強姦罪、厳罰化か

c0166264_15451150.jpg日本でも、強姦(ごうかん)罪が厳罰化されそうだ。

懲役3年以上から5年以上に、と重くなる。さらに強姦や強制わいせつは親告罪として被害者が告訴しなくてはならないが、窃盗や強盗の犯罪と同じく告訴が不要になる。近親姦などと呼ばれる、いわゆる親や兄などによる強姦も厳罰の対象になる。

2015年10月10月の朝日新聞によると、岩城光英法相が、法制審議会に諮問した。この改善内容を、今後、法制審の部会で議論する。結論が出されるのは来年以降になるという。

なんと遅いことよ!

今から20年前、国連は、女性への暴力を根絶するため、制裁の強化をせよ、と加盟各国政府に求めた。

第4回国連世界女性会議で採択された「北京行動綱領」にある。そのなかで、「女性に対する暴力」は、次のようにひろく定義されている。

「女性に対する暴力」という言葉は,起きる場所の公私を問わず,女性に肉体的,性的又は心理的な傷害若しくは苦しみをもたらす,若しくはもたらすおそれのある,ジェンダーに基づくいかなる暴力行為をも意味し,そのような行為をすると脅すこと,強制又は自由の恣意的な剥奪をも含む。したがって,女性に対する暴力は以下のものを包含するが,これらだけに限られるものではない。

(a)家庭内の女児に対する殴打や性的虐待,持参金に関した暴力,夫婦間のレイプ,女性器の切除やその他女性に有害な伝統的習慣,配偶者以外による暴力及び搾取絡みの暴力を含む,家庭内で起こる肉体的,性的及び心理的暴力。

(b)職場,教育機関その他の場所におけるレイプ,性的虐待,セクシュアル・ハラスメント及び威嚇,並びに女性の人身売買及び強制売春を含む,地域社会全般で起こる肉体的,性的及び心理的暴力。

(c)起きる場所の如何を問わず,国家が犯し又は許す肉体的,性的及び心理的暴力。


「北京行動綱領」は、さらに各国政府に次のような制度改善を求めている。

家庭,職場,地域,又は社会であれ,またその形態を問わず暴力を受けた女性及び少女に対する不正を処罰し是正するために,国内法における刑事,民事,労働及び行政上の制裁を制定及び/又は強化すること。

それにしても、「強姦」とは嫌な漢字だ。女性への究極の暴力であるレイプRapeが、なぜ強姦なのだろう。女3人だとかしましいというらしいが、それが由来だとは思えない。

昔、私は高校教員をしていた。教員同士の話しあいの席だった。男性教員から「なにを生意気な、強姦してやるぞ」と言われたことがあった。「そんなことしたら、警察に訴えます」と反論したら、彼は「警察に言ったって、和姦だと言う。ハンカチをしいたと言えば犯罪なんかにならない」と言ってきた。その場に何人か教員がいたが、誰も彼の言葉に異論を唱えなかった。和姦という言葉をよく知らなかった私は、後でそっと辞書で調べて、驚いた。

■青字の「北京行動綱領」和訳は内閣府サイトより
第4回世界女性会議 行動綱領(総理府仮訳)第Ⅳ章 戦略目標及び行動 D女性に対する暴力
■原文(英語)Beijing Platform for Action_violence against women

【写真:ノルウェーの小さな町の図書館に貼ってあった女性への暴力根絶ポスター。上の大きな字は「だけど、彼、子どもにはやさしいんです」。下には女性の駆け込みセンターと記されている】
[PR]
by bekokuma321 | 2015-10-14 16:21 | その他