何度言われても、さまざまな理由をつけては断わった。

そのころ、私は、赤松良子著『均等法をつくる』(勁草書房)、『志は高く』(有斐閣)などを読んでいた。2012年7月、ノルウェーに滞在していた私に、国際女性の地位協会(会長山下泰子)から、「2012度の赤松良子賞に決まったので受けていただけるか」という知らせが、連れ合い経由で届いたからだった。(以下、敬称略)

赤松良子は、労働省婦人少年局長、文部大臣などを歴任した日本屈指の指導的女性の1人である。ノルウェーから帰国した私は、返事をする前に、もう少し赤松良子の考えを知りたいと思って、本棚から彼女の本を引っ張り出して読んだ。

『均等法をつくる』には、男女雇用機会均等法案の立法担当のトップ赤松良子しか書けない労働省内のやり取りが、ルポされていた。こんなくだりに苦笑した。

「もっと激しい立場をとる『国際婦人年をきっかけとして行動を起こす女たちの会』や『私たちの男女平等法をつくる会』などがあった。これらのグループには若い元気のよい論客が多く、会長や代表もおかず、自由に意見をいう新しいスタイルで運動していた」

激しい2つの団体こそ、私が活動していた団体だった。ともに、弁護士中島通子を先頭にした女性解放グループで、働く女性の声が反映していない法案には断固反対という立場だった。

当時、私は30歳そこそこ。しかもフルブライト奨学金を得てのアメリカ留学から帰国したばかりだった。ワシントンのEEOC(雇用機会均等委員会)委員長にインタビューして、その権限や機能を週刊誌『朝日ジャーナル』に発表したり、対案を書いた本を出版したり(亜紀書房『働く女が未来を拓く』)、先進国並みに罰則つきの法案にしなくてはと、さまざまな運動を続けた。ハンストこそしなかったが、職場から年休をとってはハンスト中の仲間を激励した。

批判の刃は、女性を男性と対等に扱おうとしない経営者側にだけでなく、法案を企業寄りにしようとしている労働省に向けられた。マスコミへの投書、集会の開催、抗議デモ、国会請願など・・・私は、毎日のように仲間たちと労働省への批判運動を続けた。

そのあたりを、赤松は「批判や糾弾に堪えて、火中の栗を拾うしかない」と書いていた。そして、雇用の男女平等をすすめる国内法なしには女性差別撤廃条約を批准できないから、妥協してでも成立させたかった、と。

女性差別撤廃条約の批准運動には、私も入れ込んだ。条約の中身を1人でも多くの人に知ってもらおうと、学習会を開き、ビラを作って配布したりした。同じころ、赤松も、女性差別撤廃条約批准が悲願だったのだ。

『均等法をつくる』には、私が候補だという赤松良子賞の誕生経緯も書かれていた。赤松良子賞は、国際女性の地位協会の活動で、その国際女性の地位協会は、国連の世界女性会議で開かれたケニアのナイロビにおけるワークショップから生まれたらしい。目的は、日本津々浦々に女子差別撤廃条約を広めるためだった。

女子差別撤廃条約こそ、日本を男女平等社会にするための最大の武器だ、と私は思っていた。スマホを使うようになるまで、私は条文をすぐ示せるように縮小版をつくって手帳にはさんで常に持ち歩いていたものだ。

女子差別撤廃条批准の陰に赤松良子の獅子奮迅の頑張があったことをあらためて知って、その赤松が創設した、女性差別撤廃条約の精神を体現する活動をしてきた人に授与する賞の候補に自分がなったことを誇らしく思えてきた。私は、「赤松良子賞をお受けします」と、返事をした。

同時に、こういう賞を受賞したからには、もっと女性差別撤廃にがんばらなくてはいけないという気持がわいてきた。

一方、民主党からの私への勧誘は、あれだけ明確に辞退しても、まだ続いていた。「別の方を探してほしい」とも言った。でも、当時の民主党には、気の毒なほど否定的ニュースばかりがつきまとっていて、民主党のレッテルをはって選挙に出ようなどという人は出てこないようだった。

ベッドに置いていた赤松良子の本を、まためくった。57歳でウルグァイ大使となって南米に単身赴任した時のエピソードに出会った。

赤松は、最初、「地球儀で探したら、なんと日本から対極の一番遠いところにある小さな国」ウルグァイに、「いつ退官してもおかしくない年齢になって、今さら、そんな遠い見知らぬ土地へ行かなくてもよいのではないか」と思ったと書いている。

赤松は最終的にウルグアイ行きを承諾する。当時、高橋展子大使がデンマークから帰って以来、日本には女性の大使がゼロだったからだと彼女は言う。

秋田に移住してやっていけるだろうかという私の悩みは、赤松良子のウルグァイ転任話を読んだら、小さすぎる悩みだと思えてきた。赤松は、地球の裏側への単身赴任。こちらは東京から新幹線3時間で行ける国内への単身赴任にすぎなかった。

しばらくして私は、東京都の倍以上もある選挙区で政治活動をする決意を固めて、秋田に向かった。

c0166264_19574221.jpg
▲1984年のハンスト写真が掲載された2014年12月付の新聞記事(友人が送ってくれた)。左端「なくせ性差別」というメスマークの背後に三井マリ子の横顔が小さく写っている。




■■■■ 2012年11月25日、東京で行われた赤松良子賞の受賞スピーチ草稿 ■■■■

栄えある赤松良子賞をいただき、うれしさでいっぱいです。赤松良子賞選考委員会の鳥居淳子委員長に、心から御礼申し上げます。

この1月の間、朝は6時に起きて、鳥海山のふもとを這いずりまわっております。私の選挙区は、東北一の激戦区だそうで、民主、自民、生活が第一、維新、共産、と全党が顔をそろえております。私自身、やることが多すぎて、本日の授賞式にも出られないのではないかと思っていたのですが、周りのメンバーが見るに見かねて、「息抜きのためにいってらっしゃい」と押し出してくれました。

さて、受賞理由のなかで最もうれしかったのは、「バックラッシュに抗して,男女共同参画を推し進めている人々に勇気や励ましを与えた」という点です。足かけ7年にわたる裁判でした。大阪に通った回数は100回をゆうに超えます。最高裁で勝つことができましたが、これは間違いなく、手弁当で支援してくださった弁護団支援団の皆さま、今日のパネリストのお一人、浅倉むつ子さんのおかげです。

しかし、裁判で勝っても、政治の世界はバックラッシュだらけです。そのバックラッシュの本家と思える自民党総裁が政権奪還をねらっています。「文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババアなんだそうだ」とおっしゃったお方も、第三極代表として出現しました。私たちアンチ・バックラッシュ派もぼやぼやしていられない……、と考えたのも、立候補した動機の一つです。でも、ここだけの話にお願いします。

私は、30代はじめ、男女雇用機会均等法運動にのめりこみました。

アメリカ留学から帰国した直後でしたので、怖いもの知らずでした。何のためらいもなく、労働省の婦人局のトップだったかたに面会を申し込みました。そのトップは面会して下さいました。そのかたこそ、こちらに座っておられる赤松良子さんです。

性差別には罰則をもりこむべきだと主張したわたしに、赤松さんは「罪刑法定主義の国ですから」と言われました。メモをとっていた私は、「罪刑法定主義」という漢字を書けなくて、抗議がトーンダウンしてしまったことを記憶しております。

罪刑法定主義というのは、その犯罪にどんな罰を加えるべきかをあらかじめ法律で決める主義のことですが、性差別にどんな罰則を用意するべきか、不覚にも、私はその時以降、考えるのを忘れてしまいました。思うに、この日本ではまだ、刑罰も追いつかないほどに性差別が蔓延しすぎているということだろうと思います。この調子では、女性差別との闘いを、お墓まで持ち込みそうです。

初めに選挙のことを申し上げましたが、私は、小選挙区制度は、男女平等の最大の敵だと思っております。この選挙制度は、女性の声を反映させる仕組みにはなっていません。私の理想は、政党による比例代表選挙です。だから、小選挙区制をつぶしたくて、仕方なく、小選挙区から出たのです。面白がって、見守ってください。ありがとうございました。

c0166264_20363348.jpg
       ▲2012年11月25日、赤松良子賞の授賞式にて赤松良子さん(右)と三井マリ子。


赤松良子賞と女性差別撤廃条約
小選挙区制は女性の声を捨て去る
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
安保法案の成立は小選挙区制のせいである
違憲判決から考える格差なき選挙
比例制選挙がいい
山谷えり子国家公安委員長と在特会幹部増木重夫の関係
安倍改造内閣の女性たち
よみがえる、怒涛の日々:『バックラッシュの生贄』を読んで
そうだ、私たちはファシズムと戦っている」--『バックラッシュの生贄』を読んで
男女平等を嫌う反動勢力の実像 ~日本にはびこるバックラッシュ現象~
[PR]
by bekokuma321 | 2015-10-15 21:05 | 秋田