ジェレミー・コ―ビンの演説

c0166264_231118.jpgイギリス労働党大会におけるジェレミー・コ―ビンの演説をネットで視聴した。党大会は、9月27日から30日まで、南部ブライトンで開催された。

彼の演説を聞きながら、すばらしいアジテーターだと思った。その言葉の力は、聴く人に伝播し、私の中からも力がわき出てくる感じがした。

初めのほうで、彼は、アメリカの人権運動家マヤ・アンジェロウの言葉を紹介した。昨年亡くなった黒人の作家で、私も大好きだ。

「自分に起こるできごとをすべて自分で支配することなどできません。でも、そうしたできごとに支配されないと決めることはできます」

終わりのほうで、ベン・オクリというナイジェリアの小説家の言葉を引用した。

「私たちが持つ真の力とは、創造する力、乗り越える力、耐える力、変える力、愛する力です」

最後に、ジェレミー・コ―ビンは、会場にあふれかえる参加者に向かって力いっぱいこう訴えた。

「不正を許すな
偏見に対して立ち上がれ
親切な政治をつくりあげよう
もっと人にやさしい社会をつくろう、いっしょに
私たちの価値を掲げよう
市民の価値を政治にとりもどそう!」

拍手喝さいがいつまでも続いた。

Jeremy Corbyn’s conference speech in full
イギリス影の内閣は女性過半数
ジェレミー・コービン労働党首はフェミニスト
イギリスでフェミニストブーム
Sisters Uncut: Feminist group taking direct action for domestic violence services
Focus E15
Corbyn and housing justice in Britain
[PR]
by bekokuma321 | 2015-10-07 00:16 | ヨーロッパ