ノルウェーの魔女裁判から思うこと

『月刊自治研』に書かれた「ルポ 世界でもっとも住みやすい町」を読む機会がありました。

三井マリ子さんが、北欧ノルウェーの地方都市を取材して書いたものです。そこは、ノルウェーの最北にあるフィンマルク県ヴァドソーという町で、ノルウェーの自治体のなかで、一番と言っていいほど男女平等が進んでいるところでした。

ところが、その昔、そのあたりは、魔女裁判がさかんに行われた土地だったというのです。魔女とされたのは、主に先住民のサーメ人、とくにサーメの女性たちでした。

ルポによると、そのあたりの生活の糧は漁。漁師にとって嵐が来ることは死を意味しました。「魔女が嵐をおこす」という迷信があったのは想像できます。恐ろしいのは、魔女だと噂をたてられた女たちがたくさんいて、噂をもとに逮捕され、監禁され、拷問され、自白を強要され、殺されたという事実です。

その昔、ノルウェーはデンマーク領でした。デンマークで教育を受けた役人は、最北端の土地に何日もかけてやってきました。そこで見たものは、言葉も宗教も文化も違うサーメの人たち。「異端者」でした。役人たちは、魔女たちを「異端裁判」にかけ、火あぶりにしたのです。

こうした異端者抹殺のあった土地が、現在、男女が住みやすい町へと変わったのです。なぜかは、マリ子さんのルポを読んでください。

さて魔女裁判ですが、これに似たようなことは、現代社会でも有るのではないかと、私は感じています。子どもたち同士のいじめ、会社でのいじめ、仲間からの無視、集団リンチなどーー「生意気だ」とか「言うことをきかない」とか、さもないことから始まり、最後にはその人を抹殺しようとするのです。

思えば、マリ子さんが衆院選の後、横手を追い出された時もそうだったように思います。大勢がマリ子さんの居宅にやってきて、「あんたの票は民主党と書いた票より少ない」「あんたがいると票が減る」「選挙事務所に来る人がいなくなったのはあんたのせいだ」「ここは12月いっぱいだ」「もう連絡はするな」と言い続けました。相手は5人、マリ子さんは1人でした。

ルポに書かれた北欧の政治を読んで、もうひとつ感じたのは、ものごとを決める場に女性がいない、わが秋田県の現状です。

身近な町内会の総会も、例外ではありません。出席するのはほとんど男性で、女は家で待っているだけ。「女は出るな」とは言わないまでも、各家庭から1名の参加となると代表は男性となり、女性は出ないのが当たり前になってしまっているのです。

そんな町に骨をうずめる覚悟で秋田移住までして、秋田の女性とともに活動しようと決意したマリ子さん。初めから落選とわかっていた選挙で頑張ったマリ子さん。そんな彼女は、衆院選終了とともに、集団で責め立てられて、秋田から追放されたのです。これこそまるで「魔女裁判」のようです。

しかしマリ子さんは、黙って排除されたままにはしませんでした。独自に調べ上げて、なぜこうなったかを知るためになんども質問状を出します。答えはありませんでした。そこでマリ子さんは、憲法32条で保障されている基本的権利、「裁判をする権利」を使ったのです。

9月30日(水)には、その裁判が、12回目を迎えます。

大倉 由紀子 (さみどりの会*)

c0166264_16472910.jpg

c0166264_16531863.jpg

c0166264_16515477.jpg

c0166264_1648246.jpg

【写真1:ノルウェー自治体男女平等調査で1位に輝くヴァドソー市役所の幹部たち、2:女性議員52%のスルヴァランゲル市議会(ヴァドソーから独立した自治体)、3:裁判で死刑となり焼き殺された"魔女たち"を記憶にとどめるモニュメント(ヴァドソー近くに2011年創設)、4:モニュメントの一角に置かれた魔女の火あぶりオブジェ。撮影三井@フィンマルク県】

(*)2012年暮れ、2カ月にわたる立候補要請を受けて、三井マリ子さんは秋田移住して衆院選に出た。落選後、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。選挙・裁判をきっかけにできた、女性と選挙・政治を考えるサイトさみどりの会ホームページには裁判関係の情報が掲載されている。
c0166264_15134969.jpg

魔女狩り撲滅に資金
ノルウェー地方選レポート4:北部ノルウェーを支えるサーメ女性たち
魔女モニュメント、オープン
サーメと魔女狩り
北極に最も近いバルドー市も女性議員は約4割
Witch monument
architecture norway:Witches' Memorial, Steilneset, Vardø. 2011
THE VARDØ WITCH TRIALS
[PR]
by bekokuma321 | 2015-08-26 17:23 | 秋田